専業主婦のカードローンの在籍確認はどこにかかってくる?

在席確認は申込者本人が確かに申込んでいるのかを確認するもの。
他人になりすましての申込や、すでに退職している会社を勤務先として申告していないかを確かめる役割があります。

カードローンの在席確認の役割

銀行・消費者金融(銀行系カードローン)でも仕事を持っている主婦や会社員、アルバイト・パートは勤務先に、派遣社員・契約社員は雇用元の方に連絡が入ります。

無職で収入のない専業主婦は勤務先がないので、確認の連絡は登録した固定電話(自宅の電話)や携帯電話の番号にかかってきます。

在席確認は審査に必要な条件の1つとされており、申込者から断ることはできません。

カードローン会社が確認したいことは、本人であるかどうかだけ。
役割と連絡内容を理解していれば、不安に思うことはありません。

カードローンの在席確認、専業主婦への連絡はいつ?どこにかかってくるの?

在席確認は仮審査の中の1つです。
申込みをしてから比較的早い時間、ローン会社の審査受付時間外でなければ、概ね1時間以内に連絡があります。

カードローンの在席確認のタイミング

もし連絡の時間をずらしたい場合や、この時間に連絡してくるのは避けてもらいたい、時間を指定したいという場合は、WEB申込みが完了したのち、ローン会社のお問合せ窓口に連絡を入れ、『先ほど申し込んだのですが、(連絡を)なので在席確認の連絡を○時以降にお願いしたいのですが』と伝えます。

できるだけ希望に沿った時間にしてもらうことができます。

連絡は申込フォームに固定電話を書いていても、携帯電話にかかってくるのが一般的です。
しかし必ず携帯電話にかけてきてくれるとは限りません。

心配な場合は、この場合もカードローン会社に連絡して、必ず携帯電話に連絡が欲しいと伝えて下さい。

旦那の会社へ確認の連絡はない

旦那の給与で生活しているとはいえ、専業主婦のカードローン申込であっても、一般的には配偶者に電話連絡がされることはありません。

カードローンの在席確認は申込者本人のみ

ローン利用者はお金を借りることを内緒にしておきたいもの。
その点はどの金融機関でも理解しています。

本人確認のための在席確認ですので、本人以外への連絡はありません。

例外!旦那の会社へ確認があるカードローン

ジャパンネット銀行カードローンのネットキャッシングは総量規制対象外の専業主婦でも借りられる銀行カードローンですが、公式ホームページには専業主婦のキャッシング申込みには配偶者の同意が必要との記載があります。

専業主婦(女性のみ可)の方のお申し込みは、配偶者さまの勤務先にお勤めの確認のため、お電話をいたします。事前に配偶者さまにもご了解くださいますようお願いいたします。

(引用:契約の流れ(口座がある方)|ネットキャッシング|ジャパンネット銀行)

銀行側からいえば、配偶者の同意書は不要ではあるが、確認は取りたいという事です。

ジャパンネット銀行の様に、専業主婦でも融資OKと謳っているにもかかわらず、夫の職場に連絡する金融会社は稀です。

多くの銀行カードローンでは在席確認不要なのが一般的。
(※このサイトでは在席確認不要の銀行カードローンのみを紹介しています)

在席確認なしで借りられるカードローンもある

じぶん銀行カードローンは専業主婦・学生・年金受給者に限定して、セブン銀行カードローンは基本的に連絡なしとなっています。

じぶん銀行カードローンの在席確認
セブン銀行の在席確認

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックはテレビ窓口、新生銀行カードローンのレイクは無人契約機(自動契約機)が利用できます。
テレビ窓口・無人契約機まで出向けば、その場で申込者が契約者であることを確認できるので、在席確認は省略できます。

ただし在席確認は審査の一環、バンクイックでもレイクでも「出向いていただければ省略できます」とは言えないという立場になります。

レイクに至っては問い合わせても、「通常でもするかもしれないし、しない場合もあります」という曖昧な答え方に。

しかしテレビ窓口・無人契約機はカメラで顔がわかるようになっているので、ないと考えてよいでしょう。

カードローンの在席確認、専業主婦のよくある質問

カードローン会社を名乗ってかけてきますか?

銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード会社であっても、在席確認の電話で社名を名乗ることはありません。

『吉田(個人名)と申しますが、○○○様の携帯電話でしょうか?』
この様に、連絡をしている担当者個人の苗字を名乗りますので、ローンの在席確認であるとはわかりません。

間違いなく本人であることを確認したうえで、『○○○(銀行名)の吉田です。』と伝えます。
ローン会社も借入の申込がバレない配慮がなされています。

何を聞かれますか?

主に氏名と生年月日です。

本人と確認できればOKなので、根掘り葉掘り、色々聞かれることはありませんので、身構える必要はありません。

もし在席確認の電話に出られなかったら?

電話を受けたのが申込者本人であることを確認ができると、初めてカードローン会社の者であると伝えられます。

そのため、例え家族が連絡を受けたとしても、本人でなければかけ直すと言い電話を切ります。

公にはされていませんが、

  • 連絡のコールが確認できたらOK(つながらなくてもOK)」
  • 家族が「出かけていて不在です」と答えただけでOK

この様に本人が電話に出なくても、確認さえ取れれば確認できたものとするという場合もあります。

上記の対応でOKかどうかはローン会社によるので、必ずとは言えませんが、「在席確認がなかった」と思っていても、実際はどのタイミング化で連絡があった可能性があります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ