【返済の負担を減らす】専業主婦のカードローンの借り換え

毎月の返済額を減らしたい!しっかり元金が減ってほしい!
そう考えていても、内緒で借りたお金の悩みは相談しにくいですよね。

複数で借り入れるデメリット

複数の金融機関から借入れをしている場合、個々の限度額が低いせいで高金利が適用されてしまうため、返済負担が大きいことが最大のデメリットです。
またそれぞれ異なる返済日が設定されているという点も、かなり煩わしく感じられるのではないでしょうか。
毎月カード別に返済額を確認して返済日までにきちんとお金を準備する必要がありますが、時にはうっかり延滞を生じてしまう可能性も高いので要注意です。
一本化することでこのような事態から解放されま、加えてメリットが多くあるのです。
借入先が一社だけになるので金利設定が複数社利用の時よりも安くなったり、約定返済日も月一回になるので、これまで手数料がかかっていたとすればそれも不要になります。
複数のキャッシング会社等を同時に利用していると、例え月々の約定返済額を返済していたとしてもなかなか完済までたどり着けません。これはどこか特定の金融会社に限った話ではなく、どのキャッシングにも当てはまることです。問題があるのは借入金額、返済方法と言えるでしょう。
もし配偶者に秘密で借入しているとなると、このままでは借金返済は至難の業です。

返済の負担を軽減できる商品

2010年6月に貸金業法が改正され、収入の1/3を超過する借入は禁止されました。
総量規制が盛り込まれたことが理由になります。
総量規制の範囲を超える借金がある場合でも、まとめられる借り換えローンというものがあります。

この借り換えローンを専業主婦が利用することができるのでしょうか?
その内容を検証していきます。

借り換えローンとは?

消費者金融ではお馴染みの借り換えローンです。
利用者に一方的に有利になる契約であれば、借入残高が年収の1/3を超える契約となっても良いという条件になっています。

  • 現在利用中の金利より安くする
  • 毎月の返済額が今より少なくなる

このような条件を満たすことで、まとめの契約をしてよく、審査基準は各会社に委ねられています。

専業主婦の借り換えローンは契約不可!?

専業主婦が融資キャッシングを受けようと考える際、ポイントとなるのは「貸金業者からは借りられない」という点です。
貸金業者は法律である「貸金業法」に則って貸付を行っています。
この貸金業法によって定められているのが、申込をした人の年収の三分の一以上の貸付を行ってはいけない、という総量規制と呼ばれる規則です。
この総量規制が導入されたと同時に、専業主婦の借入れも制限がかかるようになりました。

  • 申し込み時に旦那の同意を得る必要がある
  • 借入可能金額は夫婦合算で年収の1/3

そのような状況から、消費者金融に新規申し込みをする専業主婦が激減しました。
収入のない専業主婦は自分自身だけで契約ができないためです。
消費者金融の借り換えローンも同様に本人の収入が条件になっている場合、契約は難しいということになります。

専業主婦なら銀行カードローン

銀行カードローンの契約は、貸金業法の対象外となっており、専業主婦も家族に利用内緒で契約をすることが可能になっています。
審査は銀行独自となっていますが、本人に複数の他社借入がなければ問題なく契約ができるケースが多いです。

専業主婦が銀行のおまとめローンを利用するのは?

銀行でもカードローンとは別に借入をまとめる目的のローン商品がありますが、申し込みが収入のある人に限定されています。

銀行カードローンで利用をまとめることは可能なのでしょうか?

銀行カードローン自体は専業主婦の契約を受け付けているものもあります。
(銀行によって、専業主婦の利用が可能な銀行と専業主婦の申し込みを受け付けていない銀行があります。)
結婚前や就業していた時に消費者金融を利用していたキャッシングをまとめることができれば、負担が軽減できます。
消費者金融の金利は18%での利用が大半です。
これを銀行の低金利を利用して、安くまとめるという方法です。

ただし、専業主婦の場合、そもそも専業主婦専用の契約となっており、限度額は30万を上限としている契約が多いため、
現在の融資金額をまとめるということは、金額によっては難しいこともあります。
また注意したいのは、他社借入件数によっては審査が通らない場合があることです。

すでに利用中の銀行カードローンは消費者金融で利用している金利より安いものです。
提携ATMで利用したとしても、手数料はかかりません。この範囲で計画的に利用をしていかなければなりません。

まとめ

10万の限度額で複数カードローンを利用している場合に、30万の枠で自分でまとめるということは可能ですが、
その場合には金利は安くなっていない場合やあまり変わらないこともあります。
ただし、返済の手間は少なくなります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ