主婦でも安心して借りられる大手カードローンだけを紹介します

記事の更新日:2018年5月24日

スマホでカードローンに申し込む主婦

チェックマーク24時間来店不要でPC・スマホから申し込める

チェックマーク手続きかんたん

チェックマーク審査・融資が早く申し込んだその日に借りられる

チェックマーク家計にやさしい低金利で返済の負担なし

主婦のカードローン利用は安心して借りれることが一番

カードローン会社はたくさんありますが、どのカードローンでもいい訳ではありません。

初めてお金を借りるときは誰だって不安になるもの。
しっかりした大手のカードローン会社で、なおかつ希望の条件にあう1社に申し込む必要があります

当サイトでは主婦も申し込めるカードローンの中から、さらに『低金利で借りたい』『無利息があればいいな』など専業主婦・主婦のニーズにあったカードローンだけを紹介しています。

パート・アルバイトさんにおすすめのカードローン
消費者金融のアコムには働く女性を応援する女性向けカードローン、アコムレディースがあります。250万人の利用実績もあり、信頼感もバツグンです。来店不要で当日の借入も可能。30日間金利0円サービスや、最短30分のスピーディ審査などのサービスに加え、問い合わせ窓口では女性対応で安心感◎のカードローンです。

 

レイクALSA(アルサ)は2018年4月からスタートしたカードローンです。新生銀行カードローンの流れを受け継いだ2種類の無利息期間あり・最短即日融資が魅力的です!

 

専業主婦におすすめのイチ押し銀行カードローン

 

関東にお住まいの方におすすめ

横浜銀行カードローン

 

関東にお住まいの方なら横浜銀行もおすすめです。
専業主婦でも申込め、都市銀行に負けない低金利が魅力!
10万円までなら毎月の返済額も2,000円と返済の負担もなし。
都内・神奈川県・群馬県の前橋市・高崎市・桐生市にお住まいの方限定で申込める低金利な銀行カードローンです。
ATMの数も多く、使い勝手もいいと主婦にも評判です。

▼1,000円から借入OK!ATMも多く便利です▼

お申し込みはこちら

実質年率 限度額 申込み
年1.9%~14.6% 10万円~1,000万円 口座不要

関西にお住まいの方におすすめ

滋賀銀行カードローン サットキャッシュ

大阪・京都・滋賀にお住まいの収入がある主婦が申込める滋賀銀行のカードローンです。
低金利で、来店不要・利用明細郵送なしも可能です!
返済は口座引落しのため、口座がない場合は先に口座の開設が必要、店舗が近くになくても開設は郵送手続きOK。
急ぎではないけど借りたいなという方におすすめです。

▼利用明細郵送なしにもできます!▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 申込み
年4.8%~14.9% 500万円まで 口座不要
(申込時に開設でOK)

パート・アルバイトで収入のある主婦が借りれる消費者金融


安心感重視なら
実績・知名度ありの大手ローン会社がおすすめ!

アコムレディース
アコムレディース

日本で利用者が最も多い大手消費者金融のアコムの女性専用カードローン。
最大手の会社で借りるという安心感が高く、女性専用窓口からの申込みでは女性スタッフが対応してくれるので主婦の利用者も多いです。
35日毎の返済も設定できるので返済にも余裕があり、5万円を1ヶ月借りても利息は約740円、契約の翌日30日間の無利息期間も利用できるので最初の1ヶ月は金利実質無料で借りられます。
土日祝でも22時まで借りられるので急な出費にも間に合います。
収入がある主婦なら申込み可能です。

▼国内最大手のレディースローンです!▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 融資スピード
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短即日

プロミス

三井住友銀行グループのプロミスも借入翌日から30日間無利息ありの消費者金融です。
郵便物なし・ローンカード発行なしで借りられるWEB完結が利用できるので内緒の借入に最適です。
三井住友銀行のテレビ窓口での契約も可能!
ATM利用なら手数料も無料で利用でき、消費者金融の中でも金利が安いので、利用しやすく主婦にも人気があります。

▼郵送物一切なしで即日融資可能です!▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 融資スピード
4.5%〜17.8% 1万円~500万円 最短即日


低金利で借りたいなら
消費者金融の中で最も低金利!利息の負担も抑えられます

J.Score(ジェイスコア) AIスコア・レンディング

J.Scoreは新しい個人向け融資サービス。
自分の情報がAIスコアになり、AIスコアに応じた貸し付け条件で借りられ、AIスコアを算定するための基本項目は18問、入力わずか数分で無料。
申込前にAIスコアを出し、金利や借入限度額を確認してから申し込むことができます
貸付利率(年率)は0.9%~12.0%と業界イチの低金利!主婦も安心して借りられる低金利が設定されています。

▼消費者金融で業界一の低金利!▼

お申し込みはこちら
>>J.Score(ジェイスコア) AIスコア・レンディングを詳しく解説!詳細はコチラ

実質年率 融資額 融資スピード
年0.9%~12.0% 10万円~1000万円 最短即日


無利息期間ありで借りたいなら
無利息プランが2つから選べるのはレイクALSAだけ!

レイクALSA(アルサ)

レイクALSA(アルサ)は新生銀行カードローンレイクの後継として新しく誕生したカードローンです。
初回申込み特典の2種類から選べる無利息はそのままに、最短即日融資※が可能になりました!
申し込み後の審査結果がスマホで分かるので、自分のタイミングで確認できます。
WEB契約で郵送物なしも可能。
お仕事をしている主婦が申し込める使いやすいカードローンです。

▼5万円まで180日間の無利息が魅力的!▼

お申し込みはこちら

>>レイクALSA(アルサ)を詳しく解説!詳細はコチラ

実質年率 融資額 融資スピード
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短即日(※)

※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了の必要があります


借りすぎてしまうのが不安なら
限度額が10万円までに設定!借りすぎを防げます

アイフル

借り過ぎが心配な方・他社借入なしの方用のアイフル『SuLaLi(スラリ)』
アイフルの女性専用のローンです。
限度額が最初から最高でも10万円までに設定してあるので、借りすぎることもないので主婦にもピッタリ。
本人確認書類として免許証・パスポート、顔写真の提出で、在席確認なしで借りられます!

▼使いすぎが防げます!『SuLaLi(スラリ)』▼

お申し込みはこちら

10万円以上借りたい主婦には『キャッシングローン』
最初から限度額の設定などはなく、限度額は審査で決定されるので、最初から10万円以上借りたい・ゆくゆく10万円以上借りるかも?という方にはコチラ。
ローンカードは時間指定の郵送で届くサービスがあるので、郵便物から家族にバレる心配もありません!

▼30日間無利息あり!『キャッシングローン』▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 融資スピード
SuLaLi:18.0%
キャッシングローン:3.0%~18.0%
SuLaLi:10万円まで
キャッシングローン:800万円まで
最短1時間


カードローンに不安があるなら
クレジットカードでもお金が借りられます

ACマスターカード

アコムのACマスターカード(クレジットカード)は、ショッピングの他に現金も借りられるキャッシング枠があります
通常、クレジットカードの発行は申込みからカード受け取りまで1週間程度かかりますが、ACマスターカードは無人契約機でクレジットカードが即日発行できます!
カードローンに抵抗があるという主婦は、クレジットカードでのキャッシングも検討してください。

▼即日発行できるクレジットカードです!▼

お申し込みはこちら
>>ACマスターカードを詳しく解説!詳細はコチラ

実質年率
(キャッシング利用)
融資額 融資スピード
3.0%~18.0% 1万円~800万円まで 最短即日

主婦も借りれるカードローンとは?

カードローンには銀行カードローンと消費者金融がある

主婦が借りられるカードローン

カードローンを取り扱っている金融機関には、銀行と消費者金融があります。
まず、銀行と消費者金融とでは、特定業種が営業のために守らなければならない法律(業法)が違います。
このルールが違うことによって、それぞれのカードローンの『申込み資格』や『借入可能額』が異なります。

ひと言でカードローンといっても、その中身は大きく違うため、ひとくくりにはできないという事実を前提としてください。

そして、そのカードローンのルールの中でも、収入のない専業主婦にとって特に重要なのは申込資格。

  • 自分の収入がない専業主婦:銀行運営の銀行カードローンのみ申し込める
  • 自分の収入がある主婦:銀行カードローン・消費者金融、どちらでも申し込める

消費者金融では、本人に収入があることが申込みの絶対条件です。
それは消費者金融が守らなければならない貸金業法で決まっています。
収入のない専業主婦は、カードローンの中でも消費者金融には申込みできません。

本人収入のあり・なしで申し込めるローンがちがう

どのカードローンにも申し込めて審査をしてもらえるのは、毎月決まった給料を受け取っている正社員や派遣社員、パートやアルバイトをしていて収入のある主婦の方です。

本人収入のない専業主婦では、銀行カードローンに申込む必要があります

つまり、具体的にどのカードローンに申込めるかは、自分自身に収入があるかないかによって変わります。
収入のない専業主婦の場合は、旦那さん(配偶者)に収入があれば申込OKな銀行カードローンに申込みましょう。

カードローンは来店不要でWEB申込・契約が可能

カードローンには、お店に来店せずに申し込める方法があります。
自宅で簡単にできる申込み方法として、郵送・電話がありますが、現在はスマホを利用したWEB完結の申込方法が主流となっています。

また、パソコンやスマホからなら場所や時間を問わず、24時間いつでも・どこでも申込可能。

 ネット申込自動契約機その他
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

(テレビ窓口)
電話
新生銀行カードローン
レイク
電話
郵送
東京スター銀行
スターカードローン
電話
みずほ銀行カードローンみずほMyWing店頭窓口
セブン銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
横浜銀行カードローン電話
郵送
FAX
三井住友銀行カードローン電話
郵送
店頭窓口
ソニー銀行カードローン
ジャパンネット銀行
千葉銀行カードローン電話
郵送
FAX
滋賀銀行カードローン
サットキャッシュ
店頭窓口
電話
FAX
ATM
アコム電話
郵送
店頭窓口
プロミス電話
郵送
店頭窓口
レイクALSA電話
j.score

(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

契約手続きもスマホで行うことができます。
免許証などの本人確認書類も、スマホのカメラで撮影したものを、説明通りにアップロードするだけ。

忙しい主婦でもスマホ1つで申込から契約までできるので安心です。

主婦のカードローン申込みに旦那への確認はない

カードローンは旦那に内緒で借りられる

カードローン申込時の在籍確認は、主婦は勤務先に、専業主婦は自宅に連絡が入ります。
旦那の勤務先に連絡はありません

「カードローンに申込んだことを家族に知られたくない…」という方は、連絡先をスマホや携帯電話にしておくと安心です。
そうすると、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせ連絡は自分のスマホや携帯電話にかかってくるので、他の人が電話に出る心配はありません。

また、もし自宅を連絡先にした場合でも在籍確認の連絡でカードローン名を告げることはありません。
利用者のプライバシーを第3者に漏らさないために、銀行は銀行名または個人名、消費者金融では個人名を名乗ります。

アコムでも、個人情報保護方針として本人以外に漏らさないことを約束しています。

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報をあらかじめご本人さまの同意を得ることなく第三者に提供することはいたしません。また、法令に定める場合を除き、特定個人情報等を第三者に提供することはいたしません。

(引用:個人情報保護方針【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム)

カードローンへの申込・借入などの情報は個人データにあたるため、「個人情報保護法」の第23条で示されているとおり、主婦が同意していないのであれば、第三者である旦那には個人情報を伝えられない決まりとなっています。

第二十三条  個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。

(引用:個人情報の保護に関する法律)

銀行でも消費者金融でも個人情報を保護する法令を守り、個人情報の保護方針を掲げています。
そのため、在籍確認も含めて同意なく本人以外に伝わることはありません。

カードローン申込者への配慮

金融機関側はローン利用者が例え家族であっても、申込者以外に借入を知られたくないことを理解しています。
在籍確認や郵便物によってバレてしまうことのないように、配慮されています。

誰にも知られずに借入できるという配慮の他にも、女性利用者が問い合わせをしやすいように女性専用の問い合わせダイヤルを設けているカードローン窓口もあります。

返済が遅れたり滞納がなければ、他人にカードローン利用が完済までバレることはありません

融資スピードが早い!即日融資が可能

普段からやりくりをしていても、突然まとまったお金が必要になることも。
カードローンでは融資スピードが早く、最短で申し込んだその日に借りることもできます

金融機関によっては、申込方法によるスピードに差があったり、申込時間の締め切りが設定されていたり、申し込む銀行の口座を持っていることが条件になっている場合があります。
事前に申込み条件を確認しておきましょう。

即日融資で今日借りるために、申込段階から気を付けたいポイントを紹介します。

即日融資のためのポイント:消費者金融を選ぶ

消費者金融では即日融資が可能ですが、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

以前までは銀行カードローンも即日融資に対応していました。
2018年1月より貸付審査の際に警視庁のデータベースで確認をするようになり、その照会に即日対応できなくなったのです。

これは、銀行が反社会的勢力(暴力団関係者)に貸付を行っていたことがわかったため。
警視庁の照会は最短でも翌日になるため、銀行での即日融資は不可能になりました。
今日借りたいと思ったら銀行カードローンではなく、消費者金融を選ぶことが絶対条件になります。

即日融資のためのポイント:申込み時間は午前中に

振込融資には各ローン会社によって振込の締め切り時間が設定されています。

アコムの振込融資の締切時間は平日の14時30分。それまでに審査を終え、振込依頼をすることが条件です。
締め切り時間を過ぎてしまうと、翌日の振込みとなってしまいます。

申込締め切り時間は、カードローン会社や振り込みを依頼する口座、振込依頼の方法(インターネットや電話)によっても違い、公式ホームページにも時間についての記載がないローンもあります。

審査が込み合っているなど、カードローン会社側の理由により明記を避けている場合もあるようです。

即日融資を希望する場合は午前中のできるだけ早い時間に申込みを終え、申し込んだ後にローン会社に電話をして「即日融資をお願いしたいので、すぐに審査をしてください。」と伝えましょう。

基本的に審査は申し込み順ですが、優先的に審査を進めてもらえます。

即日融資のためのポイント:どの口座を持っているか

消費者金融にも、振込が早く、どの口座にも振り込みをしてくれます。
中には受付時間の長い口座があります。

消費者金融からの融資を振込で受ける場合は、午前中に申込をしておくとどの銀行口座でも対応してもらえるため安心です。
ただし、銀行口座への振込み可能時間がのびるカードローンもあります。
カードローン会社の指定する一部の銀行口座への振込は受付時間が長く、すぐに振り込んでくれる口座があります。

アコム
  • 楽天銀行口座
  • 振込可能時間 0:10~23:50
  • 振込までにかかる時間 約1分
プロミス
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行/li>
  • 振込可能時間 0:00~24:00
  • 振込までにかかる時間 約10秒
アイフル
  • 指定口座なし
  • 振込時間の延長なし
  • 振込には14:00までの契約完了が必要

即日融資のためのポイント:無人契約機を利用する

即日融資で重要となるのは、スピード感です。
そこでポイントとなるのは、申込みから契約、ローンカードの受取までができる『自動契約機(無人契約機)』を活用すること。

また、どうしても午前中に申込ができず、一部の銀行口座(楽天銀行・三井住友銀行・ジャパン銀行)を持っていない場合なども、無人契約機の利用を考えるのがいいでしょう。

無人契約機を活用すれば、わざわざ自宅までローンカードを郵送してもらう必要がありません。
さらに、その場でローンカードが受け取れて、そのまますぐにATMからお金を借りられます。
ただし、すべての会社に自動契約機があるとは限らないため注意が必要です。

有名な大手消費者金融の場合は、プロミス・アコム・モビット・アイフルのすべてに自動契約機がありますが、大手銀行カードローンの場合は2社(三井住友銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン)のみ。
しかも、銀行カードローンなので自動契約機があっても即日融資はできません。

「パートの都合でどうしても午前中に申込めなかった」「夜間に急にお金が必要になった」「月曜の朝にお金がいるのに、土日祝にかかるため銀行が休みだ」などのケースはよくあること。
そんな時、上記の銀行カードローン2社であれば自動契約機を利用することで即日融資が可能になります。

自動契約機の利用は申込からの利用もできますが、スマホから申込み後に審査結果が出てから出向くのがおすすめです。

  • 先に利用者がいる時は利用が終了するまで待たなければいけない
  • 審査中は結果が出るまでその場で待機しておかなければいけない

待ち時間短縮のためにも、自宅でできることは済ませておきましょう。

カード発行なしで即日融資

カードローンは、ローンカードが発行され、それを利用して借り入れができます。
ところがカードローンによっては、カード発行せずに利用できるものがあります。
その場合、カードがないため毎回振込融資をしてもらうことになります。

もし初めてカードローンで融資を受ける際に即日を希望するのであれば、締切時間や口座のポイントをチェックし、即日融資ができるかどうか確認してから申込むほうがいいでしょう。

申込時には口座が必要かどうかも確認

みずほ銀行やセブン銀行はカードローンの申込条件に『契約者名義の口座を持っていること』とされています。
口座がない場合、先に新規で口座を開設する必要があり、口座開設には1週間ほどかかります。

基本的に銀行カードローンは即日融資が難しいですが、それでも最短で翌日融資になるのと1週間以上かかるのとでは大きな差があります。

下記に口座の有無に関する条件をまとめました。

口座自体なくてもOK

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
  • アコム
  • プロミス

どの銀行でもいいから口座があればOK

  • 楽天銀行スーパーローン
  • 東京スター銀行カードローンネットローンタイプ

口座指定・申込銀行の口座が必要

  • 東京スター銀行カードローン カードローンタイプ
  • セブン銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローンMyWing

即日融資だけでなく、申込する場合にもまずは口座が必要なカードローンかどうか比べることも大切になります。

収入なしの専業主婦も借りられる銀行カードローン

銀行カードローンは銀行の商品の1つ

銀行ではカードローンサービスの他に目的別ローン、さらにはフリーローンと複数の商品を展開しています。

例えば、銀行商品のひとつである、住宅・教育・ブライダル・メディカルローンなどの目的別ローンでは、見積書など借入れのときに何にいくら使うのかを証明する書類の提出が必要になります。
使い道が限定される分カードローンよりも低金利なのが魅力的ですが、収入のある方限定のローンとなります。

フリーローンはカードローンと同様、使用目的を限定しませんが、一部契約できない使途(家賃や生活資金など)があります。
返済のみで追加借入(追加融資)できません。
追加借入をしたい場合は、一度完済するか、新たに別途申込み・契約を結ぶ必要があります。(証書借入や証書貸付といいます)
申込資格はあるのは、収入のある方のみです。

カードローンは使用使途が自由。
さらに、最初に設定した借入限度額の範囲内であれば追加借入ができるため、便利で使いやすく、目的別ローンやフリーローンに比べて利用者が増えています。

主婦が借りられるカードローンの金利

主婦のカードローン金利

カードローンの金利(実質年率・実質年利ともいいます)はいくら借りられるかの限度額で決まります。
多く借りたら金利を低くしてもらえるものではなくて、多く借りられる人ほど金利が低く設定されるシステムです。

一般的に銀行カードローンより、消費者金融の方が金利は高めです。

主婦の借入は借入限度額が少ないため、上限金利(金利の後ろ、大きい方の数字)が適用されます。
『金利はいくらになるのかな?』と思ったら、後ろの大きい数字を確認してください。

カードローン名金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック1.8%~14.6%
新生銀行カードローン レイク(※1)4.5%~18.0%
東京スター銀行 スターカードローン4.5%~14.6%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%
セブン銀行カードローン15.0%のみ
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%
横浜銀行カードローン1.9%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング2.5%~18.0%
千葉銀行カードローン1.7%~14.8%
スルガ銀行カードローン3.9%~14.9%
滋賀銀行カードローン サットキャッシュ4.8%~14.9%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
モビット3.0%~18.0%
アイフル SuLaLi18.0%のみ
アイフル4.5%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
j.score0.9%~12.0%

(※)新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載)

カードローンの金利についてはこちらでも詳しく紹介しています。
比較から選び方まで!後悔しないカードローン金利の全て

金利が0%になる無利息期間

無利息期間とは、カードローン会社が定めた一定期間のみ、利息を取らないというもの。
その期間内は金利0%、実質利息なしで借りられるサービスです。

この無利息期間は初めて申し込む人専用のサービス。
同じローン会社で1回のみ適用となります。

無利息期間の詳しい説明は、こちらのページを参考にしてください。
金利ゼロ!?カードローンの無利息サービス→こんな人におすすめ

銀行カードローンのデメリット

消費者金融より、審査が厳しい点が挙げられます。

審査内容はどのローン会社であっても非公開を貫いているため、現在WEBサイトなどで掲載されている一般的な審査基準は、これまでの利用者の傾向やローン会社退職者への聞き取りなどを考慮した結果となっています。

銀行は、もともと住宅ローンなどの高額貸し付けがメインだったため、審査が厳しいイメージが定着しています。
また事実として、現に「銀行カードローンに申込んだときは審査落ちしたけれど、消費者金融では審査に通過した」という人もいます。

2016年8月31日付 日本経済新聞朝刊に以下の表の掲載があります。

日経新聞掲載の銀行と消費者金融の比較表
※表の中の「銀行系」は銀行カードローンを指しています

審査について、銀行に問い合わせても消費者金融より審査が厳しいと答えることはなく、消費者金融に問い合わせても同様の反応です。
しかし、過去の実績や新聞記事の内容からも見て取れるように、消費者金融と比較すると銀行カードローンの方が審査は厳しいと言えるでしょう。

実際の審査ハードルは、銀行と消費者金融でものすごく差がある訳ではないと考えられます。
しかし差があるのは事実です。

銀行は返済能力が高い人なら低金利で貸す、消費者金融はハードルを少し下げる分、金利は高めというイメージです。

収入ありの主婦が借りられる消費者金融

消費者金融は総量規制対象の貸金業者

消費者金融は貸金業者に区分されるため、総量規制の対象になります。
主婦がお金を借りるときに重要となる総量規制には、『借入限度額が年収の三分の一まで』という制限があります。
そのため、消費者金融のカードローンは収入のある主婦は申し込めますが、収入のない専業主婦は申し込めません。

専業主婦は消費者金融からは借りられません

大手消費者金融は配偶者貸付制度を利用不可としている

総量規制には、専業主婦でも消費者金融でキャッシングができる『配偶者貸付』という制度があります。
この配偶者貸付が可能になる条件は、配偶者の同意書と婚姻を証明できる書類を提出すること。

配偶者貸付制度は夫婦の収入を、夫と妻で合計の3分の1まで借入が可能です。
夫にすでに借入がある場合、配偶者貸付での借入可能額は夫の借入額を引いた金額になります。

夫の年収が300万円の場合、夫が60万円借りていれば、妻は40万円まで借りられる計算となります。

制度上では、専業主婦でも配偶者貸付を利用すれば消費者金融でお金を借りることができるとされています。
しかし実際のところは、書類の確認作業に手間がかかることなどの理由から、大手消費者金融など(プロミス・アコム・アイフル・モビット)では配偶者貸付を利用した専業主婦の借入を認めていません。

大手消費者金融に限らず広くみるのであれば、中小消費者金融のレディースフタバ・ベルーナノーティスなど、配偶者貸付を認めているところもあります。
すべての会社ではないものの、専業主婦でも利用可能としている消費者金融は存在します。

夫の収入証明書や同意書が必要であり、借入審査は夫婦二人の信用情報調査まで行います。
審査が通り、配偶者貸付で借入をした場合は、配偶者側の信用情報にも記載されます。

このことから、配偶者貸付制度を利用して専業主婦が内緒で借り入れすることはできません。
バレずに借入できないことや、必要な書類の多さ、最高金利が高い、審査に必要な時間を考えると配偶者貸し付け利用してまで消費者金融を選ぶメリットはありません。

主婦でも借りられるカードローンの限度額

専業主婦のカードローン限度額

専業主婦は生活費の中からの返済となることを考慮し、最高30万円~50万円と上限が設けられています。
カードローンの限度額は、審査によって返済能力を考慮の上、決定されます。

専業主婦のカードローン上限は銀行によって違いがあり、中には限度額の上限を設けず、審査次第とする銀行も。
その場合でも、返済能力が考慮されるため、他行と大きな差はないと考えられています。

カードローン名最大限度額収入なしの専業主婦の限度額収入なしの専業主婦の増額
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック500万円まで30万円まで50万円まで可
新生銀行カードローン レイク500万円まで申込できない申込できない
東京スター銀行 スターカードローン1,000万円まで上限なし・審査次第不可
みずほ銀行カードローン1,000万円まで30万円まで不可
セブン銀行カードローン50万円まで50万円まで不可
楽天銀行スーパーローン800万円まで50万円まで不可
横浜銀行カードローン1,000万円まで上限なし・審査次第上限なし・審査次第
三井住友銀行カードローン800万円まで上限なし・審査次第上限なし・審査次第
ソニー銀行カードローン800万円まで50万円まで上限なし・審査次第
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング1,000万円まで上限なし・審査次第不可
千葉銀行カードローン800万円まで上限なし・審査次第上限なし・審査次第
スルガ銀行カードローン800万円まで上限なし・審査次第上限なし・審査次第
アイフル SuLaLi10万円まで申込できない申込できない
アコム800万円まで申込できない申込できない
プロミス500万円まで申込できない申込できない
j.score1,000万円まで申込できない申込できない
レイクALSA500万円まで申込できない申込できない

(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

カードローンの増額については下の『主婦のカードローン限度額増額』で説明します。

主婦のカードローン限度額

自分に収入のある主婦が銀行で借りる場合、審査で限度額が決定されます。
無収入の専業主婦に設定される、銀行のような限度額の規制はありません。

限度額の決定には年収も考慮され、年収が高ければ高いほど限度額が高く設定される傾向にあります。

ただし、年収のみで限度額を判断されているわけではありません
仮に年収が高かったとしても、現在の会社での勤務年数が少なかったり、他社での借入があったりするなど、マイナス要素とみなされる判断材料があれば限度額が低くなることもあります。

収入のある主婦が消費者金融に申込んだ場合、限度額の上限は年収の1/3。
消費者金融では本人の年収の1/3が上限限度額とされることが貸金業法で決められています。

主婦のカードローン限度額増額

カードローンの契約後、限度額を上げることと増額(増枠)といいます。
主婦・専業主婦も増額できるチャンスがあり、審査次第となります。

限度額について、こちらのページで詳しく紹介しています。
専業主婦が借りられるカードローンの限度額はいくら?

主婦でも借りられるカードローンの月々の返済額

カードローンの最低返済額は決まっている

カードローンで借りたいけれど、主婦が気にあるのはやっぱり毎月の返済額。
『いくら借りたらいくら返さなきゃいけないの?』と不安になりますよね。

銀行カードローン・消費者金融ともに、カードローンには『この金額を借りたら、最低この金額は返済してくださいね。』という最低返済額(約定返済金額とも呼ばれます)が決まっていて、カードローン会社によって返済額に差があります。

銀行カードローンの最低返済額

各銀行カードローンで10万円借りた時(借入残高が10万円の時)の最低返済額を比較しました。

銀行カードローン名借入残高が10万円の時の最低返済金額
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック2,000円
新生銀行カードローン レイク3,000円
東京スター銀行 スターカードローンカードローンタイプ:5,000円
ネットローンタイプ:10,000円
みずほ銀行カードローン10,000円
セブン銀行カードローン5,000円
楽天銀行スーパーローン2,000円
横浜銀行カードローン2,000円
三井住友銀行カードローン2,000円
ソニー銀行カードローン2,000円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング3,000円
千葉銀行カードローン2,000円
スルガ銀行カードローン3,000円
滋賀銀行カードローン
サットキャッシュ
10,000円

(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

消費者金融の返済額

消費者金融の最低返済額は、借入残高だけではなく、各消費者金が定めた一定の割合をかけた計算になる会社もあります。
かける率は、公式ホームページに記載されています。

各消費者金融で10万円借りた時(借入残高が10万円の時)の最低返済額を比較しました。

消費者金融名最低返済額の決定方法借入残高が10万円の時に最低返済金額
アコム借入金額の4.2%以上
(極度額30万円以下の場合)
4,200円
プロミス最終借入後残高 × 3.61%
(1,000円未満切り上げ)
4,000円
アイフル SuLaLi返済日による35日ごとの支払い…毎回5,000円
毎月約定日払い…毎月4,000円
レイクALSA借入残高4,000円
J.Score極度額と利用額によって決まる4,000円
(極度額30万円以下の場合)

カードローン借入前に返済計画をたてよう

約定返済金額は、商品概要説明書や公式HPの返済について書かれているページで確認することができます。

返済金額は元本(元金)と利息の合算。
つまり、返済金額が少ないと元本返済も少ないということになり、完済までに時間がかかってしまいます。
その結果として支払利息がかさんでしまうこともあります。

総支払額を減らしたい場合は、できるだけ多く返済していき返済期間を減らすことが重要です。
とは言え、返済額よりも多く返すのは厳しいもの。

基本的には 返済日に遅れることなく返済金額で返済し、家計に余裕があるときは少し多めに返済するようにするのがいいですね。

返済方法が選べるカードローンと指定のカードローンがある

・ローンカードを使って銀行ATMやコンビニ提携ATMから返済する
返済日に遅れない様に、自分で入金する方法です。提携ATM(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどコンビニATM含む)であれが利用手数料は不要です。

・口座振替(口座引落し)で返済する
口座振替必須の銀行と、希望すれば口座振替可能な銀行があります。

・振込で返済する
主に返済が遅れた人専用ですが、通常返済も可能です。
振込手数料は契約者負担となるため一般的ではありません。

カードローン名ATM利用口座振替
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
新生銀行カードローン レイク
東京スター銀行 スターカードローン
みずほ銀行カードローン必須
セブン銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン必須
横浜銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
ソニー銀行カードローン必須
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
千葉銀行カードローン必須
スルガ銀行カードローン
滋賀銀行カードローン
サットキャッシュ
随時返済のみ必須
アコム
プロミス
j.Score
レイクALSA

主婦は日々、仕事や子育てでなにかと忙しいもの。
生活スタイルや口座の有無などを考慮して、利用しやすい返済方法を選びましょう。

主婦でも通るカードローンQ&A

Q質問主婦はカードローンでいくらぐらい借りているの?

A回答主婦の初回借入額は1~3万円が一番多くなっています。

カードローンの利用経験のある主婦100人を対象としたアンケートでは、以下の結果となりました。
主婦のカードローン借入額アンケート結果

何十万も借りているのではなく、10万円以内の借入は全体の約7割。
主婦の初回借入額は決して大きくないことがわかります。


Q質問カードローンに申し込むには何が必要ですか?

A回答基本的には本人であると確認できる書類のみでOK

健康保険証やパスポートでもOKですが、顔写真があって偽装が難しいと言われている、運転免許証がカードローン審査で一番信頼性が高いとされ高評価です。

消費者金融で限度額を50万円以上希望する場合のみ、追加で収入証明書必要となります。

詳しくはこちらで紹介しています。
カードローン申込みに必要な書類まとめ


Q質問主婦でも審査に通るの?

A回答主婦でも審査に通る可能性は十分にあります。

審査基準は会社員・パートやアルバイト・主婦でも変わりなく、専業主婦や主婦だから審査に通らない・厳しく審査されるなどはありません

ただし申し込み資格がなければ、審査に通ることはありませんので、申込先に注意が必要です。
専業主婦は銀行カードローンのみ、主婦は銀行カードローン・消費者金融どちらも申し込みOKです。


Q質問主婦の安定収入っていくらからが安定収入になるの?

A回答最低いくら必要という金額の線引きはありません。

カードローン会社や消費者金融では、よく『安定した収入があれば申込めます』という言い方をしますが、金額が決まっているわけではありません。

毎月1万円でも10万円でもOK、年間を通して給与の変動が少ないことが重視されます

例えばパートの主婦の給与が毎月3万円でも、申込条件である『安定収入』は満たせていることになります。
収入金額がどのくらいあるがポイントになるのは、カードローンの審査結果や限度額の決定のときです。

  • パート主婦で繁忙期の給与は8万円だけど、閑散期には2万円になってしまう
  • 主婦なので子供の夏休み中はお仕事を休んでいて収入がない
  • 専業主婦だけど不定期にフリマアプリなどで商品を販売していて、その時は収入がある

この様な収入が『あったり・なかったり』、『多くなったり・少なくなったり』する場合は、安定収入とはみなされません。

安定収入の期間

はっきりした決まりはありません。
実際に1回しかもらっていない(勤続1ヶ月)でも審査に通った人もいます。(ただし限度額は10万円程度と少額)
給料を何回もらえば安定収入とみなされるかという、線引きはなく、各ローン会社の審査次第です。

カードローンの審査は、勤務年数や勤務先、他社借入の履歴などを含めて複数の項目での総合判断となります。
そのため、「今までは専業主婦で働きだしたばかり」「まだ給与を1回しかもらっていない」などというケースでも、安定収入とみなされて審査に通る可能性があります。

ただし、これはあくまでも可能性の話であり、実際は勤務年数が長い場合の方が審査に有利なことは間違いありません。
主婦のパートであっても勤務年数が長ければ限度額が増えることも考えられるため、できることなら数ヶ月でも勤務実績がある方がいいと言えます。


Q質問審査の甘い銀行カードローンはありますか?

A回答残念ながら…ありません。

消費者金融より返済能力を重視する銀行が、審査を甘くするということは考えられません。
貸付の金利も低金利なため、審査を甘くしてまで契約者を増やす理由はありません。

審査通過基準は各銀行によって異なり、多少の差はあると考えられますが大きな違いになる事はないでしょう。
審査の甘い銀行カードローンはないといえます。

主婦が審査に通過できるか不安なのであれば、審査の甘いカードローンを探すのではなく、審査に通過するにはどうしたらいいのか?と言う考えにシフトしましょう。

主婦だけでなく、一般的に借入希望限度額をできるだけ少なくする事は審査に通りやすくなると言われています。

「今は専業主婦だから審査にとおるか不安…」という場合は、すでに取引のある銀行のカードローンに申込むと、審査のプラス材料となる可能性もあります。

加えて地方銀行はカードローンの契約者を増やそうという傾向にあり、キャンペーンを行っている場合もあります。
必ず審査に通るとは言えませんが、少しでもプラスになる可能性はあります。


Q質問すでに1社から借りている場合、複数社から借りられる?

A回答借りられる可能性もあります。

専業主婦は可能性があるとすれば2社まで、3社目は厳しいと考えられます。
会社員やパートで収入のある主婦は3社・4社と借りている人もいます。

カードローンの審査では借入金額もさることながら、借入件数も大きく影響します。

旦那の給与のみが収入源の専業主婦の借入限度額は、審査で返済能力を考慮して設定され、上限限度額も決まっています。
現在1社で借り入れをしているにも関わらず、新たにローン契約をするとなると、月々の返済負担がさらに大きくなってしまうため、審査はより慎重に行われると考えられます。

主婦は収入がある分、専業主婦よりはさらに数社借りられる可能性は高くなりますが、借入件数が増えるごとに審査は厳しくなっていきます。

新規契約より契約しているカードローンの限度額を上げる(増額する)という手もあります。
主婦・専業主婦の増額についてはこちらのページでも詳しく紹介しています。
主婦・専業主婦が借りられるカードローンで増額は可能?


Q質問借入中に無職になったら?

A回答追加の借入はできなくなり、返済するのみとなります。

カードローン会社に連絡して、無職になったことを伝えなければいけません
パートやアルバイトとして働いていた主婦が専業主婦になった場合など、無職になったことをカードローン会社に内緒にしている方もいます。
返済遅れや滞納などで個人と連絡がつかなくなったときは、勤務先に連絡することもあり得るので、その時に退職がばれてしまう事態に陥らないためにも、無職になった時点できちんと伝えるようにしましょう。

連絡を受けたローン会社は信用情報機関にその旨を伝えるので、信用情報から勤務先情報が削除されます。
信用情報を確認すれば無職であることが分かるので、別のローン会社からも新規借入できなくなります。

再就職できた場合もカードローン会社に連絡してください。
信用情報にも勤務先が再登録されます。


Q質問事故や病気でどうしても返済できなくなったら?

A回答まずはローン会社に相談してください。

どんな状態であっても返済義務はあります。
すぐに『借金を返せない=自己破産』などと連想してしまいがちですが、それは間違い

銀行も消費者金融もローンのプロ、返済が厳しい人を数多く見ています。
できるだけ返済してもらいたいと考えているため、一緒に返済方法を考えたり、提案してもらえます。

主婦が今の悩める状況を正直に伝えることによって、『では、このような方法はどうですか?』『この金額だったら返済できそうですか?』などという提案をしてもらえます。

例えば利息だけ支払うというパターンや、金利を下げてもらえる可能性も。

特に消費者金融で、金利を下げてもらえたという話が多くあります。
カードローン会社にとって『金利を下げる=儲けが少なくなる』ということ。
多少儲けが少なくなったとしても、カードローン会社は返済してもらいたがっているとも考えられるのです。

ただし、これは返済したいけれどそれが厳しいことを正直に相談している人への対応。
かんたんに返済をどうにかしてもらえるという話ではないことを理解してくださいね。

カードローンの返済については、こちらのページでも詳しく紹介しています。
カードローンの返済遅れ~事前の対処法と延滞のリスク~


Q質問絶対に借りられるカードローンはありますか?

A回答健全なローンに、絶対に・確実に借りられるローンはありません。

どのローンにも必ず審査があり、審査通過した人のみがローン会社の決めた限度額の範囲内で希望額を借りられるのです。
これはカードローンも同じ。

『絶対に・確実に借りられる』を言い換えれば『絶対貸します・確実に貸します』ということ
これは闇金の常套句です。

このようなうたい文句のローン会社には、絶対に手を出さないでください!


Q質問『審査なし』というカードローンがあったけど、申し込んでも大丈夫?

A回答「この借入先、大丈夫?」と思ったら、申込むべきではありません。
闇金融(ヤミ金)の可能性があります!

お金を借りられるカードローン会社を探していたら、『ブラック(債務整理や滞納・破産経験者など)の人でもOK!』など、誰でも借りられるようなキャッシング業者を発見したけれど、本当なのかなという疑問の声を聞くことがあります。

そもそも銀行カードローン・大手消費者金融共に、審査なしにお金を貸すことはありません。
規模の小さい地方銀行や中小の消費者金融(街金とも呼ばれる、地域密着型の消費者金融)も同じです。

闇金融かどうかを見極めるには銀行名を確認してください。
もし聞いたことがない銀行名で心配だという場合は、下記のページに銀行名があるかどうかを確認してください。

全銀協の会員一覧 – 全国銀行協会(http://www.zenginkyo.or.jp/abstract/outline/organization/member-01/)
全国銀行協会は日本で営業する銀行が加盟している一般社団法人です。
(新銀行東京は加入していません)

「この消費者金融、本当に大丈夫かな?」などと、ちょっとでも不安を感じたら、『日本貸金業協会』ホームページの悪質業者かどうかを検索するページをチェックしてみてください。
【悪質業者の検索】悪質業者の検索 | 日本貸金業協会

借入利率(年率)や商品概要説明書も確認

借入利率が高い、または借入利率の表記がない場合は危険です。
借入利率は年率で表示することが義務付けられているため、必ず商品概要説明書に記載があります。
利用条件や契約条件も確認できます。
年率表記のない業者は避けてください。

もし、闇金融かもしれない業者に申込んだり、問い合わせてしまった場合はすぐに相談できる機関へ連絡を。
まだ借りていないので警察や弁護士は早いかな…などと感じる場合は、法テラス、消費生活センターなどにも相談できます。


Q質問借入後に利息が膨らみ、返済が苦しくなるのではと不安です

A回答契約時に決まった金利で計算される利息が変わることはありません。

カードローンの金利は法定金利内であり、高利なため法外な利息を請求されることもありません。
カードローンの返済額と利息

また利息は借入残高にかかるので、毎月返済していくことで残高も減り、それにともない利息も減っていきます。

ただし返済遅延や滞納があると、遅延損害金が追加でかかってきます。
きちんと返済していれば、心配不要です。

「借金が雪だるま式に増える」などの理由として考えられるのは、闇金から借りて金利が法定外に高く設定されている場合。
金利が法定外に高い場合、返済してもそれを上回るスピードで利息が増えるので借入が増えてしまいます。

他には、返済のために他社で借りることを繰り返すケースです。

1社で利用限度額まで追加借入をしても、金利は一定なので利息が膨らむことはありません。
しかし、そこからさらに2社目以降の他社借入をした場合、借金総額も増えているということになるので、1社だけの借入時よりも返済金額も増え、必然的に返済負担が大きくなります。
返済金額が増えるという事は、支払利息も増えているという事。

カードローンの限度額は、審査で主婦でも返済可能な金額が設定されます。
借入金額を少なめに、限度額の範囲で利用すれば、利息や返済金額が増えていくことはありません

申込前に登録なし・無料で利用できる返済シミュレーションもあるので、先に返済計画を立てましょう。


Q質問カードローンの申し込みは取り消しできる?

A回答取り消しできます。

しかしローン会社で申し込み後の手続きが、どのくらい進んでいるかによって、手続きが異なります
・正式に契約する前:ローン会社に電話して、取り消しを伝える
・契約続きが完了した後:解約手続きが必要

どちらにせよ、カードローンの申し込みは取り消したいと思ったら、まずはローン会社に連絡しましょう。

申し込みを取り消すとどうなるのかなど、詳しくはこちらのページで紹介しています。
カードローンは申し込み後に取り消し(キャンセル)できますか?

主婦でも借りれるカードローンはどこを選ぶ?

カードローンの借り入れ条件を比較する主婦
まずは収入のあり・なしで銀行カードローンか消費者金融かを絞りましょう。

次に即日借りたい・金利が低い・毎月の返済金額が安いなど、どれだけ自分の条件にあうカードローン会社を見つけられるかです。

専業主婦かどうかに関わらず、申込み銀行の普通預金口座を持っていないと即日融資が不可能なことがあります。
また、毎月の最低返済金額にも差があり、10万円借りたとすると月々2,000円のところがあれば10,000円からのところもあるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

最も優先する条件を満たせるカードローン会社をピックアップ、その中から第2・第3希望を満たせるカードローン会社1社に決定します。

主婦でも安心して借りられるカードローンだけを紹介します

ひと言で『銀行カードローン』といっても、その概要はさまざまです。
主婦にとってはCMなどで目にする機会が多い大手都市銀行だけではなく、ネットバンク系や地方銀行もあり、貸付条件などにも違いがあります。
『どのローンを選んだらいいの?』と迷ってしまうことも。
働いていて安定収入のある主婦なら大手の消費者金融が安心です。
聞いたこともない消費者金融が簡単に借りられそうだからといって借りないこと。

こちらのサイトでは数多いカードローンの中から『女性でも安心して借りられること、生活を気にせず無理なく返済できること』を念頭に、おすすめできるカードローンだけを紹介しています。

パート・アルバイトさんにおすすめのカードローン
消費者金融最大手のアコムの女性専用ローンのアコムレディースも女性に人気のカードローン!即日融資・30日間無利息サービスなど、早く借りたい・お得に借りたい女性におすすめです。

 

レイクALSA(アルサ)は2018年4月からスタートしたカードローンです。新生銀行カードローンの流れを受け継いだ2種類の無利息期間あり・最短即日融資が魅力的です!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ