地方銀行のカードローンは審査甘いって本当?

積極的な地方銀行のカードローン

主流だった都市銀行だけでなく、地方銀行もカードローンの貸付に乗り出しています。
特に全国展開している地方銀行などは、別の地域に住んでいても申し込みができます。
マイナス金利をきっかけに地方銀行は貸出に積極的になりました。
地方銀行のカードローン審査が甘いというよりは、地方銀行自身が貸付に積極的だと考えたほうがいいでしょう。
保証会社がグループ外の場合も多いです。
融資に積極的なので、ブラックでない人なら都市銀行で審査に落ちてしまっても、地方銀行ならば借入OKの可能性があります。
地方銀行での審査を通過するためにも、ポイントを押さえて申込みをしていきましょう。

地方銀行を選ぶ際のメリットとデメリット

地方銀行を選ぶ際のメリットは、なんといっても融資に積極的な点があげられます。
保証会社は、保証を専門とする業者、信販会社、消費者金融がほとんどです。
都市銀行の保証会社はグループの保証専門会社や信販会社、消費者金融ですが、地方銀行は保証会社をグループ外の会社を利用していることが多くあります。
そのため、グループ内全体で考える損益はないので、貸付に積極性が出るようです。

近年では来店不要、口座も不要で、申込みから契約までのすべてをインターネットで完了できる地方銀行も多くなってきています。
他にも、大手都市銀行よりも丁寧なサービスが期待できる点や、限度額が高めに設定されていること、また、大手消費者金融と比べて金利が低いことも多く、地方銀行のカードローンを選ぶ利点は大いにあると言え、オススメです。
ちなみに、銀行系消費者金融でもそれ以外の消費者金融系でも、勤務先に在籍確認のための電話がかかってくることがあります。
しかし金融機関であることは明かさず、純粋に在籍確認をするだけの電話なのでキャッシングの利用者であることはバレないでしょう。

デメリットとしては、地方の銀行なので、申込地域が限定されていたりする場合もあります。
地元の地方銀行を選んだとしても、ATMの数が少ないなどのデメリットがあります。
ただ、申込条件が地域限定の場合もありますがすべてではなく、全国対応しつつあります。
申込みから借り入れまでに約一週間かかる銀行もあり、その場合は弱点として挙げられます。
他にも、最近カードローンに積極的になってきたために都市銀行レベルのサービスに追いついていないことがあります。
書類提出の手段は都市銀行などはアップロードやメールなどを利用できますが、地方銀行ではFAXや郵送のみなどとサービス面で充分とは言い切れないことも。

審査基準は非公開

都市銀行同様、地方銀行も審査基準は公開されていません。
審査に落ちた場合も、その理由は公開されません。
借入ができた体験談や地方銀行の背景から、貸付に積極的だということはいえても審査が甘いということまではわかりません。
また、地方銀行でも、信用情報に記録は残ります。
個人の信用情報に地域による記載情報の違いもないので、地方銀行の申込でも都市銀行の申込でも同じように記載されます。

複数のカードローンに同時に申し込みをするのはお金に困っている、返済能力に欠けているかもしれない、と思われ審査に通らない可能性が高くなります。
それは、都市銀行と地方銀行と混ぜて申込みをしても同じです。
その上、「短期間での複数の申込み」という申し込みブラックの要素を満たしてしまい、個人信用情報機関にブラック登録されてしまいます。
信用情報機関の申し込み情報の登録期間は最大で6か月です。
つまり、半年間は金融会社からの融資を受けられなくなってしまうのです。
申し込みブラックにならないためには先述の「短期間での複数の申込み」をしないように注意せねばなりません。
では、複数の申込みとは何件までがボーダーラインになるのでしょうか。
金融機関側はこの条件を公開していませんので明確なことはわかりません。
また、利用者側の属性により借り入れ可能な金額、件数が違ってくるので、自分の経験やネットの体験談で判断するしかありません。
それらを総合するとおおよそ3回までと見られています。
情報を収集して、気に入った地方銀行カードローンを選んで、そこに狙いを定めて申し込みを行うようにしてください。

都市銀行で落ちたら、地方銀行にチャレンジも

都市銀行で審査に落ちてしまっても、地方銀行にチャレンジすることで地方銀行なら審査に通る可能性は高いです。
ブラックでないこと、配偶者に安定した収入があること、借入にきちんと返済した実績があることなどが条件ですが、都市銀行よりも積極的にカードローン商品を推している場合もあるので、審査通過の可能性大です。
地方銀行も選択肢にいれましょう。
ただし、都市銀行に通らず、地方銀行に申込む時も次の申込は半年~1年間をあけることが必要です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ