カードローン利用にあたっての注意点

専業主婦がカードローンを利用するときに注意する点はいくつかあります。

返済方法について

様々な層の人々が利用しているカードローンですから、それぞれのライフスタイルに合うように多様な返済方法が取り揃えられています。
カードローン会社によって若干の差はありますが、基本的な返済方法は以下の通りです。

  • 自社保有ATM
  • 提携ATM
  • web返済
  • 自動引き落とし
  • 振込

これらの中で自分に合った返済方法を見つけてからお金を借りるようにしましょう。
カードローンの申し込み時はお金を借りることばかり考えてしまい、返済のことは後回しになりがちです。

しかしカードローンを利用するときに一番大事なのは返済です。
返済が遅れてしまうと、ご自身の信用問題にも関わってきます。
利用する前に、多様な返済方法の中から自分に合った返済方法を見つけるようにしてください。

忘れがちな場合は引き落とし

自動引き落としならわざわざどこかで入金する必要はありません。
うっかり振込忘れたということのないように自動引き落としにしておき、返済金額を銀行口座に残しておくようにしましょう。

返済日を選ぶ

銀行によっては返済日を選ぶことができます。
配偶者のお給料日の直前に返済日を設定していると返済日に一番お金がないということもあります。
複数の返済日から選べる場合は、収入のあとに設定しましょう。

返済額について

専業主婦の場合、限度額は平均30万円となっており、それ以上の金額を借りることは原則できません。

30万円を満額借りた場合の返済額は契約している金利によっても異なりますが、だいたい6,000~7,000円くらいとなっています。
数字だけ見ると簡単に返せる金額だと思う方も多いですが、これはあくまでも最低金額であります。

最低金額の中には返済日までにかかった利息+元金の一部が組み込まれていているのですが、元金を早く減らしたいのであれば最低金額以上を支払わないといけません。
ホームページや利用明細に出ている返済金額を鵜呑みにせず、ご自身でいつまでに完済したいのかを明確にしておくことをお勧めします。

その際の返済額はカードローン会社のホームページに載っている「返済シミュレーション」を使い、算出してみましょう。

誰でも簡単に操作できるようになっていますから試してみましょう。

返済シミュレーション

公式サイトにある返済シミュレーションは2通りの返済計画を考えることができます。

  • 返済期間
  • 完済するまでの期間を決めて、それまでには毎月いくらの返済額かを調べることができます。

  • 返済額
  • 毎月返せる返済額を決めて、完済するまでにかかる期間を調べられます。

それぞれ返済総額も算出できるので、自分にとって無理のない計画の中で返済総額をなるべく少なくする計画をたてましょう。
以上となりますが、皆さんもお分かりのように注意する点は「返済」についてです。
借りるときには返済のことを常に考えておきましょう。

金利はどこをみればいい?

実質年率と表記されているのが返済中にかかる金利です。
例えば金利は4.5%~18.0%というように幅をもって表記されています。
金利は審査によって決まった借入限度額によってかわります。
限度額が少ない場合は高い金利で、限度額が多い場合は低い金利で借りることができます。
専業主婦は最低金利で借入できるほどの利用限度額をもらえません。
カードローン会社選びで金利を比べる時は最高金利を比べましょう。
最高金利といっても消費者金融と銀行カードローンを比較すると、銀行カードローンの方が低金利なことがほとんどです。

申し込みにウソはNG

カードローン申込で審査に通りたいがためにウソの申告は絶対にやってはいけません。
金融機関は申込者の申告した情報と信用情報をチェックします。
確認されて虚偽だとわかった場合は審査が通りません。
また、口座を持っていて本人確認不要のカードローンに申し込んでいても申込情報にウソを入力していると
本来、電話確認(在籍確認)は不要なはずなのに確認事項ができたために電話がかかってくることになります。
内容確認のために審査に時間がかかる可能性も。
カードローンの申込は正直に本当のことを入力しましょう。

怪しい業者には近づかない

闇金融

ブラックOKや審査無しなどの宣伝文句で勧誘している業者は避けましょう。
貸金業として登録をするには国や都道府県に届出が必要です。
正規の貸金業登録をしていない業者は高金利などの違法業者である可能性が高いです。
闇金融でも貸してくれるなら…というのは間違いです。
高金利であったり、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも。
闇金融で借りるメリットはないと考えましょう。
安心して借りられるか、闇金融かの見分け方を【闇金融の見極め方】で詳しく説明しています。

クレジットカードのショッピング枠現金化

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
通常はショッピング枠では現金を借りることはできませんが、そのショッピング枠を使って現金を出すというのがクレジットカード現金化業者です。
クレジットカード会社はこのクレジット現金化の利用を認めていないため規約違反になります。
現金化自体は完全な違法とは言い切れませんが、現金化業者は信頼性に欠けることが多いのも事実です。
不要なトラブルに巻き込まれることもあるのでクレジットカードの現金化の利用は避けましょう。
カード現金化について詳しくは【クレジットカードの現金化とカードローンは同じですか】で解説しています。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

専業主婦でも借りられるカードローン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ