セディナカードJiyu!da!(ジユーダ)※専業主婦もキャッシングできるクレジットカード

セディナカードJiyu!da!
セディナカードJiyu!da!はクレジットカードの中でも数少ない『専業主婦もキャッシングできるクレジットカード』です。
専業主婦はキャッシングするために、追加の手続きが必要になります。
このページではセディナのクレカでキャッシングするための申し込み手順やメリット・デメリットを紹介します。

お申し込みはこちら

セディナカードJiyu!da!とは

クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金が借りられるのは、収入のある人のみ。
総量規制という融資に関する法律で、そう定められています。

しかしセディナカードは総量規制の中にある『配偶者貸付』という制度を使い、収入のない専業主婦でもキャッシング枠が利用可能。
セディナカードローン
収入のある主婦は特別な手続きなし、普通に申し込みをするだけでキャッシング枠を付けられます。
専業主婦の場合のみ、追加で配偶者貸付利用の手続きが必要です。

セディナカードは全5種類あり、全てでキャッシングが可能ですが、セディナカードJiyu!da!は、年会費完全無料・国内旅行保健付きと、1枚持っておいても損することのないカードです。

カードの種類申込資格年会費国内旅行傷害保険
セディナカード18歳以上無料なし
セディナカードJiyu!da!18歳以上無料あり
セディナカードファースト 18歳~25歳のみの限定1,000円(※)あり
セディナカードクラシック18歳以上1,000円あり
セディナカードゴールド18歳以上1,905円あり
※初年度のみ無料、次年度より年1回ショッピング利用で無料になる

※配偶者貸付についてコチラで詳しく紹介しています。
check_link配偶者貸付とは?- 総量規制の例外

セディナカードJiyu!da!の申し込み方法

申込みの流れ
まずはクレジットカードの審査に通り、カードを受け取ります。
専業主婦はカードを受け取ってから、『配偶者貸付用の手続き』になります。

  1. セディナカードJiyu!da!に申し込む
  2. 審査に通る
  3. 契約しカードを受け取る
  4. 返済用の口座振替依頼書を返送する(ネット銀行から返済する場合は不要)
  5. セディナのアンサーセンターに連絡する
  6. 『配偶者貸付契約キット』が届く、返送する
  7. 配偶者貸付の審査に通る
  8. 借入

1~4まではクレカの申し込みと同じです。
4でクレカが届けば、ショッピング利用可能、働いている主婦は、この時点でキャッシング枠も付いてきます。

クレカ到着後、5~8が専業主婦がキャッシングするための『配偶者貸付用の手続き』になります。

配偶者貸付契約キットとは

配偶者貸付契約キット
セディナでは、『配偶者貸付け申込書』など一式のセットを『配偶者貸付契約キット』と呼んでいます。
申込書や規約などが入っており、以下の3つを同封し返送します。

①配偶者貸付け申込書(配偶者の同意書も兼ねている)
書き方見本1通と返送用紙2通、要印鑑
旦那の同意のサインも記入

②収入証明書

収入証明書の種類書類をもらうには必要な期間その他
給与所得の源泉徴収票配偶者の勤務先1年以内のもの配偶者の氏名が記載のもの
給与明細書毎月もらうものでOK直近2ヵ月分(半年以内のもの)+賞与(ボーナス)があれば直近1年分配偶者の氏名が記載のもの
所得税の確定申告書税務署1年以内のもの税務署の受領印(電子申告の場合は受付日と受付番号があるもの)ありのもの
納税通知書地方自治体(市役所・区役所の納税課)1年以内のもの配偶者の氏名が記載のもの
年金証書日本年金機構・各共済組合受給資格の認定時のもの配偶者の氏名が記載のもの
年金通知書日本年金機構・各共済組合半年分(1年以内のもの)配偶者の氏名が記載のもの

参照:収入額を証明する書類について | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

旦那の給料明細など6種類の中から1つ選び、A4サイズにコピーしたものでOK。
旦那が会社員の場合は、給料明細を揃えるのが簡単です。

③婚姻関係証明書
旦那と入籍していることを証明できるものになります。
住民票の写しでOK、3ヶ月以内に発行したもので、夫婦の住所・氏名・生年月日・続柄の記載が必要です。

お申し込みはこちら

セディナカードJiyu!da!の審査

セディナカードは比較的審査に通りやすいクレジットカードと言われています。
支払いの滞納などがあれば審査通過は厳しくなりますが、何もなければ審査のハードルはそこまで高くないといえるでしょう。

在籍確認の連絡はあります。
主婦は職場に、専業主婦は自宅に電話がかかってきますので、対応が必要です。

セディナカードJiyu!da!の借入方法

  1. 返済用に登録している銀行口座に振り込んでもらう
  2. 銀行・コンビニ提携ATMで引き出す

上記の2パターンがあります。

1はネットバンキングまたは電話での申し込みとなります。
楽天銀行では申し込んでからすぐ、その他の銀行では平日14:59までなら当日、それ以降や土日祝は翌営業日の10時までに振り込まれます。

返済用に登録している口座以外に振り込んでもらうことはできません。
手数料は無料ですが、3万円以上からの利用に限ります。

2の場合は、1,000円借入可能ですが、手数料がかかってしまいます。
1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円必要です。

セディナカードJiyu!da!のキャッシング返済方法

返済金額

1.翌月1回払い:1月分の利用を、翌月の27日に支払う

2.リボルビング払い(月々支払う):利用金額(利用残高)によって、返済金額が違います。
・5万円までの借入:5,000円を返済
・5万円超~20万円までの借入:10,000円を返済
・20万円超~30万円までの借入:15,000円を返済

1・2好きな方を選べます。
返済方法の切り替えも可能、アンサーセンターへ連絡してください。

返済方法

基本的には、口座振替(銀行引き落とし)になります。
リボルビング払いを選んでいる場合、一括返済や多めに返済(増額返済)も可能です。

①銀行振込にて返済
②口座振替(銀行引き落とし)で返済額より多く引き落として返済
③ネットバンキング(インターネット(Pay-easy、ペイジー)で返済
④ATMで返済(三井住友銀行・セブン銀行・三菱UFJ銀行・東京スター銀行のATMで返済)

4つの方法が選べます。
①・②の場合は、事前にアンサーセンターへの連絡が必要です。

セディナカードJiyu!da!のメリット

メリット

  • 専業主婦でもキャッシング枠が付けられる
  • 年会費無料
  • 国内旅行傷害保険が付いている
  • QUICPay(クイックペイ、電子マネー機能)が付けられる
  • ポイントサービスがある(イトーヨーカドー、マルエツ、イオン、ダイエー、セブンイレブンなど)

一番のメリットはやはり専業主婦のキャッシング枠利用
お金の融資が専門の大手消費者金融でも、専業主婦の配偶者貸付を認めていません。

クレカの中で配偶者貸付を認めているという点は、大きなメリットですね。

セディナカードJiyu!da!のデメリット

デメリット

  • 配偶者貸付の手続きが面倒
  • 旦那に内緒では借りられない
  • 海外旅行傷害保険がない
  • イオン、ダイエー、セブンイレブン以外ではポイント還元率が少ない

配偶者貸付の手続きは面倒ですが、専業主婦が配偶者貸付でお金を借りるときには、どこのローン会社・クレジットカード会社でも同じものを求められるので、セディナカードJiyu!da!だけのデメリットではありません。
旦那の同意のサインも必要になるため、旦那には内緒にはできません。

セディナカードJiyu!da!のまとめ

多くの手続きがWEB上でできる時代、配偶者貸付のための書類のやり取りは大変ですが、一度手続きしてしまえばずっとキャッシング可能。
専業主婦が借りられる銀行カードローンの審査が厳しくなっているので、クレカで借りられるのは嬉しいですね。

ショッピングのポイント還元率も高いといえないところもあるので、メインカードというよりはキャッシング用としての利用がおすすめです。

お申し込みはこちら

このページの先頭へ