スマホで借りれるカードローン※アプリで24時間借入OK!

カードローン スマホ
カードローンの申込や利用方法は1つではありません。
店頭や自動契約機・電話・ネットなど申込も契約も借入もいろいろな方法があります。
そのうち、スマートフォンでもいろいろなことができます。

スマホでカードローン、なにができる?

全部スマホも可能!web完結

申込や借入などのうち、1部分だけをスマホですることもできますが、申込みから、契約・借入まで、さらにその後の返済までもスマホで済ませることができます。
すべてをインターネットで済ませるweb完結(ネット完結)も可能。
インターネットに接続できるスマホがあればweb完結で借入することができます。

スマホでweb完結するメリット

  • 24時間365日いつでも申込可能
  • 店舗や自動契約機に行かなくても借入できる
  • 周囲の人にバレにくい
  • 即日融資にも対応しているカードローンもある

時間や場所に左右されずに申し込みができることは大きなメリットのひとつ。
それにより、外出する手間が省けたり、店舗への出入りを見られる心配がなくなります。

web完結でも即日融資に対応しているカードローンもあるので、申し込みをする時間に気をつければ、その日のうちにお金を借りることができます。

スマホでweb完結でする際の注意点

web完結で郵送物なしというのは、契約書類まで。
利用明細が含まれていないこともあります。

基本的には利用明細もネット上で確認することができ、自宅に送付されることはありません。
ただし、メールが届かないなどの場合は自宅へ郵送されることもあります。

他にも、年に2回など利用明細が送られてくる銀行カードローンがあります。
これらは、法律で交付義務がある書面があるためです。

ATMで借入・返済をした際にも、ゆうちょ銀行など一部の銀行のATMでは明細が郵送されます。
これは、利用時に発行される領収書・明細に必要事項が全部印字されないためです。

カードローン会社によりますが、振込融資の場合に利用明細が郵送されてくるところも。
これは、ATM利用時と違って明細や領収書の発行が即時にされないことや、明細を電磁交付にしていないことが考えられます。
事前にどのようなケースで郵送物が発生するか確認しておきましょう。

スマホアプリで便利に利用

カードローン各社でスマホアプリも出ています。
各会社によってできることは違いますが、残高管理や返済額の確認以外にも、借入・返済もできるアプリもあります。

スマホでのカードローン利用はこんな人におすすめ

スマホ借入れ おすすめの人
パソコンを持っていない人
パソコンを持っていなくても、web完結を利用したい場合や自宅で申込みなどを進めたい人はスマホ利用で問題はありません。

日中忙しくて時間が取れない人
スマホを使えば、時間も場所も関係なくできることが増えます。
申込みなら、24時間いつでも可能なので店頭や自動契約機の営業時間を気にする必要はありません。
借入も返済も、ATMで24時間いつでも可能です。

家族や周囲の人に知られたくない人
無人契約機の中に入る場合は、何をしているか予想できますが、スマホを操作している人が何をしているのかは、わざわざ覗かないとなかなかわかりづらいもの。
スマホを操作する時間も場所も選べば、一層周囲の人にバレにくくなります。

web完結だけじゃない!スマホの部分使いも可能

すべてスマホでやらずに、借入までの都合がいい部分だけスマホで済ますという手もあります。
申し込みはスマホで契約は自動契約機という方法や、借入はスマホだけど返済は自動引き落としという方法も。

店舗や契約機を持たない場合は店頭でカードローンの手続きをすることはできません。
それぞれのカードローンの手順ごとにスマホを使うメリットを紹介します。

スマホでカードローン申込

スマホで申し込む一番のメリットは場所と時間を選ばないこと。
24時間365日どこにいても、ネットが繋がっていればできます。
家族の目が気になる場合は夜、みんなが寝た後に自宅で申し込みが可能。
わざわざ契約機に行く必要はありません。

また、契約機を利用する場合でもあらかじめスマホで申し込みをしておいて、審査通過の連絡がきてから契約機を利用するほうが、時間がむだになりません。
契約機や店頭で申し込み手続きから始めると、審査の間中、待っている必要があります。

審査結果の連絡はスマホに

審査結果の受け取りもスマホなら安心です。
レイクALSAのように申し込み後の画面に表示されることもありますが、審査結果の連絡のほとんどは、電話かメールです。

電話でもメールでも、スマホで受け取れるようにしておけば、いつ連絡がきても自分で審査結果を受け取り・確認することができます。

スマホで本人確認書類提出・契約

スマートフォンで書類の提出もすることができます。
書類提出用のURLが送られてくるのでその画面で本人確認書類の画像をアップロードすることで書類提出は完了です。
他にも、店頭や自動契約機でも本人確認書類の提出は可能ですが、スマホであればどこにいても本人確認書類を提出することができます。

郵送で書類提出する場合は、時間がかかってしまうことと、コピーする手間がネックです。

スマホで借入

スマホで借入
スマートフォンを使って借入をするには2種類、インターネットバンキング(モバイルバンキング)または、スマホATM取引という方法があります。
ローンカードを使ってATMから引き出す借入方法ではスマホは必要ありません。

振込依頼

公式サイトで会員ページにログインし、振込依頼をすることで登録した自分の口座に振り込んでもらうことができます。

ほとんどのカードローンでは、借入時の振込手数料はかかりません。
スマホを使うのはネットで振込依頼。
ほかに、スマホでは振込依頼を電話ですることが可能です。

スマホ+ATM

スマホにアプリを入れておけば、スマホをカード代わりにセブン銀行のATMで借入をすることができます。
ただし、これはスマホATM取引に対応しているカードローンのみ。

スマホATM取引に対応している消費者金融は、プロミス・アイフル・モビット・レイクALSAの4つ。
このどのカードローンもスマホATM取引をするにはカードレス契約をする必要があります。
カードを発行して、スマホATM取引をすることはできません。

カードの代わりにスマホを利用します。
スマホでATMのQRコードを読み取り、スマホに表示された暗証番号などをATMに入力することでカードをATMに差し込んだことと同じ役割を果たします。

カードの代わりにスマホを認証させた以降の借入方法は、自分の口座からおろす時のような通常のATM取引と同じです。

スマホで返済

スマホで返済
借入と同様、スマホを使った返済には2種類、インターネットを使った返済とATMでの返済があります。
もちろん、スマホを使わずに返済するのであれば、自動振替などの方法もあります。

インターネット返済・インターネットバンキング

インターネットバンキングに対応している口座から、返済する方法です。
振込とペイジー対応があります。

振込の場合は自分の口座のお金をカードローン会社の返済用口座に入金返済することをいいます。
ペイジーに対応している場合は、まず会員ページから返済口座と返済金額を選択します。
その後、お金を払う金融機関のサイトでログインし、インターネットバンキングで手続きをします。

振込とペイジーは似ていますが、振込の場合手数料がかかります。
ペイジーでの返済は振込ではないため、振込手数料はかかりません。

スマホ + ATM

借入と同じように、対応しているアプリがある場合、セブン銀行のATMからカードレスで返済をすることができます。
カードの代わりにスマホを認証させる以外はカードを使ったATM返済と同じように進めることができます。

自社ATMでは手数料がかかりませんが、スマホを使ってカードレスで返済ができるのはセブン銀行だけです。
セブン銀行ATMで返済するには手数料がかかることがほとんど。
レイクALSAはセブン銀行に限らず、どこのATMでも手数料はかかりません。

カードローンのスマホアプリでできること

 申し込み書類提出スマホATM取引
(入出金)
増額申請
プロミス
アイフル
モビット×
レイクALSA
アコム××
オリックス銀行
カードローン
××
三井住友銀行
カードローン
××

アプリを利用することで、ATM取引ができる時間が長くなったり、書類提出や増額申請の手続きがより簡単になるなどのメリットがあります。

一方で、対応していないカードローンや、アプリに対応していない機種があることも。
また、アプリでできることはネットに接続していないと利用できません。

書類提出やスマホATM取引は便利ですが、アプリの機能にはネット上の会員ページで確認できることも多く、ネットで確認できることを必ずアプリでしなければならないというわけではありません。

アプリに使いたい機能がある場合はアプリをダウンロードし、スマホの紛失・盗難にはより注意が必要です。
スマホにアプリが入っていて周囲にバレてしまうことにも注意しましょう。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ