金利ゼロ!?カードローンの無利息サービス→こんな人におすすめ

ゼロ
カードローンの金利は返済金額の総合計に大きく関わる問題です。

毎月の返済金額(約定返済金額)には利息も含まれています。
1万円を返済した場合、その1万円は元金+利息で1万円です。
元金から1万円減っているように感じますが、実際の元金返済は1万円よりも少ない金額です。

カードローンの返済金額

無利息期間中は利息が0%、1万円の返済で元金が1万円減るので、支払う利息総額や元金が減ることで借入期間の短縮につながります。

銀行カードローンに無利息は少ない

無利息期間は主に大手消費者金融が始めたサービスの1つ。
銀行のローンは消費者金融より金利が低いので、大手銀行でも取り入れているところは少ないです。

銀行カードローン区分無利息サービス
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック銀行なし
新生銀行カードローンレイク銀行なし
東京スター銀行スターカードローン銀行なし
みずほ銀行カードローンみずほMyWing銀行なし
イオン銀行カードローンBIG銀行なし
セブン銀行カードローン銀行なし
楽天銀行スーパーローン銀行なし
横浜銀行カードローン銀行なし
静岡銀行カードローンセレカ銀行なし
三井住友銀行カードローン銀行なし
じぶん銀行カードローン銀行なし
新生銀行カードローンレイク銀行あり
プロミス消費者金融あり
アコム消費者金融あり
モビット消費者金融なし
アイフル消費者金融あり

無利息は一時的なものなので、総合的に判断し、自分の条件に合うのであれば、無利息期間がある銀行カードローンを選ぶこともおすすめです。

無利息期間を徹底解剖!

無利息は初回利用者のみのサービス

まず無利サービスを受けることができるのは、そのカードローンと初めて契約した人のみです。
何年も前に1度利用している場合などは、対象外となります。

無利息期間が過ぎたら

契約時に提示された金利が適用されます。
期間内に全額返済できればいいのですが、返済が途中の場合、適用期間終了の翌日から利息がかかってきます。

無利息期間開始には2種類ある

いつから開始されるかは金融機関によって2種類あります。
無利息期間が30日の場合は以下のようになります。

契約日の翌日から

カードローンの契約の翌日から無利息期間開始
1/1に契約した場合、無利息期間は1/2~2/1まで、2/2から金利がかかる。
1/1に契約、初回借入日が1/5の場合でも、期間終了は2/1となりますので注意が必要です。

借入日の翌日から

カードローンの借入日の翌日から無利息期間開始
1/1に契約、初回借入日が1/5の場合、無利息期間は1/6~2/4まで、2/5から金利がかかる

無利息サービスがある金融機関の比較

銀行カードローン区分無利息期間 利用条件開始日金利
新生銀行
カードローン
レイク
銀行借入額の
5万円まで
(5万円を超えた分
には金利がかかる)
180日間初回契約の方のみ利用できるのは
どちらか1つのみ
契約日の翌日から4.5%~
18.0%
借入額全額30日間
プロミス消費者金融
30日間・初回契約の方のみ
・メールアドレスを登録すること
・利用明細をWEB明細利用にすること
借入日の翌日から4.5%~
17.8%
アコム消費者金融
30日間・初回契約の方のみ
・返済期日設定を
35日で選択すること
契約日の翌日から3.0%~
18.0%
アイフル消費者金融30日間・初回契約の方のみ契約日の翌日から4.5%~
18.0%

無利息期間中でも返済が必要!

新生銀行カードローンレイクの公式ホームページには下記の記載があります。

※無利息期間中もご返済日がございます。お借入れ後の初回ご返済日をご確認ください。
※無利息期間中にご返済が滞った場合、ご返済日の翌日以降、遅延損害金およびお利息をご負担いただくことになります。

引用:レイクの2つの無利息ローン | レイク公式:キャッシングなら新生銀行カードローン レイク

「利息がかからないんだったら、返済しなくていいはず」と返済をしない人がいますが、それは間違いです。

無利息期間中にも返済日がある
金利がゼロなだけで、借入を開始した日から、返済日も返済回数も決まっています。

1日でも返済期日を過ぎてしまうと「滞納」とみなされ、遅延損害金を追加で支払わなければいけなくなります。

この遅延損害金の金利は20.0%。せっかく無利息を帳消しにしてしまいます。
返済期日は必ず確認してください。

実際どの位お得になるの?

新生銀行カードローンのレイクに、シミュレーションがあります。
10万円借りて、12回で返済するプランでシミュレーションしてみました。
lake
5万円まで180日間コースを選んだ方がお得なことがわかります。
全額無利息にするより、返済額が毎月500円安くなり、総額で2,781円のお金が節約できます。

次に30万円借りて、24回で返済するプランもシミュレーションしてみました。
lake_2
毎月の返済額は変わりませんが、支払利息の総額が223円30日間全額コースの方がお得になります。

専業主婦はレイクしか選べない

無収入の専業主婦が借りられるのは銀行カードローンのみ。
消費者金融は申込んでも審査に通りません。

無利息サービスのあるカードローンはレイクのみなので、他のローンを選ぶ余地はありません。

どのローン会社を選ぶ際に無利息があるかどうかを判断基準にするのも一つの手ではありますが、無利息期間終了の金利(上限金利)や利用限度額も比較対象として検討することが必要になります。

無利息はこんな人におすすめ!

短期間に完済できる人におすすめです。
カードローンの無利息期間は短期間借入におすすめ
利息がかからない期間が終了すると、適用金利がかかってきます。

無利息期間中に完成できれば、利息を全く支払わなくても済みます。
期間が少し過ぎても、最初から金利を払うよりはお得な場合も。

専業主婦は契約額(限度額)が低いため、必然的に最高金利が適用されることになります。
借入れの期間が長くなりそうなのであれば、無利息がないけれど金利が安いカードローンを選ぶ方が長い目で見ればお得になる可能性も。
利息だけにとらわれることなく、総合的に判断するようにして下さい。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ