【カードローンの返済遅れ】事前の対処法と延滞のリスクを知ろう

返済が遅れたら

電話連絡・督促状がとどく

返済が1日遅れただけでも、滞納となります。
まず、遅延が確認できた時点で申し込み時に情報登録した電話番号(固定電話もしくは携帯電話)宛に業者から連絡があります。

カードローンの返済日を過ぎた翌日か、遅くても数日以内に、督促の電話があり、返済日が過ぎていることのお知らせと返済の予定を聞かれます。
督促の連絡に出なかった場合、留守番電話にメッセージを残したり、1日に数回連絡が入ることも。

それでも連絡がつかないときは、自宅に督促状のハガキが届いたり、勤務先に連絡することもあります。

返済が1回遅れただけであれば、『うっかりしていたのかな?』という感じで、カードローン会社の対応も『きちんと返済してくださいね』という対応で済みますが、何回も繰り返すと信用がなくなってしまうことになります。

利用停止・一括返済・ブラックリスト入り

3ヶ月以上返済が遅れると、利用ができなくなります。
利用限度額に空きがあっても追加の借金はできなくなり、返済のみとなります。

さらに毎月返済ではなく、借入残高をまとめて一括での返済を求められ、強制的に解約を要求されます。
カードローンの契約者は返済日が来るまでは返済しなくてもいい・督促もしないという『期限の利益』という決まりがあり、返済遅延や滞納などでその決まりを取り消された(期限の利益の喪失)状態になるということ。

アコムでは規約の中に、期限の利益の喪失について書いてある項目があります。

2. 会員は、次のいずれかの事由に該当したときは、当社の請求により本規約に基づく債務について期限の利益を失い、残債務全額をただちに支払うものとします。
(1)商品の購入が会員にとって商行為となる場合で、会員が弁済金の支払を1回でも遅滞したとき。

(2)購入商品の質入、譲渡、賃貸その他当社の所有権を侵害する行為をしたとき。

(3)本規約等の義務に違反し、その違反が本規約等の重大な違反となるとき。

(4)その他会員の信用状態が著しく悪化したとき。

引用:AC会員規約【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

ここまでくると、個人信用情報機関の異動情報に掲載されます。
一般的に『信用情報に傷がついた』『ブラック』『ブラックリスト入り』とはこのことです。

一括返済とは

銀行カードローンの場合、契約者が支払い不能になると保証会社が契約者の代わりとなって銀行に借入残高を支払います。
その後、ローンの支払い先(債権)が保証会社に移行します。

『代位弁済通知書』が届いたら、一括返済しなければいけないことになります。
一括返済には、遅延損害金額も含まれます。

この段階になると信用もなくなっているため、分割での支払いは難しくなります。

ブラックリストとは

実際にリストがあるわけではなく、信用情報に『異動情報』が掲載される状態を指します。
金融事故情報とも呼ばれています。
具体的な登録情報とは、長期に渡る延滞情報などの利用履歴をはじめ、強制解約、自己破産や債務整理歴などのお金に関するネガティブな『ブラック情報』のことです。

差し押さえ

契約者に連絡がつかない場合など、最終の手段として、カードローン会社が返済を求めて裁判所に申し立てをすることも。
給与の差し押さえが可能なのは手取り額の1/4までと決まっています。

しかし裁判の申し立てにも費用が掛かるため、貸金業者側もできたらしたくない・会社に差し押さえがバレてしまうので、契約者も回避したいという思いから、実際に差し押さえまで進めケースは多くないようです。

いきなり差し押さえになることはなく、延滞者宛に必ず通知がくるので放置せず早めに対応してください。

返済が遅れた場合の信用情報への影響

信用情報には、契約情報だけでなく返済状況も記載されています。

返済履歴(支払遅延)

電話連絡・督促状の時点では、まず返済履歴に支払い状況が記載されます。
返済日に返済されなかった(入金されなかった)場合、金融会社からの連絡により信用情報に記載されます。

毎月の返済履歴は最大で2年さかのぼって記録されています。
ただし、JICCには月々の返済状況の記録はありません。

異動情報(長期延滞の情報)

長期にわたって延滞が解消されない場合、返済履歴のほかに事故情報として記載されることになります。
一般的にブラックリストに載るといわれている状態です。

取引情報についての返済区分、事故区分、注意事項に異動情報として延滞などの信用状況が載ります。
延滞が解消された場合でも、事故情報になった支払遅延情報の抹消がすぐにされるわけではありません。
延滞の解消日が記載されるのみです。

この支払遅延の情報は、主に銀行が加盟している全銀協(KSC)・クレジット会社や信販会社が加盟するCICでは5年以内に、消費者金融や信販会社が加盟しているJICCでは、延滞解消から1年以内に削除されるとあります。
全国銀行個人信用情報
参照:全国銀行個人信用情報センターのご案内

CICが保有する信用情報
参照:CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

日本信用情報機構(JICC)
参照:登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

掲載された・削除されたというお知らせはなく、全銀協やCICでは5年以内に削除となっていますが、実際はもっと短い期間で削除されていることもあると言われています。

取引事実の情報・終了状況

延滞が解消されず強制解約や、支払がないために法的手続き(給与の差し押さえ)がされる債権回収、代位弁済や破産などの状況まで至ってしまった場合も信用情報に記載されます。
この情報はJICC・CIC・KSCでは5年を超えない期間記載されるとありますが、KSCではさらに自己破産、債務整理などの官報に載る情報も10年記載されます。

返済日を過ぎるときの対処法

ローン会社へ相談

返済日を1日でも過ぎてしまいそうな場合は、わかった時点でカードローン会社に連絡が必要です。

カードローン会社へ連絡のポイント

カードローン会社へ返済について連絡・相談することはとても重要です。
事前に次の支払日には返済ができないと伝えることで、支払日翌日からの電話連絡や督促をされることがなくなるからです。

ただしそれも、状況とこれからの予定を事前に相談ができてから。
まずは自分自身の状況を伝えることが大切です。

  • 返済するお金が全くない
  • 返済するお金が少しある(遅延はするが、返済できる可能性はある)

返済するお金が全くないという人はいつならお金が入るのか(返済が可能な期日)を明確にしてください。

たとえば、返済日が23日でお給料日が25日なら、「25日には返済できる」というように、具体的な返済の方法について担当者へ伝えましょう。

後者のお金が少しあるという場合は、カードローン会社と延滞期間や返済の対応について相談となります。

手元にあるお金が、定められた支払額よりも少ない場合でもその金額で返済OKとしてくれるケースもあるのです。
ホームページや明細書に表示されている返済額は、その日までにかかった利息+元金の一部が組み込まれています。

しかし、カードローン会社としては利息分さえ払ってくれれば元金は払わなくても問題ないという立場なので、手元にあるお金が利息分に足りていればそれ以上の催促はせずに対応しましょうと言ってくれる場合もあるのです。

今回は苦しいから利息分だけ、次回は前回の元金を上乗せして支払うというようにすれば元金も確実に減っていきます。
とにかく、督促状が届いても返済日に支払えないという状態になったら、まずはカードローン会社に電話をして相談してください。

一日返済が遅れただけで利用者側の個人信用情報が、即ブラックリストへと言う事はないでしょう。
しかし返済は毎月の事ですから、忘れる心配がある方はメールなどでお知らせしてくれるサービスがあるので設定したり、口座振替からの自動引き落としサービスなどを利用したりすることをおすすめします。

延滞した場合の返済方法

ATM利用・指定口座入金

提携ATMでローンカードを使用して返済する方法や、指定口座に入金する方法です。
どちらも、毎月の返済額と延滞損害金の合計を入金しなければならないので、合計いくら返済すべきかを問い合わせなければいけません。

口座振替

口座自動引き落としでの返済を選択している場合に、遅延してしまった時は再度引き落としをしてくれる銀行と口座振替は1度しかしない銀行があります。

みずほ銀行カードローンは契約にはみずほ銀行口座とその口座からの自動引き落とし返済が条件になっています。
約定日に引き落としできなかった場合は口座に返済金額の入金があった当日夜間に引き落としされます。

新生銀行レイクなど、約定日に口座自動引き落としはあっても、その日に間に合わなかった場合は提携ATM返済か指定口座へ入金する必要がある銀行もあります。
(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ