カードローン利用は住宅ローン審査に影響があるの?妻の利用は?

住宅ローン
夫に内緒で借りていたカードローンのせいで住宅ローンが組めなったりしたら・・・と不安に思う主婦もすくなくありません。
専業主婦が借り入れしていたことは審査に影響あるのでしょうか。

まず住宅ローンを誰の名義で組むのかによります。
詳しく紹介します。

100%夫の名義の場合

専業主婦の場合、多くは収入のある夫の名義だけで住宅ローンを組むと考えられます。
夫の名義の借り入れであれば審査の対象は夫のみであり専業主婦の金融履歴は関係ありません。

ですから影響は無いといえます。
ただし妻がいわゆるブラックであれば夫の名義だけで住宅ローンを利用する場合でも審査に影響がでる可能性があります。

夫と妻の連名で住宅ローンを組む場合

審査対象は夫と妻であるので影響が無いとは言えません。
専業主婦が借り入れできる金額は住宅ローンの金額に比べてはるかに少ないものですから影響があったとしてもそれほどではないでしょうが、妻の個人信用情報も照会され金融履歴を確認されます。

過去の借り入れで全く問題なく完済していた場合は、むしろきちんと返済ができる人ということで信頼に繋がることもあるでしょう。
多くの専業主婦の場合、借入額が小額ですしきちんと毎月返済していれば問題ない
でしょう。

但し、金融機関によってはカードローンの残高がある場合には住宅ローンの審査を通さない場合があります。
このカードローンが銀行系カードローンであっても消費者金融系、クレジットカード系も関係ない場合が多いです。
信用情報機関を利用して銀行本体、または保証会社が照会しますので隠しておくことも出来ません。
住宅ローンの年収返済負担率で全く問題がなくてもカードローン利用だけで断られる事例もあります。
そういった場合は、一度全額返済するか、住宅ローン自体を別の金融機関へ申込みすることになります。
但し、住宅ローンの審査が終わればどこのカードローンへ申し込んでも問題になることはありません。

カードローン返済はしっかりと

もしもカードローンの延滞を繰り返していたり、問題があった場合はその金融履歴から判断して住宅ローンを組めない可能性もあります。
住宅ローンを組む時点で借り入れがある場合は、なるべく完済してからにしましょう。

もし利用はしていなくても借り入れ枠だけ残っているカードローンがあるならばいつでも利用できるものとして借り入れ金額と判断されてしまいますので解約しておくことをおすすめします。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ