専業主婦のカードローン審査落ち→理由と再申込み時の対処法

審査に落ちた女性
専業主婦が借りられると宣伝している銀行カードローンでも残念ながら審査に落ちてしまうこともあります。

どの金融機関も審査基準を明確にしていないのは次回申し込みの際に都合の悪いところを隠されてしまうと正しく審査出来ないからです。

しかし原因の予測はつきます。
専業主婦が審査に落ちる理由として考えられることをあげてみましょう。

申し込みに不備がある

申し込み内容に事実と違う点があるとどうしても審査に通りたいあまりつい都合良く事実とは違うことを記入してしまう人がいますが、カードローン会社にはすぐにわかってしまいます。

審査では金融機関のあらゆる情報網を使い調べますので嘘は必ずバレてしまいますし、必ず審査に落ちます。
正直に記入し記入ミスも無いように確認しましょう。
以下に審査落ちしがちな大きな2点についてまとめます。

他社で滞納や悪質な支払い遅延がある

既に完済して解約していても直近3ヶ月以内で滞納や遅延があるときちんと返済できない人ではないか、返済能力が無いのではないかと判断されます。

信用情報に金融事故が記載されている

過去の金融履歴に不安がある場合は事前に個人信用情報の開示を行い確認してください。
shinsaniotirugenin
自分の信用情報を確認するためには信用情報機関で確認を取ります。
信用情報機関には「全国銀行個人信用情報センター」(銀行キャッシングや銀行と同一視される企業がメイン会員)や、「JICC(日本信用情報機構)」(消費者金融等の会社がメイン会員)、「CIC」(信販会社やクレジットカード会社系がメイン会員)の3つがあります。
信用情報の履歴には滞納や遅延などの事故情報や他社での借入額、利用履歴が記されています。
特に事故情報があるとブラック扱いとなり、いくら融資審査を受けようとも審査通過はあり得ません。
本人なら信用情報の記載内容の開示手続きをとることができます。
内容を確認することで、信用情報が原因で審査に落ちてしまうことがわかるかもしれません。
または信用情報に問題がない場合、気をつけるべき点は別の項目であることがわかります。
もし、信用情報に記載されている情報が審査に落ちる可能性があるものの場合は、個人信用情報の金融履歴は内容により一定の期間で消去されますので、消去後申し込みするようにしましょう。

短期間に3社以上申し込んでいる

いわゆる申し込みブラックとなります。
かなりお金に困っている印象を与えてしまいます。

申し込んだが契約まで至らなかった、という場合でも安心はできません。
申込記録、あるいは信用情報機関への紹介記録が信用情報に記録されます。
すべての銀行や保証会社は信用情報機関に照会を行いますので、その際に複数の申込みを行っていることがわかります。
そうなると貸金業者としては、申込者が複数の借入先と契約を結んだとした場合、返済額が多くなり返済が難しくなるというパターンを危惧してしまうのです。

それを回避するために有用なのが、大手消費者金融の公式サイトにある「お試し診断システム」です。
お試し診断でカードローンの借り入れが可能かどうか大まかな判断ができます。
申込みをして、落ちたら次に申込むというように次々と申込んでいくのではなく、事前のお試し診断で借りれる可能性があるかどうかを確かめてから、申し込みをすることができます。
お試し診断で借りられる可能性があったとしても、かならず借りられるとは限りませんが、お試し診断で借入可能の判断がでた場合は、借りられる可能性が高いといえるでしょう。

また、正式な申し込みでは無いので、何回何社試しても個人信用情報に記録されることは無く申し込みブラックにはなりません。
申し込み前に是非利用してみてください。

専業主婦でも借りられるカードローンだからと言って必ず借りられるわけではないです。
また、最大融資額を貸してもらえるわけでもないです。
契約の際には申し込みの際に希望した限度額も厳しく審査の対象になります。
収入がないのに過大な利用限度額で申し込んでいると審査で落とされる原因になります。
金融機関はその人の返済能力を入念にチェックします。
収入がないのに高額な限度額の設定をしたら銀行側に返済が危ないと思われてしまい、結果的に審査で落とされてしまうのです。

各カードローンは審査基準が違いますので一度審査に落ちたからと焦らずにもう一度自分の状況を見直し他のカードローンに申込みしてみましょう。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ