総量規制対象外とは~貸す側・借りる側のメリット・デメリット~

総量規制

OL
貸金業法が改正され、2010年6月、重要な規制である総量規制が施行されました。

改正後の総量規制で対象となるのは個人向けの貸付とされ、法人向け貸付、法人向け保証、個人向け保証は規制の対象外です。

総量規制によって消費者金融などの貸金業者は個人向けの貸付において借り入れ総額が原則本人の年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけないとされ、違反すると行政処分の対象となります。

また総量規制では一定の残高がある場合は信用情報を定期的にチェックし更新したり、1社で貸付が50万円以上あるいは他社と合わせて100万円以上なら収入証明を義務付けることなどを貸金業者に課しています。

注意!

ヤミ金業者は、正式な登録を受けた貸金業者ではありません。総量規制の対象外ですが、利息制限法を無視した新規借入など、ヤミ金は借りた後のお金のトラブルが多いので、絶対にやめましょう。

専業主婦は消費者金融を利用できない?

消費者金融は貸金業なので貸金業法を守って営業する必要があります。
総量規制は改正貸金業法で制定された規制のひとつなので、消費者金融業者での借り入れは総量規制の対象になります。

総量規制の対象である業者では本人に収入のない専業主婦は借入をすることができません。
したがって専業主婦は消費者金融に申込んでも借入れは不可能です。
これは、申し込みをする主婦の他社借入残高や返済能力などは関係なく、法律として規制をされているためです。

配偶者貸付

ただし、総量規制の例外の制度を利用すれば、消費者金融でも専業主婦で借入れする方法もあります。
総量規制には例外として、配偶者貸付の制度があります。
この例外では、配偶者貸付のほかにも緊急な医療費のための貸付なども認められています。
配偶者貸付の利用には、必要書類があります。

配偶者貸付の必要書類
  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係の証明書類
  • 配偶者の収入証明書類

このように、配偶者貸付の例外を利用するには、多くの書類が必要な上に、配偶者の同意書が必要なため夫に内緒でお金を借りることができません。

専業主婦のクレジットカード

クレジットカードにも現金を借入れすることができるキャッシング機能があります。
しかし、信販会社のクレジットカードのキャッシングは貸金業法を遵守されるべきものなので、消費者金融と同様、総量規制の対象になります。
専業主婦はクレジットカードを持つことはできても、クレジットカードにキャッシング枠をつけることができません。

総量規制対象外になる会社

この総量規制は全ての金融業者を対象とするかというとそうではありません。
あくまでも貸金業法の規則なので銀行法に規制される銀行や信用金庫などのカードローン会社は対象外です。

よって年収の3分の1を超える貸付が可能ですし、消費者金融では利用不可能な無収入の専業主婦への貸付を実施しているカードローン会社もあるので、主婦に人気があります。

収入がない場合でも借りられるか

ただ無職の専業主婦が借りる為には夫に安定した収入があることが絶対条件となっています。

銀行カードローンは、債務者となる利用者が返済できる環境にあるかをしっかり審査します。
専業主婦の場合、返済資金源は夫の収入と考えられ審査され夫の年収を世帯年収として申込時に申告する必要があります。
収入証明書類や勤務先、勤務状況などは申込では不要で評価の対象にならないので、申し込みの時に準備する必要はありません。
また、利用者が担保・保証人を準備する必要はありません。

また総量規制対象外で制限を受けない分、銀行側のリスクが高くなるので、利用者が担保・保証人を準備する必要はありませんが万が一のために保証会社の保証を受けることを利用者に義務付けています。

専業主婦の場合は最高融資限度額は30万円から50万円と一般カードローンに比べ低いため、夫の収入証明書や同意書が不要で、電話での確認連絡も無いところもあります。
こういったことで夫や家族に内緒で利用することができるのも、専業主婦が利用可能な銀行カードローンの特徴です。

総量規制対象外を利用するメリット

総量規制の対象外である銀行カードローンは専業主婦でも申込める以外にもメリットがあります。

家族に内緒で借りられる

配偶者の同意書が不要なため、旦那にバレずにお金を借りることができます。
また専業主婦の借入は夫に安定収入があることが条件ですが、銀行カードローンの利用には夫の所得証明書は不要です。

こうした点も、銀行カードローン人気が専業主婦に多い理由といえます。

金利が低い

銀行が扱う商品は、消費者金融に比べて金利が低く設定されています。
あえて、配偶者貸付を利用するよりも、銀行カードローンで借りた方が金利は低くるので、収入のない専業主婦でも無理なく利用できる点がおススメです。
配偶者貸付の金利は消費者金融同等で設定されています。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ