専業主婦が借りられるカードローンの限度額はいくら

カードローンの申込書には「借入希望金額」という欄があります。
よくある質問に、希望した金額を必ず融資してもらえるのか?というものがありますが、答えはNOです。

借入希望金額はあくまでも希望金額であって、実際に利用できる限度額は審査によって決められます。

カードローンの限度額は審査で決まる

申込人は正社員やパートアルバイト勤務者、自営や専業主婦と様々な層の人間がいます。
それぞれ収入も違いますし、生活環境も違います。
その人その人によって適正範囲の限度額は違ってくるのは当然のことです。

審査では、申込人にとって適正範囲内の限度額になるようにしっかりと調査されたうえで算出されます。

専業主婦の限度額

専業主婦は総量規制の対象外であっても、専業主婦に融資するかどうかは各銀行がそれぞれ決めてよいことになっており、限度額も各行で決まっています。

カードローン名専業主婦の限度額
楽天銀行カードローン50万円
ソニー銀行カードローン審査により決定される
みずほ銀行カードローン30万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック30万円
東京スター銀行カードローン審査により決定される
イオン銀行カードローン BIG50万円
セブン銀行カードローン50万円
新生銀行カードローン レイク審査により決定される
横浜銀行カードローン審査により決定される
三井住友銀行カードローン審査により決定される

限度額の上限が決まっている銀行は、30万円~50万円に借入限度額を制限しています。

例えば専業主婦が100万円を希望したとしましょう。
100万円が必要な事情はわかるものの、専業主婦が100万円を返せるアテがあるとは到底思えません。
旦那の給与のみが収入源であり、安定収入とはいえ生活費の中から借金の返済をしなければいけない。

このことを銀行もわかっています。

専業主婦のカードローン限度額

専業主婦が毎月無理なく返済できる金額を設定しており、それ以上は返済負担が増すので適正範囲外と判断しているということです。

また商品概要説明書に専業主婦の限度額の記載がない借入審査によって決定されるタイプであっても、最高でも50万円までと考えられます。

希望限度額より多くなる場合もある

自身では20万円しか希望していないものの、審査では30万円の限度額が設定されるということもあるのです。
審査したところ、30万円融資しても返済できる返済能力があると判断された場合、希望金額より高い融資枠が用意されることがあります。

希望限度額以上を好まない方は限度額の引き下げもできますから、申し込んだキャッシング業者に相談してください。

消費者金融の配偶者貸付制度を利用した場合の限度額

総量規制には例外とされる『配偶者貸付け』というものがあります。
夫婦どちらか一方に収入があれば、夫婦の収入とみなし、収入の1/3を上限として借りられるという制度です。

収入限度額利用条件
夫の年収が300万円100万円までは借入可能・配偶者の同意書の提出
・配偶者の収入証明書の提出
・夫婦(婚姻関係)が証明できる書類の提出
妻の収入が0円
夫の収入が250万円100万円までは借入可能
妻の収入が50万円

配偶者貸付を利用すれば消費者金融からでも借りられますが、各種証明書の提出が必要となり内緒で借りるのが不可能です。

加えて、銀行系カードローンとも呼ばれる大手消費者金融業者は配偶者貸し付け自体を認めておらず、申込みを断っています。
配偶者貸付利用以外の他に融資希望者が多いことや、書類の確認が面倒なことが主な理由です。

よって、専業主婦の銀行キャッシング限度額は30万円~50万円が上限となります。

中小消費者金融では配偶者貸付制度が利用できますが、銀行カードローンよりも最高金利が高くなる・内緒で借りられないことから、あまりおすすめできません。

女性専用のレディースローンの限度額は?

女性利用者専用のレディースローンであっても限度額に違いはありません。
『レディースローンなら審査が甘いのでは?』と思われがちですが、審査基準や融資条件に違いはありません。

受付担当者(オペレーター)が女性のみというだけになります。
よって、審査が甘かったり限度額が増えるということは一切ありません。

またレディースローンなら、専業主婦も申込みOKというわけではありません。
レディースローンは女性専用のローンですが、カードローン会社によっては、専業主婦は融資対象外としているところも多いですから、申込みの際は必ず確認しましょう。

限度額決定に関係する申込み事項

借入希望額

銀行側も希望限度額にそえるかどうかも審査します。

一方で高額融資を希望している場合、使用目的や返済能力の審査に対して慎重になります。
カードローンは利用目的は自由ですが、事業性資金や名義貸しは禁じられています。

また借入希望額は、必要最低限で申し込むほうがベター。
例えば、10万円借りられれば良いとしているところ、借入希望額を30万円や50万円と必要以上の金額で申し込まないことです。
借入れ希望額が高いと、「お金に困っているのかな?」と思われ、滞りなく返済できるのだろうかという不安をもたれる可能性が高くなります。

借入希望額が少なければ、一時的にお金に困っていると思われ、問題なく返済できるだろうと判斷され、融資される可能性が高くなります。

もちろん本当に必要な金額が高額であれば構いませんが、必要以上に借りようとする際は、審査ハードルが上がるということは忘れないでください。

他社借入件数・金額を入力

銀行カードローンは総量規制対象外なのになぜ他社借入件数や借入金額を聞くの?と思うかもしれません。
他社借入件数は重要な審査内容のひとつです。

審査基準は公開されていませんが、各社のお試し診断などにより他社借入が3件以上になると専業主婦が借り入れするのは難しくなります。

カードローンの他社借入が多い

総量規制ではないから年収の1/3以上借りられる、専業主婦には収入がないから1/3の制限がないということではありません。
総量規制対象外の銀行でも審査のために他社借り入れの件数や借入額を確認します。

中には、毎月の返済額を確認する銀行もあります。
審査の中で信用調査も行うため、他社借入れを偽ってもバレてしまうので注意しましょう。

使用目的を聞かれる

申込人がどのようにお金を使うのかを把握するためです。

一種のアンケートのようなもので、カードローンを申し込む人はどのような目的でお金を借りたいと思っているのかを集計し、新しい利用者層の掘り起こしなどをするための大事な情報となります。

さらには利用先を明確にしておくことで犯罪に使われないようにするという目的もあります。

例えば専業主婦の借入理由として生活費不足なら多額の融資ではないと思えますが、事業資金なら100万円の希望もありえます。
専業主婦が100万円を限度額にした場合、事業資金の疑いや当然専業主婦なので事業資金は自分自身のためとは言えず名義貸しの可能性もでてきます。

このように信用情報審査とはいかないまでも、希望の限度額や利用目的を聞くことで不正の予防もしています。

審査を受ける前に配偶者の返済能力と信用力をチェック

専業主婦がカードローンで融資を受けるには、配偶者の返済能力と信用力が非常に重要となってきます。

返済能力は収入が大きく関係します。
審査では収入の高さよりも安定性が優先されます。
毎月ほぼ同じぐらいの収入を得ているかどうかが重要となり、安定性がないと審査に通るのが難しいですから気をつけましょう。

また配偶者が既にキャッシングしている場合、その分が返済能力から差し引きされ、審査はやや不利になります。
専業主婦のお金の出どころは配偶者の収入からのみとなりますので、配偶者がお金を借りていれば、収入から返済に充てられる割合が少なくなってしまいますので、仮に審査に通っても借入限度額は低めに設定されると思ったほうが良いでしょう。

専業主婦がカードローンに申し込む場合、夫婦両方の個人信用情報がチェックされると言われることも。
配偶者が過去に返済トラブルを起こしていたりすると、審査通過は難しいです。
金融事故情報は、長くても10年で消滅しますので、ある程度年数が経っていれば審査通過の可能性はあります。

限度額を上げたい場合

新規申し込み時の利用可能枠よりも多く借りたい場合、最高限度額を増やすことができる可能性があります。

専業主婦の場合の増額は、利用実績がある、返済状況が良好、専業主婦の限度額に初回で達していないことなどの条件があります。
利用実績や返済状況が考慮されるため、新規借入から半年以上経っているほうが審査に通りやすくなっています。

申し込みの翌月に増額の申請をしても審査には通りにくくなっています。
銀行によっては増額ならば、初回の専業主婦の限度額を設定している金額より増やすことが可能なケースもあります。

金利(実質年率)は限度額によって決められているので限度額が増えると、金利が下がることもありますが、大きなアップは見込めないことから、金利が下がることはないと考えられます。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ