カードローンの流れ→申込みからお金を借りるまで

カードローンは自分のスマートフォンなどから簡単に申し込めるので、急ぎでお金が必要になった時に役立ちます。

とは言え、初めてお金を借りる際に不安は付き物。
こちらではカードローンの申込の流れについて、詳しく説明します。

カードローン申込みから借りるまでの流れ

申し込み方法はいくつかありますが、基本的な流れはすべて同じです。

申し込み ⇒ 仮審査 ⇒ 本審査・契約 ⇒ カード発行 ⇒ 借入
カードローン申込の流れ

申し込み

申込方法と特徴

申込み方法特徴
PC・スマホでのWEB申込WEBサイトから簡単に申し込めて利用者が最も多い、即日融資対応可能
郵送での書類申込専用の申込書に記入後郵送で書類提出、やり取りに時間がかかる
電話での申込オペレーターに直接情報を伝えることができて安心
自動契約機(無人契約機・テレビ窓口)での申込:申込手続きから借入まですべてできる、数が少ない・設置がないローン会社もある
店頭での申込窓口の数が少ない、営業時間が短い、対面で申込めるので安心感はある

主に申込方法は5つ。
申込をする方法によってメリットやかかる時間に違いがあります。

カードローン会社別の申込方法

カードローン会社申込み方法
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
WEB申込・自動契約機(テレビ窓口)・電話
新生銀行カードローンレイクWEB申込・自動契約機・電話・郵送
東京スター銀行スターカードローンWEB申込・電話
みずほ銀行カードローン みずほMyWingWEB申込・店頭窓口
イオン銀行カードローンWEB申込
セブン銀行カードローンWEB申込
楽天銀行スーパーローンWEB申込
横浜銀行カードローンWEB申込・自動契約機・電話・郵送・FAX
三井住友銀行カードローンWEB申込・自動契約機・電話・郵送・店頭窓口
滋賀銀行カードローン
サットキャッシュ
WEB申込・電話・FAX
アコムWEB申込・自動契約機・電話・郵送・店頭窓口
レイクALSAWEB申込・自動契約機・電話
プロミス
WEB申込・自動契約機・電話・郵送・店頭窓口
アイフルWEB申込・自動契約機・電話・店頭窓口
アイフルSuLaLiWEB申込
j.ScoreWEB申込

住所・氏名・生年月日・電話番号(携帯でも可)・メールアドレス・他社借入・希望限度額など必要項目を入力します。

総量規制の対象外で専業主婦が申込めるカードローンの場合は、配偶者の情報(勤務先名・保険の種類・年収)の入力が必要です。

パート・アルバイトなどをしていて収入のある主婦の場合は、勤続年数を問わず、大手消費者金融への申込・審査手続きができます。

ここで入力する情報は、個人信用情報と照らし合わせ確認されます。
審査通過のために嘘の内容を伝えても必ずバレますので、審査申込には正直に答えることが大切です。

申込み手続きを終えると受付完了メールが届きます。

仮審査

仮審査は申込情報を元に、各金融機関に用意されている審査基準を満たしているかをコンピューターと目視でチェックします。

属性と呼ばれる申込者の年収や住居などの個人情報を確認し、「この基準を満たせる人なら利用限度額は●万円」という様な条件があらかじめ決められており、条件を満たせているかどうかをチェックします。

仮審査では、貸付ができるかどうかと共に、極度額(限度額)の審査もしているのです。

申込時に記載のメールや電話に「仮審査の結果、あなたの借入限度額は○万円、金利は○%になります。」との連絡が入ります。

この結果、申込の際に記入した借入希望額より少なく設定される場合もあれば、希望額を上回る限度額が設定される場合もあります。
提示の条件でOKならば本審査(正式審査)と契約手続きに進みます。

カードローンの仮審査

仮審査は審査条件を満たしているかどうかのみを確認していますので、概ね1時間以内に連絡があります。

お借入れ診断と仮審査は別物

自分が借りられるかどうかが数秒でわかる「お借入れ診断」の事前審査は、仮審査とは別ものです。

お借入れ診断は「借りられるか・借りられないか」のみを判断するもので、借入額や金利などは提示されません。
気軽のできるお試し借入審査のようなものです。

すでに他社からの借金があるなど「もしかしたら借りられないかも…」という人は1つの目安になります。

仮審査の連絡を断ったら?

信用情報機関が管理している信用情報に「カードローンに申込んだけれど、申し込んだだけで契約しなかった」という申し込み履歴の情報が記載されます。

これは銀行カードローンだけではなく、消費者金融でも同じです。

この記載が多くなると、審査担当者が信用情報を確認した際に「この人は申込みしたのに実際は借りていない。なぜだろう?」と不審に思い、マイナス評価につながる可能があります。

また、申込んだけど審査に通らなかった場合も、信用情報には申込の記録(正確には申込時の照会記録)だけが残り、契約の情報が記載されない状態になります。

そのため、申込後のキャンセルと審査否決の区別は信用情報だけではわからないことも。

申込みをしたからと言って必ず借りなければいけないという事はありません。
借入先に申請した借入希望限度額より実際の契約限度額が低かったなどの理由から、申込みをキャンセルすることもあります。

ただ残念ながらキャンセル理由は記載されないため、審査する側からはキャンセル理由はわかりません。
不要な申込みは避けましょう。

本審査・契約

カードローンの仮審査と契約

本審査では主に本人確認がメインとなります。

契約者本人確認のために必要書類(運転免許証や健康保険証などの身分証明書)の提出を求められます。

本人確認書類の提出は書類を携帯やスマホのカメラで撮影し、メールに添付またはアップロードできます。
(アップロードする場合は、専用のURLの連絡があります)

自宅や携帯電話に在籍確認の電話連絡があるのもこの時点です。
本人確認が取れると同時に契約完了のパターンと、後日郵送にて契約書が送られてくるパターンがあります。

自動契約機を利用する場合は、契約書類に必要事項を記入の上、読み取り機にて読み取らせます。

カード(ローンカード)発行

契約手続後にカードローン専用のローンカードが発行されます。
返済や追加の借り入れなどの際に使う、キャッシュカードのようなものです。

本人限定受取郵便で自宅に郵送される、または自動契約機で発行できます。
ローンカードの受け取り

web完結はカードレスが主流

店舗にも無人契約機にも行かずにインターネットだけで申込~契約まで済ますことのできるweb完結のネット契約では、カード発行のないタイプでカード受け取りの必要なく、融資を受けることができます。

カードレス契約では、振込みで融資を受けることになり、ATMは使用しません。

ローンカード発行なしの銀行もある

一般的にはどのカードローン会社でも、ローンカードが発行されます。
みずほ銀行カードローンのMywingは、契約後にすでに持っているキャッシュカードにローンカードの機能が追加されます。

新たにカードを発行する必要はありません。

借入

実際にお金を借りる方法は以下の2通りです。

カードローンでの借入方法

自分の口座に振り込んでもらう

銀行カードローンの場合、契約した金融機関の口座開設が必要になる場合と、どの銀行口座でもOKの場合があります。
イオン銀行では、契約者本人のイオン銀行口座にしか振り込んでもらえません。

東京スター銀行やレイク、消費者金融などはネット銀行も含めどの金融機関の普通預金口座でも振り込んでもらえます。
(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

消費者金融では、振込口座を限定しているカードローンはありません。
指定の口座ならば24時間振込融資が可能になるなどの優遇サービスのあるカードローンはあります。

どこの口座でも振込融資が受けられるが指定の口座なら振込対応可能な時間が長くなるのです。

ATMから引き出す

コンビニにある提携ATM、もしくは自動契約機の中に併設されたATMから引き出しも可能です。
ローンカードが必要になります。

各金融機関で違いもある

申込んでから借りるまでの流れは、各社大きな違いはありません。
しかし申込み情報として求められる項目や、契約方法に違いがあります。

この違いは審査などに大きく影響するものではなく、申込時の入力項目が少ないからと言って審査基準が甘くなったり厳しくなったりするものではありません。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ