申し込みをするときに注意する点について

カードローンの申し込み時には事前に自分の金融履歴を確認したり必要書類を不備なく揃えることが大切ですが、申込書の記入もとても大事なポイントです。

カードローンの申し込みは窓口や郵送受付の場合は申込書を記入しますし、インターネットでの申し込みの場合は申し込みフォームに入力します。

記入に不備があってもいいの?

まず記入に不備が無いようにしなければなりません。
少しの不備だから大丈夫なんていうことはありません。

申し込みは一番初めにカードローン会社と接触するものであり、不備があるとだらしないとかどこか抜けていてこの人は大丈夫か?という印象を与えてしまいます。

嘘をついてもいい?

第一印象はとても大切です。
顔が見えない分書面から受けるイメージは強いので不備が無いように何度も見直しましょう。

そして最もやってはいけないことは年収など申告に虚偽があることです。

年収は多い方が良く、他社借り入れ金額は少ない方が良いまたは無い方がもっと良いと考え、審査に通りやすくするために嘘をつく人がいます。
指差し女性
しかしそんな嘘は調べればすぐにわかってしまいます。
カードローン会社は申込者の申告をそのまま鵜呑みにするわけではなく、内容について必ず調査してから審査します。

信用情報機関に個人信用情報を照会し、民間情報機関を利用し勤務先の情報収集など手段はいろいろあります。

専業主婦の在籍確認を自宅へ本人宛に連絡してくれるところもありますが、本人が申込書の連絡先に実在することを確認しているのです。

もし一つでも虚偽の申告があれば信用できない人物と判断され審査は通過しませんので借り入れできません。
申込書は丁寧に正直に作成しましょう。

必要書類はOK?

専業主婦でも借りられるキャッシングでは、必要書類に差があります。
銀行カードローンと消費者金融では必要な書類が違うためです。
他の会社では不要と書いていたのだからこっちの会社でも提出不要と決めつけず、きちんとその会社の提示している条件に目を通すことが大切です。
申込が消費者金融な場合は、収入証明書や同意書を配偶者に書いてもらう必要があるのかは申し込みの前にきちんと確認しておく必要があります。
銀行カードローンではほとんどの場合、収入証明書、同意書も不要です。
本人確認書類として免許証や保険証だけで借りられますが自分の用意した書類が本人確認書類として認められているのかまで確認しておきましょう。
身分証明書が免許証以外使えないのに保険証を用意していた!となると用意できない場合は借りられなくなってしまったり、用意できるとしても新たに準備する時間が必要になります。
キャッシングの第一歩は会社の指定する条件を事前チェックすることから始まります。
きちんと読んで手続きに必要な書類を準備することが大切です。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ