【主婦のカードローン返済】家計の負担少なめで確実に返していく方法

無理なく返済するコツ
どうしても借りなければいけない事情があってカードローンで借りたとしても、借入は保証人なし・担保なしの借金です。

家計を任されている主婦は、旦那の給料から返済金額をねん出し、家族に内緒で借りている人も多くいます。

こちらのページでは、返済に困らないために主婦の健全なカードローン返済について『契約前』『契約後』それぞれについて詳しく解説します。

カードローンを借りる前にチェックすること

カードローンの毎月の返済額

カードローンは借入額に応じて、毎月の返済額が決まっています
これを約定返済金額(やくていへんさいきんがく)と言います。
「●万円借りていたら、毎月必ず●円を返済してください」という金額です。

約定返済金額は各ローン会社の公式ホームページや商品概要、問い合わせることで確認できます。

横浜銀行カードローンの公式ホームページにある、約定返済金額を紹介します。


引用:横浜銀行カードローン|横浜銀行

カードローンは多くが『残高スライド方式』という返済方法を採用しており、毎月の返済金額は借入残高が多くなれば毎月の返済金額は上がり、借入残高が少なくなれば、返済額(約定返済金額)も少なくなります。

約定返済金額はローン会社によって異なり、一般的には銀行カードローンは安く、消費者金融・クレジットカードは銀行カードローンより高めに設定されています。

10万円借りたときの、返済額をまとめました。

  • 横浜銀行カードローン:2,000円(初回のみ4,000円)
  • みずほ銀行カードローン:10,000円
  • アコム:5,000円
  • プロミス:4,000円
  • レイクALSA(アルサ):4,000円
  • SMBCモビット:4,000円
  • アイフル・アイフル SuLaLi(スラリ):4,000円(毎月払い)
  • ベルーナノーティス:4,000円
  • セディナカードJiyu!da!(ジユーダ):10,000円

横浜銀行カードローンとみずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行カードローンの方が最高金利が低いのにもかかわらず、毎月の返済金額は横浜銀行カードローンの2倍以上。

加えて、横浜銀行カードローンは借入残高と返済金額が『10万円超20万円以下の時は4,000円』『20万円超30万円以下の場合は6,000円』と比較的細かく設定されていますが、みずほ銀行カードローンは『1万円超100万円以下の時は1万円』と、1万円借りていても50万円借りていても毎月1万円の返済が必要です。

このように、同じ金額を借りても毎月の返済額はカードローンによって違うため、『いくら借りたらいくら返せばいいのか?』もしっかり確認しましょう。

カードローンの最高金利を比較する

最高金利を確認
カードローンの金利は、借りられる利用限度額によって変わります
金利は〇.〇%~●.●%と表記され、小さい数字が『最低金利(下限金利)』、大きい数字が『最高金利(上限金利)』です。

金利は仮審査で決定し、限度額が高い人ほど金利が低く、逆に限度額が低い人ほど金利が高くなります。

金利はいくら借りても変わることがないため、金利10.0%の人は1万円借りても10.0%、金利18.0%の人は50万円借りても18.0%になります。

返済能力が高い人ほど低金利で借りられるため、パート・アルバイトの主婦や専業主婦は最高金利となります。

金利が高いということは、それだけ利息を多く支払うことになります。

カードローンの利息は、【借入残高(利用残高) × 実質年率 ÷ 365 × 借入日数 = 利息 】で計算できます。
利息の違いを、10万円を30日間借りた場合で比較します。

  • 金利15.0%の場合
  • 10万円 × 15.0% ÷ 365 × 30日 = 約1,232円

  • 金利18.0%の場合
  • 10万円 × 18.0% ÷ 365 × 30日 = 約1,479円

1ヶ月の利息の差は247円、1年にすると2,964円の差になります。
同じ金額を借りても、18.0%で借りると1年で約3,000円も多く利息を支払わなければいけない結果に。

金利の数字の高い方をチェックし、できるだけ低金利(最高金利が低い)カードローンを選びましょう

無利息期間は完済までの期間と相談

大手消費者金融には、はじめての契約者特典として無利息サービスが利用できます。
30日間利息無料となるので、1ヶ月間金利ゼロで借りられます。

無利息期間が終わると、完済まで契約した金利がかかります

A:無利息期間30日あり、金利18.0%で消費者金融から借りる
B:無利息期間なし、金利14.0%で銀行カードローンから借りる

Aは最初の1ヶ月は金利が0%ですが、それ以降は完済まで金利18.0%かかってくるため、完済までの期間(借入期間)が長くなると、結果的に利息を多く支払うことになる場合もあります。

比較的短い期間で完済できるなら無利息期間はお得ですが、長期間借りることになりそうであれば、結果的に無利息なしの低金利の方がお得になることも

カードローン会社には返済シミュレーションがあるところもありますので、完済まで何年かかるのかもチェックしましょう。

カードローンの返済日

カードローンの返済日は、大きく分けると4つになります。

  1. ローン会社が返済日を指定する
  2. 返済日を契約者が自由に選べる
  3. カードローン会社が指定した複数の返済日から契約者が選ぶ
  4. 35日毎(一部の消費者金融のみ)

1は毎月7日など、最初から返済日が固定されており、変更はできません。
3は5日・15日・25日・月末と決められており、この中から好きな日を選べます。

仮に配偶者(旦那)の給料日が毎月10日、カードローンの返済日が毎月7日だった場合、給料日前の生活費が少ない時期に、返済用に残しておいたお金を使わざるを得なくなってしまうかもしれません。

生活費から返済をするなら、給料日のすぐ後の方が確実に返済できます。

35日毎は1ヶ月と5日と返済期間に少し余裕ができる半面、いつかは返済日が給料日前に来てしまう可能性もあります。

確実に返済できるよう、旦那の給料日と返済日も要チェックです。

カードローン契約後にできること

利用手数料がかかっている場合

振込手数料
借入・返済に手数料がかかっていませんか?
消費者金融に多いのがATM利用に手数料がかかること。

借入・返済にATMを利用すると、1万円以上で108円、1万円超で216円の手数料がかかることがあります。

カードローン会社と提携しているATMやローン会社の自社ATMでの取引や、口座振替での返済(自動引き落としで返済)なら手数料は無料。
もし手数料がかかっているのであれば、手数料がかからない利用方法に切り替えましょう

どうしたら手数料がかからないかは、カードローン会社の公式ホームページや問い合わせで確認してください。
手続き方法を教えてもらえます。

消費者金のサービスを利用する

プロミスには、会員サイトにログインする・お知らせメールを受け取るなどでポイントがもらえます。
ポイントはATM手数料が無料になるサービスや、無利息期間サービスに使えます


引用:プロミスポイントサービス|会員ページでできること|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

このサービスはプロミスのみ。
利用できるサービスは積極的に利用し、お得に借りられるようにしましょう。

フリマアプリやヤフオクを利用する

フリマアプリの活用
パート・アルバイトをしている主婦であれば、勤務日数や勤務時間を増やせますが、専業主婦はそうはいきません。
働きたくても小さな子供がいて働けない場合も。

そんな時はフリマアプリの『メルカリ』や『ヤフーオークション』などで不用品を売りましょう。
専業主婦にも利用者が増えており、毎月5,000円~1万円程度稼いでいる人も多いようです。

まだ初めて3週間くらいですが5万円くらい売れました。

子供服や自分が着なくなった服を売ってます(^-^)
最高で5万円位売った事もありますが、平均だと1万円位です。

いつもだいたい月5000円くらいです(^^;;

引用:主婦の方どのくらい稼いでますか? – メルカリボックス 疑問・質問みんなで解決!

儲けようとするのは難しいかもしれませんが、返済の足しにできる可能性はあります
生活費の節約はできるところはやっているはず。
節約(支出を抑える)から、稼ぐ(収入を増やす)に取り組んでみるのもありですよ。

返済金額を増やす

毎月の返済金額は、多めに返済することができます。

返済額は【元金 + 利息 = 返済額】
『毎月きちんと返済してるのに、借入残高が思った以上に減っていない』と感じる人もいますが、
それは5,000円返済しても、5,000円の中には利息も含まれているので5,000円返済したことにはならないのをきちんと理解できていないから。

10万円を30日間、金利18.0%で借りていてるときの利息は約1,479円。

毎月の返済額が5,000円の場合、
元金返済3,521円 + 利息1,479円 = 返済額5,000円

月々5,000円返済していても、実際には3,521円しか返済できていない計算になります。
しかし多めに返済した分はすべて元金返済に回されるため、1,000円多く返済すると、4,521円元金返済したことになります。

1,000円多く返済するだけでも、元金が早く減らせるので、結果的に返済回数も支払う利息も減らせます。

多めに返す分には、いくらでも構いません。
多ければそれだけ早く元金が減ります。

お財布に余裕がある月のみでOKなので、1,000円だけでも多めに返すように心がけましょう。

主婦のカードローン返済のまとめ

カードローンを利用する主婦の中には、とにかく急ぎで・今すぐにでも借りたい人も多く、返済まで気が回らないこともあります。

それでもカードローンで借りた後のゴールは完済。
毎月きちんと遅れることなく返済し続けなければいけません

主婦のカードローン借り入れで返済に悩まなくてもいいように、このページが役に立てたら幸いです。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ