カードローンは申込後にキャンセルできますか?

「急にお金が必要になったので、即日融資可能なカードローンに申込んだけど…」
「ネットバンキングが利用できるから申込んだけど…」

今では面倒な店頭申込や電話でのやり取りもなしで、スマホからWEB完結・口座不要で気軽に申し込めるカードローン会社もあるので、とりあえず申込しておこうという人もいます。
しかし、やはり借りなくてよくなったので、申し込みをキャンセルしたいという場合も絶対にないとは言い切れません。

結論からいえば、カードローンはキャンセル可能です。
それでもキャンセルにはリスクが伴う場合も。

キャンセルしたい場合の対応や気になる信用情報について説明します。

カードローンのキャンセルができるタイミング

申込んだ後でも、申込自体を取り消しすることができます。
申込み後、審査中や審査回答後は、連絡をしキャンセルの意思を伝えることで契約まで進まず途中で辞退(中断)することができます。

キャンセルをしたくなった場合、仮審査の結果通知など金融会社からの連絡を受けず、申込みを取り消そうとすることは止めましょう。
辞退の理由を伝えることでキャンセルができることがほとんどです。
一方で意思を伝えないと何度も連絡がきたりと、自動キャンセルにはなりません。

解約になる場合

申込みだけの後や、審査中ではキャンセルをすることができますが、本人確認書類の送付やカードの発行、契約の同意を示したあとではキャンセルではなく解約をすることになります。
業者側(銀行・消費者金融など)もキャンセルさせないようにしているわけではなく、タイミングによってはデータの処理や発行手続きなど途中でやめられないこともあるようです。

例えば新生銀行レイクでは、即日融資が可能な制限時間までに必要書類の確認の完了を上げています。
その時間までに必要書類の確認を終えていれば振込ができるということは、必要書類の確認の完了で契約は成立しているといえるため、まだお金を借りていない場合でもキャンセルではなく解約(退会)になります。

民法上のキャンセルについて

民法では契約についての項目では申込者と相手側での契約とした場合に、承諾期間(申込みを受け入れるかどうかの期限までの期間)中は申込みの撤回をしないとあります。
その一方で法律では私的自治の原則という立場をとっており、契約自由の原則を含んでいます。
つまり、民法上、契約やキャンセルについては期間中はしないようにという項目はあるものの、個人の契約に関しては自由に取り決めてもよいということになっています。
取り決めがない場合は民法を元にしますが、別途取り決めた場合はそれに従うということです。

カードローンの契約とそのキャンセルについては、一般的に契約前であればキャンセルが可能とされていますが、申込みから契約までの間にキャンセルができるかどうかはカードローン会社が取り決めていることに従う必要があります。

郵送での申込みとキャンセル

民法での承諾期間の定めはカードローンに限らず、申し込み方法が郵送の場合が考慮されています。
申込みの通知やその結果が郵送で届くまでに時間がかかるため、承諾の通知をした時に申込内容が変わっていたり、承諾の通知を出した後に申込を取り消しということになった場合に申込まれた側が困ってしまうからです。

カードローンについても同様のことがいえます。
郵送の場合、ネットや電話よりも審査などの進捗がわからないため、連絡をした時には契約が成立しているケースも。
その場合でも慌てずに、不要だと判断したら解約手続きをとることができます。

カードローンをキャンセルした時の信用情報への影響

申込み後、契約までしなかった場合は信用情報に申込履歴または照会履歴が記載されます。
全国銀行個人信用情報センターでは照会履歴として個人信用情報を照会した履歴が登録されますが、消費者金融やクレジットカードの個人信用情報機関であるCICとJICCには申込情報が記載されます。
つまり、契約前にキャンセルをした場合でも、申込んだ、または信用情報を照会した履歴が残ります。

1度の申込み履歴だけが審査基準を左右するわけではありませんが、申し込み履歴はあるものの契約情報の記載がない場合は審査に通らなかったのかもしれないと判断される可能性もあり、次の審査時に不利になる場合があります。
異動情報として記載されるわけではないので、延滞情報などの事故情報ほど不利になることはありません。

再度申込む場合

キャンセルをしたのですから、キャンセルをした会社に申込んだ場合は心象が悪くなります。
審査は契約まで機械でされているわけではないので、人の目で確認した時に信用情報の確認によってキャンセルの事実がわかります。
前回キャンセルをした会社の審査に通らないことはないかもしれませんが、別会社に申込んだほうが無難です。

申込み先の情報に保管される

信用情報の記載以外にも、申込み先の金融会社に情報が残っている場合もあります。
金融会社は信用情報以外にも独自の調査や情報の保管をすることもあり、申込み先に顧客情報として個人情報を保管された場合、カーローンなど別のローンだとしても不利になる可能性も。

複数申込みはNG

審査が通るか心配なので、とりあえず複数の金融機関に申し込みというのはお勧めできません。

なぜなら、申し込みなどの顧客情報そのものは、信用情報機関によって他社と共有しています。
そのため、複数の申し込みによって、申込者の信用度が下がってしまい申込ブラックになることがあります。

申込みブラックは、実際にブラックリストに載る、異動情報として記載されるわけではありません。

複数の申込みをしていることは、信用情報の照会時に審査側でわかります。
そのため、短期間に多くの申込みをしていることでかなりお金に困窮している、別のところで審査に通らなかった、などと判断されてしまうことがあります。
それが原因で審査に通らないことも。
もし不安があるのなら、HPなどで簡単にキャッシングが可能かどうかを審査をしてくれるサービスなどがあります。
もちろんここで借入OKが出ても、実際申し込んだら借入れが出来ないと言う事もありますが、一つの目安としてチェックすることができます。

申し込みだけ借入れなしでもOK

カードローン会社の場合、契約後借り入れをしていないからといって、カードローン会社から勧誘の電話連絡などが入ることはありません。
クレジットカードなどはまだまだ年間手数料が必要なところもありますが、カードローンは年会費や年間手数料などのコストは一切かかりません。

申込・契約後に借入れをすぐにしなくても特に問題はないので、契約しておくという手もあります。
キャンセルや解約もでき、借入れもすぐしなくても問題はないので、借りる可能性がある場合は契約まですませておけば、万が一に供えておくことができます。

半年間の利用によっては解約のところも

一部のカードローンでは、審査に通ってから半年間利用がないと、利用ができなくなるカードローンがあります。

審査時に申込んだ時の経済状況と現在の状況などを総合的に判断しているからです。
半年間もあれば、申込者本人の状況が変わっていてもおかしくはありません。

そのため半年間利用がなければ、再審査になる可能性があります。
まずはカードローン会社に問い合わせて、利用できるかの確認が必要になります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ