カードローンの返済方法 – 種類とメリット・デメリット

カードローンの返済方法は『口座引落・ATMで入金・銀行振り込み』があります。
カードローンの返済方法
それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

口座引落での返済

契約時の登録口座(契約者本人名義の普通預金口座のみ)から返済日に自動的に引き落としされます。
旦那の給与振込口座など、違う名義の口座は指定できません。

手数料がかからず、返済に出向く必要もないので便利です。

通帳の明細にカードローンの返済であることが記載されてしまいますので、通帳の管理をしっかり行いましょう。

カードローン名通帳への印字
みずほ銀行カードローンカードローンヒキオトシ
新生銀行カードローン レイクAPシンセイB
三井住友銀行カードローンフツウユウシゴヘンサイ
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックコウザフリカエ/バンクイック
イオン銀行カードローン BIG通帳発行なし
じぶん銀行カードローン
東京スター銀行スターカードローン
セブン銀行カードローン

通帳の発行なしのインターネットバンキングであれば、明細には記載されますが他人に見られることはないので安心です。

残高が足らないと、滞納とみなされるので注意してください。

口座引落返済のメリット・デメリット

メリット・入金しておけば返済忘れがない
・手数料がかからない
デメリット・本人名義の普通預金に限る
・通帳に記載が残る

ATMで入金する

借入銀行のATMまたはコンビニATM(提携ATM)から支払います。
ATM画面の「ご返済」を選択し、入金します。
コンビニ提携ATMは硬貨を投入できませんので、返済は1,000円単位となります。
(多く返済した分は繰り上げ返済扱いとなり、元金に充当されます)

みずほ銀行カードローン・イオン銀行カードローン BIGは基本の返済が口座引き落としと決まっています。
この2行でのATM返済は追加返済(繰り上げ返済)となります。

それ以外のカードローンは銀行設置のATMやコンビニ提携ATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・ファミリーマート設置のE-net)から返済可能です。
ATM入金手数料は無料です。

返済にゆうちょ銀行ATMが使えるカードローンもあります。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 東京スター銀行スターカードローン
  • みずほ銀行カードローン

口座引き落としで返済している場合、残高不足で返済ができなかった場合は、ATMを使っての返済となります。

口座引落返済のメリット・デメリット

メリット・コンビニでも返済が可能
デメリット・未対応の銀行もある(追加返済のみ対応)
・ゆうちょ銀行ATMに対応していない銀行もある
・コンビニ提携ATMは小銭未対応
(1,000円単位の返済となる)

銀行振り込みで返済

返済用の指定口座に振り込んで返済します。
振込手数料がかかる場合は、自己負担となります。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは自行のインターネットバンキング(三菱東京UFJダイレクト)を使えば手数料はかかりません。

銀行振り込み返済のメリット・デメリット

メリット・通帳に記載も残らずバレにくい
デメリット・振込手数料がかかる
・未対応の銀行もある
(追加返済のみ対応)

返済日について

返済日には約定返済と随時返済の2種類あります。
一般的な返済日(支払期日)とされるのが約定返済、追加返済が随時返済です。

約定返済

  • 契約時に決めた(定められた)返済日のこと
  • 1日でも返済遅れたら遅延損害金が発生する
  • 返済金額には利息も含まれる(返済全額=元本+利息)

随時返済

  • 好きな時に返済する繰り上げ返済、任意の返済
  • 返済金額は全額元本返済に充てられる(※)
(※)支払期日の何日前に返済するかによって、返済の扱いが変わります。

カードローンの随時返済

約定返済(支払期日)より15日前(約定返済を含む)に返済すると、随時返済扱いに、14日前に返済すると約定返済扱いになります。


カードローンの豆知識『返済方式』

一般的に「リボルビング払い」と呼ばれますが、返済の方式が違うと、返済額に対しての利息が占めている割合が変わってきます。
変死方式は各カードローンの商品が商品概要説明書に記載があります。

こちらでわかりやすく説明します。

カードローン会社別返済方式一覧

基本の返済方式

カードローン名返済方式
みずほ銀行カードローン残高スライド方式
新生銀行カードローン レイク残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
三井住友銀行カードローン残高スライド元利定額
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック残高スライドリボルビング方式
イオン銀行カードローン BIG残高スライド方式
じぶん銀行カードローン残高スライドリボルビング方式
東京スター銀行スターカードローン残高スライドリボルビング方式
セブン銀行カードローン元加方式

元金(がんきん)均等返済方式

元金均等返済方式借入金額を支払回数で割り、毎月同じ金額の元本を支払います。
利息は借入金額に比例しており、借り入れ当初は利息が多くなり、返済が進むにつれて少なくなっていきます。

最初は支払額も多くなりますが、徐々に少なくなっていきます。
利息の支払い総額が少なく済む方式です。

元利(がんり)均等返済方式

元利均等返済方式毎月の返済額は完済まで同じ金額となります。

金利の変動に応じて、返済額の利息と元金の割合が変わってくるもので、住宅ローンに採用されることが多いのがこの方式です。
利息は元金を元に計算されるので、こちらも最初は利息を多く支払うことになります。

そのため、元金の減りにくく、利息の支払い総額が多くなってしまうことに。
しかし毎月の返済額がずっと一定なので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

分割払い

分割払い単純に借入金額に利息をプラスした総合計を、支払回数で割るものです。
テレビショッピングでよくある3回払いや自動車のローンがこれにあたり、「アドオン方式」とも呼ばれます。

返済額は毎月一定額で返済計画が立てやすい半面、元本が減っていても金利が一定なので、実際の利息より多く支払うことになるデメリットがあります。

リボルビング方式

リボルビング方式リボルビング方式にも種類がありますが、「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しています。
(ローン会社によって表記が「残高スライドリボルビング方式」など略されている場合があります)

借入残高が「○円未満の場合」「○円以上○円未満の場合」というように、残高をテーブル制で分け、各テーブル毎に返済金額が決まっているものです。

残高によって返済額が変わります。

元加(がんか)方式

利息を元金に組み込み、元金と利息で1つの借入とみなします。
銀行カードローンの中では、唯一セブン銀行カードローンが取り入れている方式です。
2万円を金利15%で借りたときの例をあげて説明します。

セブン銀行カードローン
引用:元加の具体例 | セブン銀行

元金2万円+利息254円で20,254円の借入とする

約定返済金額の5,000円を返済する

借入残高が15,254円となる



毎月の返済額は同じですが、元金と利息の割合は変わり、返済するほど利息の割合が減ります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ