カードローンの審査時間はどの位?短時間にする方法はあるの?

キャッシングの審査は、融資希望者が行う申込~融資までの過程の中で、一番時間がかかる箇所です。

金融機関としても、「申込者側にお金を貸しても大丈夫か」「申込人は信用出来る人か」などを詳細に調べるのが審査ですから、時間がかかるのは当然です。

審査時間はどのくらいかかる?

具体的にどのくらいの時間がかかるのかというと、即日融資を謳っている企業ならば最短で30分~1時間程度となります。

カードローン審査スピード審査回答不可時間帯融資スピード
アコム最短30分平日22:00~翌9:00最短即日
土日祝
プロミス最短30分
平日22:00~翌9:00最短即日
土日祝
アイフル最短30分
平日21:00~翌9:00最短即日
土日祝
モビット10秒簡易審査表示平日21:00~翌9:00最短即日
土日祝
新生銀行レイク最短30分
平日21:50~翌8:10最短即日
第3日曜日19:00~翌8:10
三菱東京UFJ銀行バンクイック
最短40分平日21:00~翌9:00最短即日
土日祝17:00~翌9:00
静岡銀行カードローン
最短30分平日20:00~翌9:00最短即日
土日祝終日不可
みずほ銀行mywing
最短即日平日およそ17:00~翌9:00
最短即日
土日祝終日不可
みずほ銀行 カードローン最短即日平日およそ17:00~翌9:00
最短即日
土日祝終日不可
セブン銀行カードローン最短30分平日21:00~翌9:00最短即日
土日祝16:00~翌9:00
イオン銀行カードローン最短即日
平日18:00~翌9:00
最短即日
土日祝
土日祝17:00~翌9:00
スルガ銀行カードローン最短1分平日20:00~翌9:00
最短即日
土日祝終日不可
東京スター銀行カードローン最短即日平日21:00~翌9:00
最短即日
土日祝終日不可
三井住友銀行カードローン最短30分
平日21:00~翌9:00
最短即日
土日祝

手続きから1時間あれば審査結果を聞くことは可能なので、急ぎの時でも大丈夫です。
ただし、融資希望者全員の審査回答が1時間以内というわけではなく、なかには審査に時間がかかるケースもあります。

すぐに審査が終わるケース

審査結果に問題がない場合

全く問題がない場合はすぐに審査が終わります。

あきらかに問題がある場合

申込内容に審査に通らないような事実がある場合も審査結果が早く出ます。
信用情報機関で照会した信用情報にどうしても貸せないというような、事故情報などが記載されている場合、対処法はないためです。

審査に時間がかかる場合とは

審査が混み合っている場合

お金を使う予定がある大型連休や休日の前は、キャッシングの利用者が増えます。
ところが、金融機関側にも事情があります。
キャッシングの利用者は増えても、審査を行う担当者の数は限られており、尚且つ最終的な決済権限を持つ人間は担当者よりも少ないのが現状です。
審査は、基本的に先着順で行います。
そのため、申込人が多いと審査の順番待ちとなり、対応に時間がかかってしまうのです。
そうなると、申し込み時点から審査の待ち時間を含めて1時間以上かかるケースも、考えられます。

提出書類に不備がある場合

必要書類の不備も、実はよくあり、そのために時間がかかることがあります。
ネットで申込む場合でも、入力ミスをした場合、個人信用情報などと照会するために事実と相違する部分をチェックする時間が発生します。
郵送や店頭で書類に記入する場合は、申込書に未記入があったり、書かれた文字がよく分からないなど、担当者から再度申込書の書き直しを求められることがあります。

また申込書や本人確認書類と身分証明書で疑問点や不明点があれば、担当者から質問を受けることもあります。
そういったやり取りが多ければ多いほど時間はかかるので、急いでいる場合は申込書の記入漏れをチェックすることはもちろん、できるだけ読みやすいように丁寧に書くということも忘れないようにしましょう。

審査の判断が難しい場合

貸付ができるかどうか判断が難しい場合、時間がかかります。
また、スーパーホワイトといわれるような信用情報になんの記載もない人も判断が難しく時間がかかります。
クレジットカードやローンなどの契約・利用が全くないケースで信用情報に全く情報がないことをスーパーホワイトといいます。

過去に破産などの金融事故をおこした場合、事故情報の記載がなくなる最低5年を超えるまで、新規の契約はできないことがほとんどです。
そのため、金融事故をおこした人は事故情報が消えるまでにはすべての信用情報がなくなることになります。

現代社会においてクレジットカードの流通数の多さや携帯電話の割賦支払などがある中で全く信用情報に情報がないことは、
本当に現金主義であるのか、事故歴があり利用したくてもできなかったのか、どちらなのか判断がつきません。
その場合、貸付の可否の判断が難しく審査に慎重になります。

希望の借入限度額が大きい場合

審査では借入れの可否だけでなく、限度額も決定されます。
希望の限度額が大きい場合と、貸付すること自体は可決されていても、希望の金額を貸してもいいかどうかを判断するのにさらに時間が必要になります。

金額が大きい場合ではなく、少額でも確認しますが消費者金融では総量規制のため、希望利用限度額を承認することで総量規制にかからないか、収入証明の提出が必要になるかどうかも確認しています。

審査回答が時間がかかる(または不可能)な時間帯

たとえ、審査スピードが最短1時間の場合でも、夜間など審査回答ができない時間帯があります。
カードローン会社によって時間帯が違いますが、夜間や休日は審査自体をしていないので、申し込みは可能でも審査回答は翌営業日になる場合も。
審査回答を原則当日としているカードローンもあります。

いつでも融資が受けられるようにするには、土日祝日でも審査をしているかどうかも確認しておく必要があります。
webを利用したインターネット申込では24時間申し込みができますが、銀行によっては休日の申し込みに対する審査回答が翌営業日になることがあります。

休日の申し込みで融資まで時間が必要な理由

土日祝日の申込が可能であっても、融資スピードが遅くなるケースがあります。

  • 審査回答が休日は不可
  • ローンカードの発契約が不可
  • 休日の振込が不可
自動契約機を利用する

特に銀行カードローンを申込むときは、自動契約機があるかどうかをおさえておきましょう。
消費者金融では休日に窓口もあいていますが、銀行カードローンでは銀行窓口は営業していません。
休日の新規申し込みで当日借り入れしたい場合は、申込の段階で自動契約機のある銀行カードローンを選ぶ必要があります。
こうしておけば、契約後、休日であっても提携ATMでローンカードを利用して融資を受けたり、銀行融資で借り入れすることもできます。

早く審査回答が欲しい時の注意点

専業主婦の場合、在籍確認は自宅にかかってくることがあります。
契約機で申込み手続きをしている場合、自宅に在籍確認をされても電話をとることができません。
家族が電話に出てくれる場合は在籍確認ができますが、誰もいないと在籍確認ができずに一度契約機から自宅に戻る必要があり、審査時間が余計にかかることになります。
郵送は当然ながら審査が始まるまでも審査回答も時間がかかってしまいます。

審査スピードが早いところは審査がゆるい?

審査回答は原則当日という審査スピードだとしても、審査基準や審査項目の数はどの業者も他と変わりません。
もちろん、審査をしていないということはありません。
公式サイトなどで簡単にできる自動審査(お試し診断)は審査ではなく、借入の可否をわずかな情報で簡易的に調べるのが特徴です。
簡易審査では、対象者の信用情報を確認していないので、事故情報などの記載がある場合は、簡易診断の結果と申込み後の審査結果とは異なる場合があります。

在籍確認がないケースもある

勤務先への在籍確認も契約までに重要な項目ですが、在籍確認をしないケースもあります。
申込み銀行の口座をもっている場合は、申込者本人確認をしなくても確認がとれているとみなされ、勤務先の会社へ在籍確認の電話をしない銀行があります。

急な出費があるとき

とにかく急ぎで融資を受けたくて、一刻も早く審査結果を知りたいという方もいらっしゃいます。
本当に急いでいるときは、申込書の提出時に担当者に一言急ぎの旨を伝えておくことをお勧めします。

原則として審査は先着順ではありますが、申込者の全てが急ぎの方ばかりではありません。
本当に急いでいることが担当者に伝われば、特急で審査を行ってくれるところもありますので、一度相談してみましょう。

即日融資を希望する連絡を入れる

インターネットで申込みをした場合も、電話で即日融資を希望していると伝えることで、状況によっては審査スピードが速くなることがあります。

締切時間に注意をする

即日融資のための条件として、締め切り時間が設定されている場合があります。
制限時間をすぎると当日の借入ができなくなってしまうので、予めサイトなどで申込方法などは確認しておきましょう。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ