外国人のカードローン利用は可能?必要書類や永住権のまとめ

外国人でも、条件が揃えば銀行や消費者金融会社でカードローンを利用できます。
ただ、お金を借りたまま本国に帰られてしまっては困りますので、日本人の場合よりも審査が少し厳しいのが特徴です。
それでも近年日本国内の企業で働く外国人が増えてきていることから、融資してくれる業者も増えてきています。
注意しなければならないのは、銀行と消費者金融とで申し込み条件に違いがあるということです。
確実にキャッシング審査を通過できるように、必要な情報をしっかりと集めてから申し込みに臨みましょう。
では、外国人でも借入できるのはどんな時でしょうか。

永住権ありの場合

外国人でも、永住権(または特別永住許可)がある場合は、借入がしやすいです。
特別永住証明書や、在留カードなどを持っていますので、それを提出するだけです。
あとは、日本人の審査と同じように、申し込みを行うだけです。
条件などは、日本人の審査と変わりありません。
永住権がある場合は、なかなかそれを捨ててまで日本国外にお金を借りっぱなしで逃げるというリスクが下がります。
そのため、永住権がある場合は借入に対して神経質にならなくてもOKです。

永住権なしの場合

永住権があれば一番ですが、ない場合は、外国人登録証明書か、在留カードがあれば大丈夫です。
パスポートや免許証は単なる身分証明書に過ぎず、一時的な滞在なのか、残りどのぐらい日本に滞在予定なのかがわからないため、パスポートや免許証だけでは判断できないのです。
ですので、在留カードなどを使ってください。
これは、不法滞在ではないということをアピールするためにも、重要です。
在留カードがあれば、あとどのぐらい日本に滞在するかがわかりますので、返済計画を立てる際の目安になるのです。
また、正規の手続きを経て日本に入国してきた外国人だということのアピールにもなります。
住所などの証明にも使えます。

銀行と消費者金融の申込み条件の違い

これまで永住権の有無でおおまかにキャッシング可能かどうかを見てきましたが、以下に実際の金融業者ごとの申込み条件の違いをまとめます。
銀行カードローン

  • みずほ銀行…………永住権のある人
  • 楽天銀行……………永住権のある人
  • 新生銀行……………永住権のある人
  • 三菱東京UFJ銀行… 永住権のある人
  • イオン銀行…………永住権のある人

消費者金融カードローン

  • アコム………………永住権のある人
  • アイフル……………特別永住者証明書、在留カード、外国人登録証明書
  • プロミス……………特別永住者証明書、在留カード、外国人登録証明書

いずれの金融機関も限度額は最大500万~1,000万円程度のところが多いようですが、銀行のカードローンの方が消費者金融に比べ、多少条件が厳しいということがわかります。

大事なのは安定収入

日本人が審査を受ける場合と同様、大切なのは安定収入です。
利用者が主婦などで収入がなくとも、配偶者の方が日本国籍で一定の収入があれば審査基準を満たしているとみられ、審査に通ることがあります。
審査を受けるためにはどの会社でも以下のものが必要になります。

  • 在留カード、特別永住許可証明書
  • 収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書など)
  • 印鑑

給与明細などの提出も求められますので、準備しておきましょう。
また、収入証明だけでなく、勤務歴はも必要です。
日本人は半年程度でも大丈夫ですが、外国人の場合は1年程度求められることがほとんどです。
日本に滞在している間、しっかり働いて、しっかり期日までに返済することが求められますので、その返済能力があると判断された場合にのみ、貸付してもらえるという形になります。

日本語の理解力も必要

日本語の読み書きが出来ることも重要です。
オペレーターは日本語で話しますし、契約の申し込みも日本語で行われます。
もちろん契約書も日本語ですので、日本語を理解してないと借入は不可能です。
読み書きだけでなく会話も含めて、日本でお金を借りるには、高い日本語能力が求められます。
申し込みの際には、通訳を使うことはできません。
通訳無しでも過ごせる高い日本語能力がなければ、お金を借りることは難しいと思ったほうがいいでしょう。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ