【カードローンの選び方】自分にあったカードローンを知る方法

お金を借りたいからと言って、目についた金融会社のキャッシングサービスを利用するというのはなんとももったいない選択です。
ひと言でカードローンといっても、それぞれの金融業者によってサービス内容はさまざま。

  • 銀行または消費者金融会社のカードローンなのか
  • 大手消費者金融の商品にするのか中小消費者金融の商品にするのか

選択肢は多数あり、それぞれの申込手続きの方法はもちろん、金利や最低返済額まで異なるのが当たり前です。

その優先順位を念頭に置いてまず考えなければならないのはカードローンの申し込み条件です。
カードローンには大きく分けると銀行と消費者金融のカードローンがあります。

二つのカードローンの大きな違いは総量規制対象外かどうかという点です。

銀行カードローンと消費者金融

総量規制とは貸金業法で定められた法律であり、借入金の合計が、年収の合計の三分の一を超えないように規制するものです。
この総量規制は消費者金融業者のみが対象とされており、銀行カードローンは対象外です。

銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用となるため、総量規制に関係なく借入ができます。

総量規制の対象外の場合、収入に対する制限がないため、消費者金融のカードローンで総量規制のために借入不可と言われる専業主婦でも配偶者に知られることなく借入ができます。

ただし、専業主婦への貸付は銀行がそれぞれ決めており、また審査基準にもよります。
銀行か消費者金融かを考える時には、貸付条件を確認して借りられるところを候補とする必要があります。

自分が申込めるカードローンがどれなのかをまず確かめ、申込めるカードローンの中から選ぶようにしましょう。

借りられるカードローンが複数ある場合、条件や利便性、借入希望額を踏まえて自分にあったものを選べるかを考える必要があります。

申し込みから契約完了までスムーズに進み、実際に借入をスタートさせるために、ぜひ以下のポイントを押さえておきましょう。

希望の条件を考える

自分に合ったカードローンを選ぶにあたり、まず最初に考えるべきなのは、カードローンを利用するにあたりどんな条件を挙げるかということ。

例えば、とにかく早く借り入れをしたいから即日融資が可能なところがいいとか、毎月の返済額がなるべく小さく収まるようにしたい、という希望です。

こまめに使う目的があるから利用限度額は少なくていい人もいれば、逆にまとまった金額が必要だからということで、融資可能額が多いことが条件になる人もいると思います。

自分にあったカードローンを選ぶ=希望の条件を満たすかどうかです。

カードローン選びで挙げられる条件

金利 融資スピード

1.金利

利息額がいくらかかるかは金利によって決まります。
金利が低いほど借りた金額にかかる利息は減りますが、金利が低くなるのは、融資限度額が大きい場合。

初回の借入限度額が少額の場合、ほとんどが最高金利で借りることになります。
金利を比較する場合は最高金利を比べることをおすすめします。

金融機関のカードローンを利用してお金を借りた場合、借入額に定められた利息をプラスした額が返済金額となります。
カードローンの金利には、貸金業法により定められた上限金利というものがあります。

高額な借入になるほど金利は安くなるので、借入限度額いっぱいまでのキャッシングをしない限り、適用されるのは上限金利となります。
上限金利は利用者の借入金額に対し15%~20%と決まっています。

この上限金利を超える金利で貸付をしている貸金業者は闇金融などの悪徳業者である可能性が非常に高くなるので要注意です。

2.融資スピード・融資可能な時間帯

大手消費者金融業者では審査スピードが最短30分、申込んだその日に借入をすることができます。
銀行カードローンでは、審査や融資の早さに期待できません。

即日融資を条件に挙げる場合は消費者金融で申込む必要があります。

また、昼間に申込みから契約まで済ませられれば条件としてあげる必要はありませんが、申込みできる時間帯が限られている場合などは審査や融資の対応可能時間も確認する必要があります。

無人(自動)契約機があるカードローンでは、WEB申込だけのカードローンよりも審査やカード発行に対応できる時間が長くなっていることがほとんどです。

対応可能な時間帯の確認と共に契約機があるかどうかを確認してみましょう。

限度額 返済額

3.限度額

初回の限度額は多くもらえることはあまりありません。

初めての契約時の限度額は銀行カードローンも消費者金融も大きく変わりませんが、のちのち融資額を増やしたい(増額)と思っているケースでは、限度額を増やせるカードローンを選ぶ必要があります。

また、消費者金融ではどんなに多くても年収の1/3を超えて借入することができません。

初めの利用限度額よりも利用希望金額が高く、これから限度額を大きくしたい場合、銀行カードローンなら年収の1/3を超えて限度額を設定されることもあるかもしれません。

その理由から銀行カードローンを選ぶのもあり。
ただし、限度額を増額するには時間をかけて信頼を得ることが必要です。

4.返済額

カードローンの返済額のほとんどが、残高スライドリボルビング方式。
借入残高に応じて毎月の最低返済金額(約定返済額)や返済回数が決まります。

借入残高によっていくら返す必要があるかは、各金融機関にもよります。
残高10万円に対して毎月1万円の返済が必要な銀行もあれば、返済が2,000円と少額な消費者金融もあります。

毎月の返済額が少ないと、返済はしやすいですが長期化しやすいデメリットも。

逆に毎月の返済額が多いと、返済期間は少ない時よりも短めですが毎月の返済がつらくなることも考えられます。
毎月無理なく返せる金額かどうか、自分が借りる金額で毎月の返済額がいくらになるのかを意識して返済計画を立てましょう。

郵送物 web完結 無利息サービス

5.郵送物

申込みの必要書類やカードの受け取りで郵送物があるカードローンも。

一方で、カード受け取りなどが自動契約機でできる会社やカード発行自体なくローンを利用できる会社もあります。
郵送物があってもいいか、または郵送物なく利用できるかどうかでカードローンを比べることも重要です。

6.web完結

郵送物とも関連しますが、申込みから契約まで公式WEBサイトからのネット手続きだけで完了でき、振込で融資を受けられるカードローンもあります。

自動契約機の利用や店舗へ出向く時間が持てる場合と、その時間がとれない場合や来店するデメリットを考えて、WEB完結を条件にするかどうか考えましょう。

7.無利息サービス

カードローン会社によっては、初めての申込み時に無利息(借りているお金に利息が掛からない)期間を設定しています。

早く全額返せる予定がある場合は、この無利息期間の設定があるカードローンを選ぶと借りたお金以外を支払うことなく返済できます。

カードローンの条件の優先順位を考える

すべての条件を満たすカードローンがあれば、もちろんそれに申込めばOK。
ただし、すべて希望に適うカードローンがあるかどうかはわかりません。

限度額はこの会社がいいけど、金利はこの会社の方が得だなあ…、と比較するのはよくあることです。

希望の条件には優先順位をつける必要があります。
絶対にはずせない条件は優先順位1位。

その次に希望する条件…というように順番を決めます。
上位にあがる条件は自分にとって必要なもの。

逆に、下位になったものはあれば便利だなと思う希望です。

希望の条件を満たすカードローンを選ぶ

優先順位を付けたうえで、まず一番の希望を満たすカードローンをピックアップしましょう。

その中から自分の第二、第三の希望条件に合ったものをさらに抽出していくことで、自分にぴったりのカードローンを絞り出すことができるはずです。

複数のカードローンが条件を満たす場合

数あるカードローンを比較していくと、自分の出した条件を同じ数だけ満たすものが複数残った!なんていうことも。
その場合は、どうやって比較すればよいでしょう?

実はこれも答えは簡単で、「どれが一番自分にとってメリットが多いか」を比べればOK。

元々自分が希望条件として挙げていなかったモノであっても、自分にとって得なサービスが商品内容に含まれていたなら、それをもとに絞り込めばよいのです。

例)希望の条件

  1. 利用限度額が高い
  2. 即日融資が可能
  3. 月額最低返済額が安い

この3つの条件で絞り込んで2つのカードローンが条件を満たした場合、片方に「無利息期間がある」「振込融資が早い」など、自分にとって有利な条件があるのであれば、そちらを選ぶことができます。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ