主婦・専業主婦のカードローン複数利用は何社まで?同時申し込みは可能?

主婦のカードローンの複数利用は可能

主婦・専業主婦が現在1社から借りていて、もう1社別のカードローン会社から借りられる可能性は融資審査次第。
貸付限度額も1社目より少額になってしまうかもしれませんが、絶対に借りられないということはありません。

ただし、カードローンの審査では借入件数も重視されることもあり、2社目の方が審査に通りにくいのは間違いありません。

現在の借入額が10万円なのか、30万円なのか、借入額によっても変わってきます。

審査は非公開のため、明確に『3社までならOK』などは誰にもわかりません。
こちらでは、これまでのカードローン体験談やローン会社の関係者などから推測される、主婦・専業主婦の複数社借入について解説します。

カードローン 複数利用

主婦の場合

正社員・アルバイト・パート関わらず本人に安定収入があることが強み、専業主婦よりは有利です。
3社程度なら借りられる可能性があります。

年収が高い方が返済能力も高いとみなされるため、収入が多い方が有利になりますが、審査は収入以外の面も考慮した総合判断となるため、絶対に3社・4社借りられるとは言い切れません。

それでも専業主婦よりはもう1社・2社から借りられる可能性は高いといえます。

専業主婦の場合

2社目は借りられても、3社目は難しいかも。
世帯収入が旦那の給与しかないため、カードローン会社も融資に躊躇しがちです。

1社目の借入が少額であれば2社目の審査が通る可能性はありますが、30万円・50万円など専業主婦の借入限度額の制限いっぱいまで借りている場合は、厳しくなるかもしれません。

申込み前にお借入れ診断を利用する

銀行カードローン・消費者金融ともに、借りられるかどうかを判断する『お借入れ診断』があります。
(診断がないローン会社もあります)

氏名やメールアドレスなどの個人情報の入力は不要、下記の情報を入力するだけです。

  • 年齢
  • 年収
  • 現在の借入件数(他社借入件数)
  • 現在の借入金額(他社借入金額)

お借入れ診断で借りられない・借りられるかどうか微妙な場合は、『判断できませんでした』と表示され、申し込んで正式な審査を受けるように即されることもあります。

『借りられません』とは表示されません。

アコムの場合
アコム 借入の審査
横浜銀行カードローンの場合
横浜銀行 借入の審査
お借入れ診断は最低限の項目で借りられるかどうかをPCが判断するもの。
実際の審査は個人情報などもっと多くの項目から判断するため、お試し診断の結果は絶対ではありません。

それでも何社から借りているかの入力項目があるということは、借入件数を重視していることがわかります。

本当に借りられないのかを判断するために、申し込んでもみるのも1つの手ですが、審査落ちの可能性もあると思えておきましょう。

審査落ちした情報は信用情報に残る

審査落ちの情報は、信用情報機関に審査に落ちたら履歴が6ヶ月間残ります。

金融機関は申し込みがあったら必ず個人信用情報を確認するため、審査落ちの履歴がある間に別のカードローンに申し込むと審査に落ちたことがバレてしまいます。

審査落ちの履歴には、なぜ審査に落ちたのかの理由までは記載されないため、『この人は何らかの理由でA社の審査に通らなかった』ことしかわかりません。

そのため新たに申し込まれたカードローン会社側も警戒し、審査に通さないと判断する可能性が高まることも。

複数社の同時申し込みしたら?

短期間に複数社に申し込むことは可能ですが、カードローンの申し込み履歴も信用情報に残ります。
何社も申し込んでいると申し込み履歴がたくさん残ることに。

この状態を『申込みブラック』と言います。

複数社に同時に申し込むと、『この人はA社にもB社にも借り入れの申し込みをしている』とわかってしまうため、よほどお金に困っている状況にあるという印象を与えてしまう可能性があるため、審査に通りにくくなります。

申し込み履歴は6か月間残るため、1社に申し込んで審査落ちした場合、次の申込みに半年ほど期間をあける方がいいでしょう。

複数社から借りるために

審査に通りやすくするためにできる事

少しでも審査に通りやすいように、下記を検討してください。

・借入希望金額を少なく申請する
借入希望金額は少額であるほど貸す側にとってもリスクが減るため、審査に通りやすくなります。

・少しでも現在の借入金額を減らす(返済する)
借入金額を減らすことは難しいかもしれませんが、借りている金額が少ない方が審査に有利となることは間違いありません。

他社借り入れ件数が減らせればベストです。
もしあと少しで完済できるのであれば、もし完済することができれば、別のキャッシング会社から借りられる可能性が高まります。

・中小消費者金融に申し込む
アコム・プロミス・アイフルなど大手消費者金融より、規模の小さい中小消費者金融に申し込んでみる手も。

中小消費者金融は大手より審査通過のハードルが若干下がるので、審査にも通りやすくなる可能性があります。
主婦の2社目の申込みにもおすすめです。

専業主婦は総量規制により大手消費者金融からは借りられませんが、中小消費者金融なら『配偶者貸付制度』を利用しての借入れが可能!

夫・妻合算で年収の1/3までという貸付制限や、収入証明書・住民票などの戸籍を示すもの・旦那の同意書は必要になるため内緒での借入ができないのがネックですが、クリアできるのであれば銀行カードローンだけでなく借入先の選択肢を増やすことができます。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ