ブラックの主婦・専業主婦でも借りられるカードローンはある?

カードローン利用だけでなくクレジットカードも含む利用中に返済が遅れた場合などを金融事故といい、個人信用情報に記載されます。
ブラック、もしくはブラックリストと言われていますが、金融機関がブラック情報をリスト化しているわけではありません。

『ブラック』と表現されるのは、個人情報機関に事故情報が記録されている人のことで、そこに載ることを『ブラックリストに載る』などと言われています。

具体的にブラックといわれるような信用情報に記載される内容を紹介します。

カードローンのブラック:事故情報

延滞

返済日から2ヶ月以上延滞、もしくは数日の延滞でも3ヶ月続くとブラック入りすると言われています。

支払に遅れると信用情報の入金状況の返済月に遅延のマークがつきます。

延滞が続くと「返済状況(異動発生日)」という欄に「異動」と記載されます。
この異動が記載されるとブラックになったということになります。

債務整理・自己破産

債務整理や自己破産も「返済状況(異動発生日)」の欄に「異動」が記載されます。
延滞などが発生していればあわせてその情報も載ります。

また、自己破産をすると官報情報にも載ります。

カードローンのブラック:申し込みブラック

短期間に複数社に申し込みをすると、申込ブラックと呼ばれる状態になります。
申込をすると信用情報を照会した履歴とどんな商品に申込をしたかという申し込み情報が信用情報に載ります。

銀行や消費者金融は、申込者に何件ものカードローンやクレジットカードの申込み履歴があった場合、「よほどお金に困っているのだろう」などと考え、返済能力を疑うこととなります。

何件ぐらい申込めば申込ブラックになるのかは、各金融機関の基準によります。
お試し審査や簡易診断を実施しても、正式な申込にはカウントされませんので心配無用です。

結婚前の事故歴にも注意

銀行のカードローン審査では、申込みの際に旧姓の入力を求められる場合もあります。
個人信用情報を照会するときに旧姓での情報も合わせて確認されるということです。

ブラックリストに旧姓での記録が残っていれば、当然審査通過は厳しくなります。

旧姓の入力がない場合でも、信用情報にある様々なデータから同一人物だと判明するケースもあります。

運転免許証の番号は結婚後も変わりません。
本人確認書類から、旧姓での事故歴が判明することも。

結婚後に姓が変わったからと言って別人扱いになることはありません。

カードローンとは無関係の意外なブラックにも注意

携帯電話の分割払いの滞納

携帯電話やスマホの端末を割賦で購入する人も多いのではないでしょうか。
端末本体を分割返済している場合には、滞納にくれぐれも注意が必要です。
滞納によって信用情報機関に事故情報が記録されることになり、その後5年間にわたり全ての金融機関において新たなローン契約やクレジット契約ができなくなる可能性があります。

auの公式HPにも個人信用情報への登録とそれに伴なう影響について記載があります。

割賦販売法の規定により、個別信用購入あっせん契約のお申し込み時および契約後に、ご契約者のお支払い状況等を含む個人信用情報を、経済産業省の指定する信用情報機関に照会・登録します。登録されたご契約者の情報は指定信用情報機関の他の会員により利用される場合がございます。また、支払延滞情報は完済後から5年間は指定信用情報機関に記録が残るため、他のクレジットやローン等のお申し込みが断られる場合がありますのでご注意ください。

 
(引用:契約 | サポート情報(重要事項説明) | au)

奨学金の滞納

独立法人「日本学生支援機構」が学生対象に学費を貸し出しているのがいわゆる奨学金ですが、平成20年からは個人信用情報機関に加盟しており、滞納は事故情報として扱われることになります。
以前までは信用情報機関に加盟していなかったため、奨学金の返済が遅延・滞納しても信用情報に記録されることはありませんでしたが、平成20年からは加盟したために返済状況が記録・保管されることになります。

個人信用情報機関に延滞者として登録されると、その情報を参照した金融機関等がその人を「経済的信用が低い」と判断することがあります。それによって、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められたりすることがあります。そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。
また、自動車ローン及び住宅ローン等の各種ローンが組めなくなる場合があります。
一度登録された情報は、延滞中はもちろんのこと、延滞を解消しても一般のクレジットカードと同様に約束どおり返済している人の情報として登録され続け、返還完了の5年後に削除されます。

 
(引用:個人信用情報機関への個人情報・個人信用情報の登録)

新規で返還を開始する人も含めて現状としては3ヶ月以上延滞が続いた場合の登録ということで、やや猶予が見られる条件になっていますが、状況はまたいつどのように変わるかわかりませんので注意が必要です。

携帯電話の延滞と同様に、一度ブラックに登録されてしまうと延滞分を支払い終わっても情報だけは5年間残り続けるため、他のローンやクレジットを利用することはできません。

事故情報が保管されている信用情報機関

信用情報機関はどういった情報を補完するかによって以下の3機関に分かれています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC):主に消費者金融の情報
  • 株式会社シー・アイ・アイー(CIC)主にクレジットカード・信販会社の情報
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC):主に銀行(信用金庫なども含む)の情報

この3社は、基本的にはそれぞれが独立している機関です。
ただし、3機関は『CRIN(Credit Information Network:クリン)』というシステムにより、情報共有をしています。

CRIN(Credit Information Network)とは、当社および全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構の三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。
それぞれの信用情報機関が保有する信用情報のうち、延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などを交流しています。
各信用情報機関の会員会社は、加盟する信用情報機関を通じて、この「CRIN」を利用することにより、消費者への過剰貸付の防止、多重債務者の発生防止に、より一層の効果をあげることができます。

CICがCRINで情報交流をする内容

1.本人を識別するための情報
氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号など

2.契約内容に関する情報
契約日・契約の種類・契約額など

3.支払状況に関する情報
異動発生日・情報の種類(異動)・終了状況(完了・貸倒など)など

4.申告した内容に関する情報
申告したコメントなど

(引用:CRIN|信用情報について|指定信用情報機関のCIC)

信用情報機関で事故情報を共有

交流している内容に「異動」とあるように、事故情報も共有されていることがわかります。

個人情報の登録機関

どの情報をどのくらい掲載しているかは、各機関により異なります。
審査に関わる情報の登録機関について紹介します。

株式会社日本信用情報機構株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
カードローンやクレジットカードの申込み最長6か月
最長6か月
最長6か月
契約内容と契約商品、金額・契約継続中
・完済日から最長5年
超えない期間
・契約期間中
・取引終了後5年間
・契約期間中
・契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年
返済状況、残高、完済日・契約継続中
・完済日から最長5年
超えない期間
・契約期間中
・取引終了後5年間
・契約期間中
・契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年
延滞状況、延滞の解消、強制解約・契約継続中
・完済日から最長5年
超えない期間
※延滞については最長1年
・契約期間中
・取引終了後5年間
・契約期間中
・契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年
債務整理や自己破産
・契約継続中
・完済日から最長5年
超えない期間
・契約期間中
・取引終了後5年間
決定日最長10年

自分の信用情報は確認できる

信用情報は自分の物のみ確認可能。
開示することにより、自分の信用情報をチェックすることができます。
(委任状があれば本人以外(任意代理人)でも開示可能です)

例え夫婦であっても、夫が妻の信用情報を勝手に見る(開示する)ことはできません。
本人が本人の情報のみです。

開示方法と手続きなどについてまとめました。

各信用情報機関の情報開示方法と必要書類

株式会社日本信用情報機構(JICC)の情報開示方法

申込方法・パソコン、スマホ
・郵送
・窓口
開示方法・インターネット開示
・郵送開示
・窓口開示
手数料1,000円(税込)クレジットカードまたは定額小為替証書
JICC指定の本人確認書類

書類名区分パソコン・
スマホ請求
郵送請求窓口請求
クレジットカード払い定額小為替証書払い
運転免許証または運転経歴証明書コピー
写真付住民基本台帳カードコピー
マイナンバーカード
(個人番号カード)
※表面のみ
コピー
旅券
(パスポート)
コピー
身体障害者手帳コピー
在留カードまたは特別永住者証明書
コピー
各種保険証コピー
各種年金手帳コピー
印鑑登録証明書原本 
戸籍謄本
(または抄本)
原本 
住民票
※個人番号記載のないもの
原本 

●:●の中から2点必要

株式会社シー・アイ・アイー(CIC)の情報開示方法

申込方法・パソコン、スマホ
・郵送
・窓口
開示方法・インターネット開示
・郵送開示
・窓口開示
手数料・インターネット開示:クレジットカード:1,000円(一括)
・郵送開示:1,000円(定額小為替証書)
・窓口開示:500円
CIC指定の本人確認書類

書類名区分インターネット開示郵送開示窓口開示
クレジットカード契約時の電話番号
運転免許証または運転経歴証明書コピー
写真付住民基本台帳カードコピー
マイナンバーカード
(個人番号カード)
※表面のみ
コピー
旅券
(パスポート)
コピー
身体障害者手帳コピー
在留カードまたは特別永住者証明書コピー
各種保険証コピー
各種年金手帳コピー
印鑑登録証明書原本 
戸籍謄本
(または抄本)
原本 
住民票
※個人番号記載のないもの
原本 

●:●の中から2点必要

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報開示方法

申込方法
郵送のみ
開示方法郵送のみ
手数料1,000円(定額小為替証書)
KSC指定の本人確認書類

書類名区分
運転免許証または運転経歴証明書コピー
写真付住民基本台帳カードコピー
マイナンバーカード
(個人番号カード)
※表面のみ
コピー
旅券
(パスポート)
コピー
身体障害者手帳コピー
在留カードまたは特別永住者証明書コピー
各種保険証コピー
各種年金手帳コピー
印鑑登録証明書原本 
戸籍謄本
(または抄本)
原本 
住民票
※個人番号記載のないもの
原本 

※上記の中から2種類必要です

ブラックでも借りられるカードローンはあるの?

ブラックでカードローンは借りられない
新たにカードローンの申し込みをしても、ブラックである事がわかれば審査には通りません。

審査基準はローンによって若干違いはありますが、大きく違う事はありません。
異動情報(事故情報)が残っている間は、新たなカードローンは申し込めなくなります。

登録期間を過ぎれば、異動情報は信用情報で確認することはできません。
信用情報を取り寄せて、異動情報が消えているかどうか確かめましょう。

金融事故の情報が削除されたとしても、事故を起こした貸金業者では借りられないと思っておいたほうがよいでしょう。

社内の情報による「ブラック」

仕事をして自身に収入がある主婦は消費者金融でも銀行カードローンでも申し込み可能ですが、社内ブラックにも要注意です。
消費者金融のレイクALSA(旧新生銀行カードローンレイク)への申し込みを例に挙げてみましょう。

新生銀行カードローンレイクは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となり、現在は「新生フィナンシャル株式会社」によって消費者金融「レイクALSA」として再始動しています。
新生フィナンシャル株式会社は新生銀行カードローンレイクの保証会社だったこともあり、新生レイク時代の事故情報も自社情報として保存されています。

もし過去に新生銀行カードローンレイクで事故を起こした経験があったものの、時間の経過とともに信用情報からは消えていたとします。
それでも保証会社や新生銀行内には社内情報として過去の事故履歴が残っている場合があるということです。

(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

一回事故を起こしている人に、再度の融資をする可能性は低いと考えられます。
別の金融機関を検討してください。

借りれる可能性のあるカードローンを探す

中小消費者金融なら大手消費者金融より審査に通りやすいという意見もありますが、消費者金融に申込み資格があるのが収入のある人のみ利用可。

安定収入なしの専業主婦に申し込み資格はありません。

ただし、総量規制のなかの『配偶者貸付』という制度を利用すれば、収入のない専業主婦でも中小消費者金融に申し込みが可能になります。
配偶者貸付では、旦那(配偶者)の年収を夫婦2人の年収とするため、無職で無収入の主婦であっても審査にとおる可能性があるのです。
(大手消費者金融は配偶者貸付の利用を受け付けていません)

しかし申込めるかと審査で通るかは別の話。
申込めても事故情報(異動情報)に載っているようなブラックでは審査には通りません。

女性専用カードローンのレディースローンの審査は甘い?

大手の消費者金融では女性専用のカードローンを提供しているところも多く見られますが、女性専用ローンは審査が甘いということは一切ありません。
審査は一般と変わりませんが、女性の目線に立った使い勝手の良さが自慢で、消費者金融が初めてという女性も利用しやすい点から高い人気を呼んでいます。

たとえばアコムのレディースローンは、正社員でもパートでも雇用形態と問わず、安定収入がある女性は申込むことができます。
アコムのレディースローンのメリットは審査が甘いことではなく、女性スタッフが問い合わせや質問の相談にのってくれる女性専用ダイヤルなど女性の気持ちを考えた安心さです。

条件などは女性専用ではない、一般向けカードローンと同じで、スマホやパソコンから年中無休でキャッシングの申し込みが可能です。
審査は最短30分でうまくいけば即日融資もOKで、さらに初回利用者は最大30日間金利が0円になる無利息サービスも付いています。
条件が同じなようにもちろん審査基準も同じ。
対応などで女性が借りやすいように配慮されています。

大手で借りられない人でも借りられる闇金に注意

銀行カードローンや消費者金融だけではなく、クレジットカードの申込であっても、必ず審査があります。

『ブラックOK!』『必ず融資します!』『審査なしでキャッシングできます』などの謳い文句は闇金(ヤミ金融)の可能性があります。

借りたとしても法外な金利で計算された利息を請求されるなど、借りた以上のデメリットで結果さらに追い込まれてしまうことも。

良い条件を提示されても、絶対に手を出してはいけません!
借りられないのには、金融会社側の貸せない理由があるという事を理解しましょう。

ブラックの専業主婦がどうしてもお金が必要になったら

過去にブラックとなっていて信用情報に異動情報があるなどの理由から、カードローン会社利用が難しかったとしても、どうしてもお金が必要だというケースもあります。
そんな場合の対処法もいくつかあります。

配偶者に相談する

配偶者に相談して協力してもらうことも考えましょう。
給与所得者である配偶者であれば、銀行カードローンでも消費者金融でも申し込み可能です。
ただし配偶者自身のブラック情報があると審査通過できません。

配偶者に借入してもらう場合は、配偶者の意思で借りてもらうこと。
名義貸しでのカードローン利用は禁止されています。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

手持ちのクレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用してお金を借りるという手もあります。
ただしクレジットのキャッシング枠は金利も高めで限度額も小さく設定されています。

生命保険の契約者貸付で借入する
掛け捨てではない保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用して低金利で借り入れできる場合があります。
ただし契約者貸付はきちんと返済しないと保険金が満額受け取れないなどリスクもあるので、注意が必要です。

質屋やリサイクルショップを利用する

質屋やリサイクルショップ、フリーマーケットやフリマアプリを利用して、手持ちの不用品を売って現金に換える方法もあります。
質屋には持ち込んだ商品を即金で買い取ってもらえる(売る)「買取」と、商品価値分のお金を借り商品を預ける「質預り」が利用者で選べます。

「質預り」は3ヶ月間の猶予があり、融資+金利+保管手数料を支払えば商品が取り戻せます。
利息のみだけ支払えば期間は延長可能、返済できない場合は預けている商品は質屋のもの(質流れ)となります。

リサイクルショップやフリーマーケット、スマホのアプリなどで不用品を売るという手もあります。

アルバイトする

いちばん確実にお金を手に入れる方法は自分で働くことです。
キャッシングすると一見手元にお金ができて安心しますが、しょせん借金ですから返済しなければなりません。
働いて得たお金は返済の必要はありませんから、より有意義に使うことができます。
ただ様々な事情で働きに出られない主婦も多いのが実情ですから、短時間でもできるパートや単発のバイトを探してみてはいかがでしょうか。

銀行ローンは無理な場合でも、いくつか方法もあります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ