カードローン利用は住宅ローン審査に影響があるの?妻の利用は?

住宅ローンの審査で重視されるのが返済比率(返済負担率)です。
返済比率というのは、年間の返済金額が収入に対して占める割合を表した数字で、下記の計算式で算出します。

返済比率=(住宅ローンの年間返済額+住宅ローン以外の借入の年間返済額)÷年収×100

このように、返済比率はカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などの返済額も加算されます。
住宅ローン以外の借入金額が大きいと審査に響くことになります。

金融機関側では住宅ローンの審査の際に、おおよその目安となる返済比率のボーダーラインが決められており、融資の可否の判断材料や借入可能額の目安にしています。

金融機関により返済比率の基準は多少異なりますが、たとえば住宅金融支援機構のフラット35のホームページでは利用条件として下記のとおりに示されています。

すべての借入れ※に関して、年収に占める年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が次表の基準を満たす方
(収入を合算できる場合も有[収入の合算参照)

【フラット35】利用条件
※【フラット35】のほか、【フラット35】以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン
(クレジットカードによるキャッシング、商品の分割払いやリボ払いによる購入を含む)などをいいます(収入合算者の分を含む)。

引用:住宅金融支援機構【フラット35】利用条件

上記を例にとってみると、年収300万円の人なら他のローンも含めて年間の返済額が90万円までにおさまる金額が借入可能金額の目安となるわけです。
大体このくらいであれば無理なく返済が行えるであろう、というラインです。

この数字にあてはまるからといって必ずしも審査に通るわけではなく、他にもいろいろな審査基準を総合的に判断していますが、返済比率は審査通過の目安とされています。

住宅ローン審査対象は誰なのか?

住宅ローンの審査

配偶者に内緒で借りていたカードローンのせいで、住宅ローンが組めなかったら…と不安に思う主婦も少なくありません。

主婦のキャッシング利用が住宅ローンの審査に影響あるのかは、主婦本人が住宅ローンの審査対象になるかどうかによります。
状況別に紹介します。

夫のみが住宅ローンを借りる場合

住宅ローンを借りるのが夫のみ(夫名義の借り入れのみ)であれば審査の対象は夫のみとなり、妻は審査対象になりません。

専業主婦の場合は収入がないので、住宅ローンの申し込み者になること自体できません。
必然的に夫の名義だけで住宅ローンを組むことになり、審査対象となるのは夫だけ。

パート・アルバイトで毎月収入がある主婦であっても、正社員並みの収入がない場合は住宅ローンを負担する事が少ないので、100%夫名義で住宅ローンを組むことがほとんど。
妻が審査対象になることはありません。

妻も住宅ローンを借りる場合

夫が50%・妻が50%など、お互いローンを組んで住宅の名義も半分ずつという場合もあります。
これを『連帯債務』といいます。

その場合は妻も住宅ローンに申込むため、妻も連帯債務者となり当然妻も審査対象になります。

妻の個人信用情報も、個人信用情報機関に照会されて金融履歴(申込履歴、利用履歴、遅延履歴などの事故情報)を確認されますので、妻の借入れは審査に影響があります。
借入先が銀行カードローンであっても消費者金融、クレジットカード系であっても関係なく、指定信用情報機関を利用して銀行本体、または保証会社による照会が行われます。

あまりないことですが、妻のみが住宅ローンを借りる場合も同様です。

妻が連帯保証人の場合

住宅ローンは夫1人で申し込みの場合でも、妻が連帯保証人になるように求められるケースもあります。

以下のような場合、専業主婦であっても連帯保証人を求められることもあり、審査対象となります。

  • 相続などで妻に資産がある
  • 妻個人が所有する土地に家を建てる
  • 夫の返済能力や属性に不安がある(自営業・勤務年数が短いなど)

資産があれば別ですが、無収入の専業主婦が連帯保証人になっても返済能力がないため、夫に代わって借入返済できるとは思えません。
専業主婦を連帯保証人として認めない金融機関が多いです。

それでも、中には専業主婦でもOKというケースもあり、各金融機関の判断によります。
専業主婦・主婦、連帯保証人になったら審査対象となります。

主婦が住宅ローンの審査対象になる場合

専業主婦・主婦はカードローンの借金も少額であることが多いため、影響があったとしてもそれほどではないでしょう。
借入額が少額で毎月返済日にしっかり返済していれば問題ないですし、過去の借り入れで全く問題ない返済状況で完済していた場合は、むしろきちんと返済ができる人だということで信

用力が高まることもあります。

正社員の主婦で利用限度額や借入額が大きい場合、住宅ローンの審査に不利になる可能性があります。

妻がブラックの場合

本来、ローンの審査で審査対象となるのは、ローン申込者のみ。
たとえ夫婦であったとしも、妻が借りるなら審査対象は妻のみ、夫が借りるのであれば審査対象は夫のみとなります。

しかし実際には、同居して生計を同じにしている夫婦で片方に金融事故情報があれば、審査に通らなかったケースもあります。
カードローンの審査では『類似情報』という、同居人の個人情報も見えているといわれています。

カードローンの審査で類似情報が見えているのであれば、住宅ローンの審査でも見えると考えられ、妻が毎月返済に追われる多重債務者や債務整理経験者、破産歴のあるブラックであっ

たのを知り、銀行側が夫の住宅ローン審査通過を敬遠したとも考えられます。

審査内容は原則非公開のため、審査落ちの理由は教えてもらえません。
妻が知らないだけで、夫に問題があったという可能性もあります。

住宅ローン審査に影響しないようにするためには

現在、カードローン利用者である場合は、できる限り返済して借入額を少なくしておきましょう。

もう少しで完済できる場合は、完済できる方が望ましく、全額支払いできなくても融資額が少ない方が安心です。

完済していて現在は借りていないけれど、解約していないカードローンがある場合は解約がベスト。
今は借りていなくても、いつでもお金を借りられるだけの枠を持っている・借入枠も返済比率の計算に組み込まれてしまうため、住宅ローン審査に不利になることもあります。

まとめ

妻がカードローンを利用しているケースにおいては、以下の点を頭に入れておきましょう。

  • 審査対象は名義人のみ
  • 妻が連帯保証人または連帯債務者(共有名義)となる場合には注意が必要
  • カードローン残高が少額なら影響は少ない

カードローンの借入れは、場合によっては住宅ローン審査に不利になることもあります。
延滞歴を残してしまうなどの問題を起こさないためにも日頃から過剰な借入れは避け、現在の借入れについてはできるだけ早い完済を目指すことがポイントといえます。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ