旦那がブラック→専業主婦のカードローン審査に影響ありますか?

カードローンを申し込む際のローン審査は申込者本人を対象としており家族は全くの対象外ですが、専業主婦の場合は少し違ってきます。
専業主婦が契約者となり借り入れする際の絶対条件は夫に安定した収入があることです。

ビジネスマン 悩む
パート等の職に就いており、毎月お金が安定して得られる状態であれば別ですが、専業主婦は無収入なので返済出来るかどうかを審査する対象は夫の収入や勤務状況なども含まれます。

もちろん基本的には金融機関も申込者本人を見て判断しますので審査時に信用情報機関へ照会する個人信用情報は本人のもののみとなります。
ですから配偶者にある程度の借り入れ(借金)があっても問題ありません。

過去にトラブルや滞納があった場合は個人信用情報機関のブラックリストに載りますが、契約状況や返済状況によって記載されるブラック情報(事故情報)はそれぞれ一定期間で削除されると決まっています。
自分自身の個人信用情報がどうなっているか気になる場合は、キャッシングを申し込む前に個人信用情報を取得してみるのも一つの手です。
取得してみて情報がクリアになっていれば、影響はありません。
契約申し込みの際に安心することができます。
ただし、本人以外の信用情報はいくら妻であっても確認することができないので、配偶者の信用情報に何か問題があっても確認することはできません。

配偶者が延滞・滞納でブラックである場合

審査で個人信用情報を照会するときに類似情報として、同じ名字・住所・電話番号でブラックである配偶者があがってくることがあります。
類似情報としてあがってきた配偶者の個人信用情報も申込者選別のため確認され、専業主婦が借り入れ出来ないことや融資限度額が非常に低いということになります。

配偶者が自己破産・多重債務者の場合

同様に申込者の個人信用情報紹介時に類似情報として配偶者があがってきた時に自己破産・多重債務者だということがわかった場合、世帯全体の返済能力に問題があると判断できます。
自己破産歴などがあり、ご主人が要注意人物と判断された場合は専業主婦に問題がなくても融資しても金利どころか元本も回収できないのではないかと判断されます。

融資しても金利どころか元本も回収できないのではないかと判断されます。
また他社で融資してもらえないブラックである配偶者が妻名義で借入しようと申し込みしていることも疑われます。

借り入れできない可能性が高いです。

金融機関は貸付のための信用情報の調査のために、申込者以外の個人信用情報を照会することはありません。
ただし、申込者と似た情報(住所や苗字、電話番号など)がある個人を類似情報として確認することがあります。
これは照会ではなく、申込者本人を間違いなく特定する必要があるためです。
しかし、その類似情報の確認により、配偶者の金融事故歴などが確認された場合、妻の審査に影響がないとは言い切れません。

一生借りられないわけではない

類似情報による配偶者の情報が影響するといえますが、必ず影響があるとも断言できません。
審査自体は申込者本人というきまりがあるためです。
影響があったとしてもその事故歴の情報がどの程度影響するかについても明言することはできず、銀行などの申込み先の判断によります。
また、万が一配偶者がブラックであっても内容によって登録事項は一定の年数が経過すると個人信用情報から削除されますし、あくまでも審査基準は各カードローン会社で違いますのでまずは少額から申し込みをしてみる価値はあります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ