横浜銀行カードローン※少額返済と低金利で専業主婦も借りられる

横浜銀行
横浜銀行は地方銀行ながら持っている預金額や収益額など全国でトップクラスの銀行です。
返済のしやすさや金利の低さで主婦に評判の横浜銀行のカードローンを借りる目線で厳しくチェックしました。

お申し込みはこちら

横浜銀行カードローンとは

横浜銀行カードローンは人気の地方銀行カードローン
銀行ならではの低金利や定例返済額が少額など、使いやすさが抜群です。

地方銀行なので、申込の条件に地域の限定がありますが、利用できる地域に居住または勤務している場合は利用の候補にいれるべきカードローンです。

横浜銀行カードローンの貸付条件

金利(保証料を含む):1.9%~14.6%(実質年率)
借入限度額:10万~1000万円
定例返済日:毎月10日
担保・保証人:不要

アコムやプロミスなどの消費者金融に比べて、横浜銀行のカードローンは圧倒的な低金利

さらに借入限度額が多くなればなるほど、金利が低くなります。
横浜銀行の最高金利(上限金利)になる借入限度額100万円以下の場合の金利は年14.6%。
横浜銀行で初めての借入の場合や、専業主婦はほとんどが年14.6%での借入になります。

融資限度額は最高で1000万円。
これは消費者金融、銀行含めたすべてのカードローンの中でも大きい金額です。

横浜銀行のカードローンを利用できる人

  1. 20歳以上69歳以下
  2. 安定収入のある人(パート・アルバイト可、年金可。学生不可)
  3. 安定収入のある人の配偶者(専業主婦OK)
  4. 指定地域に居住または勤務先がある人
  5.  ・神奈川県内全地域
     ・東京都内全地域
     ・群馬県 前橋市・高崎市・桐生市

学生はアルバイトをしていても借りられませんが、専業主婦は配偶者に安定収入があれば借りられます

横浜銀行カードローンで借りるメリット

低金利

横浜銀行カードローンの上限金利14.6%は大手消費者金融の標準的な金利18.0%と比べると3.4%低くなっています。

例えば、30万円、10万円を借りたときの30日間の利息を比較してみます。

 30万円10万円
14.6%の場合 3,600円1,200円
18.0%の場合 4,438円1,479円
差額 838円279円

金利の3.4%の差はそれぞれ838円と279円です。
借りる金額が大きくなるほど、低金利で借りられたほうがお得ということになります。

専業主婦でも借りられる

横浜銀行カードローンは数少ない専業主婦でも借りられるカードローンです。

専業主婦は総量規制により消費者金融に申込むことすらできません。
銀行では、法律で制限されていないため専業主婦への融資をするかどうかを各銀行で決定しています。

毎月の返済が少なめ

返済額
できるだけ毎月の返済が少ないカードローンを探しているなら横浜銀行がおすすめです。
横浜銀行では、毎月の最低返済額のことを「定例返済額」といい、借入残高が10万円以下なら毎月の返済は2,000円なので、返済に負担がありません。

毎月の返済が少ないと完済までに時間はかかってしまうこともありますが、まずは確実に返済していくことが大事。
余裕のある月に多めに支払うということも可能。

随時返済はすべて元金とされるので、早く返済する上でとても重要です。
まとまったお金が必要な場合に利用して、生活に無理のない範囲で返済することができます。

横浜銀行カードローンのデメリット

即日融資ができない

2018年から銀行のカードローンは、どこの銀行でも即日融資ができなくなりました。
横浜銀行が特別遅いわけではありません。

銀行カードローンの審査で、信用情報だけでなく警察庁のデータベース照会をすることが必須になり、照会結果はどんなに早くても翌日になります。

信用情報機関で事故情報を確認するだけでなく、警察庁データベースで反社会勢力ではないかどうかを確認する必要があるためです。
そのため、審査自体が即日できないので即日融資は不可能になりました。
横浜銀行のカードローンは申込から最短翌日に借入することができます。

完済に時間がかかってしまうことも

横浜銀行のカードローンの返済額は少なめ。
返済しやすい金額ではありますが、なかなか減らないのも事実で返済期間は長くなってしまいがちです。

完済までに時間がかかってしまうと、その分多く利息を支払うことにもなります。

利用には横浜銀行の口座が必要

申込時に横浜銀行の口座がなくても申し込み自体は可能。
ただし、横浜銀行の口座を持っていない場合には審査後、契約までに口座開設をする必要があります。

横浜銀行の口座があれば、インターネットのつながるPCやスマホで契約まで可能なweb完結ができますが、口座がない場合はweb完結を利用することができません。

利用明細の郵送をさけるにはインターネットバンキングが必要

取引明細を電子交付に切り替えるには、横浜銀行の口座があるだけでなく、横浜銀行のインターネットバンキング「はまぎん マイダイレクト」に登録しておく必要があります。

契約時に返済用口座を登録しただけでは、利用明細が自宅に郵送されてしまうので注意が必要です。

無利息期間のサービスがない

消費者金融ではめずらしくない、無利息期間のサービスは横浜銀行にありません
短期間で全額返済できる場合、無利息期間のあるカードローンを利用することで、借りたお金だけを返済すればよいことになり利息を支払う必要がありません。

無利息期間のあるカードローンで期間内に借りたお金をすぐ返せる場合は、横浜銀行を選ぶメリットはありません。

横浜銀行カードローンがおすすめなのはこんな人

横浜銀行カードローンはいろいろな人にとって便利だと感じる商品ですが、消費者金融にはない長所があるので、特におすすめな人がいます。

  • 高額の利用限度額、または高額借入の予定がある人
  • 専業主婦
  • 毎月の支払を抑えたい人

自分自身の収入が多く高額の限度額が得られる可能性がある場合や、のちのち高額を借りる予定がある場合、金利がより低く抑えられる横浜銀行で借りることで大きなメリットがあります。

また、専業主婦で横浜銀行の営業管轄地域に住んでいる人にもおすすめです。

横浜銀行カードローンの申込の流れ

必要書類を準備

本人確認書類と、借入限度額50万円以上の場合は収入証明書が必要です。
本人確認書類は運転免許証や保険証、パスポートなどが使えます。

申し込みの流れ

申込みの流れ
①申し込み
申込時点で口座がなくてもOK。
申込時にすでに口座があれば契約までインターネットですませることができます。

②審査(SMS)
審査中、書類提出の連絡がSMS(ショートメッセージサービス)で送られてきます。
本人確認書類と、必要な場合は収入証明書をアップロードする必要があります。
(郵送やFAXでも可能)
在籍確認の電話はこの時点であります。
専業主婦の場合は、ご主人の会社(勤務先)ではなく専業主婦本人にかかってきます。

③審査結果の連絡(電話)
審査回答はメールではなく、直接電話で回答があります。
最短で申込の翌日に連絡がきます。
ただし、あくまでも最短の場合なので、それ以上時間がかかってしまうこともあります。

④契約手続き
審査に通った場合、審査結果の連絡と同時に契約手続きをするサイトが送られてきます。
契約書類を郵送やFAXで提出することもできますが、web完結ならサイト上で契約手続きを済ませることができます。

⑤カード発行・借入
自宅に簡易書留で郵送されます。
カードを使ってATMから借入ができます。

お申し込みはこちら

横浜銀行カードローンの借入方法

カードを使って借入

ATM 借入
契約後ローンカードが郵送され、それを使ってATM(提携ATMも含む)から借入ができるようになります。

セブン銀行やローソンATM、イオン銀行ATM、コンビニATMのe-netなどがATM手数料無料で借り入れできます。
ほとんどのATMで借り入れ・返済ができますが、イオン銀行ATMでは返済ができません。

インターネットバンキング

インターネットバンキング

<はまぎん>マイダイレクトというインターネットバンキングを利用していれば、そこから借入や返済ができます。

横浜銀行のインターネットバンキングに登録することで、利用明細が郵送されるのもさけることができます。

横浜銀行カードローンの返済方法

毎月10日(土日祝の場合は翌平日の営業日)に決まっています。
口座からの自動引き落としになります。
返済額は借入残高によって変動しますが、10万円以下の残高で2,000円ずつの返済です。

返済額や返済期間については、横浜銀行の公式ページに返済シミュレーションがあります。
借りた金額をいくらずつ返すといつ完済するのかなどを確認するのに便利です。

横浜銀行カードローンまとめ

横浜銀行のカードローンは申込める地域は限定されているものの、専業主婦が申し込め、
月々の返済額も少ないので毎月の返済が少し不安な人におすすめ。

はまぎんマイダイレクトというネットバンキングを利用することで、より使い勝手がよくなるので横浜銀行カードローンに申込む場合は合わせての利用がおすすめです。
お申し込みはこちら

このページの先頭へ