専業主婦でも借りられるのは銀行カードローン

やりくりが上手くいかなかったり急な出費で家計がピンチの時は銀行のカードローンなら専業主婦でも借りられます!
専業主婦でも借りられる
ご主人のお給料のみで自分自身に安定収入のない専業主婦が借りられるのは銀行のカードローンだけと法律で決まっています。(総量規制というお金の法律です)
総量規制では、借入は年収の1/3までと制限されており、本人に収入がないため専業主婦は借入が出来ません。

総量規制に基づいた貸付を行うのは貸金業者(消費者金融会社や信販会社)だけです。

誰に貸すかは法律で決まっています

銀行は総量規制のある貸金業法でなく、銀行法に基づいて営業しているので総量規制の対象外のため、専業主婦に借入規制がありません。
そのため、銀行カードローンは専業主婦が自分自身の名義で契約可能です。

総量規制対象と対象外

銀行カードローンはこんなに便利!

誰にも頼らず自分で申し込め、低金利なので毎月の返済も家計に負担がかかりません!

便利な銀行カードローン
mark主人の収入証明・同意書不要

mark簡単に申し込めて家族にバレずに借りられる

mark審査・融資が早く申し込んだその日に借りられる

mark銀行ならではの低金利で返済に負担なし

銀行からなら安心して借りられるので足りない分だけ借りればピンチを乗り切れます。

専業主婦でも借りれるキャッシングはどこを選ぶ?

まず、自分の中で借りる際の条件に優先順位をつけます。
専業主婦でも借りれるカードローン選びの秘訣は、事前にカードローンの特徴などを調べておくことです。

即日融資ができるところや、金利ができるだけ低いところ、口座を作らずに借入れできるなどどんな条件で借りられるのかから調べ、その中から自分に必要な条件に沿ったカードローンを選びましょう。
自分が借りたい理由や、今口座を持っているところなど、自分の現状と照らし合わせてカードローンを比べることも必要です。

銀行カードローンには専業主婦が借りられる以外にも内緒で借りられることや家計に負担の少ない低金利・少返済額などの専業主婦に使い勝手のよいポイントがあります。

専業主婦にいちおしのポイントがあるおすすめ銀行カードローンを厳選して紹介します。

obi

借りる・返すがネットでできるからバレない! 東京スター銀行 スターカードローン

東京スター銀行は口座を持っていなくても手持ちのインターネットバンキングに振り込んでもらえるWEB取引ができる便利なカードローンです。
日ごろからネットバンキング利用をしている主婦に人気があります。
ローンカードの発行もなく借り入れ・返済と全てのやり取りがPC上でできるので借入を内緒にしておきたい方におすすめ!
口座を持っていれば即日融資も可能です。

tokyostar

実質年率 融資額 融資スピード
4.5%~14.6% 10万円~500万円 最短即日

auユーザーならさらにお得に借りられます! じぶん銀行カードローン

じぶん銀行は通信会社のKDDIと大手都市銀行の三菱東京UFJ銀行が出資したネットバンクです。
店舗を持たず経費がかからない分カードローンも金利が安く設定されて負担が少なく借りられます。
じぶんローンは口座を持っていなくてもOK、口座をお持ちの方は申込み時の必要書類もなしで簡単に申込めます。
スマホや携帯をauで契約している方限定に金利を下げて契約できるau限定割があります!

jibun

実質年率 融資額 総量規制
通常:
2.4%~17.5%
auユーザー限定au割:
2.3%~17.4%
10万円~800万円
(専業主婦は30万円まで)
対象外

無利息期間が利用できる! 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク

レイクなら金額全額を30日間・5万円までを180日間の2種類の無利息が1つ利用できます。
登録なしで使える無料の返済シュミレーションも用意されているのでどちらの無利息を選べばお得かや毎月の返済額も申込み前に確認できるので安心して申込めます。
銀行カードローンのレイクは他の銀行にはない自動契約機があるなど、サービスが充実!
平日14時までに手続きが完了(※)すれば即日融資も可能な専業主婦に一押しのカードローンです。
主婦の方でもパート・アルバイトなどの安定した収入のある方はお申込みいただけます。

新生銀行カードローン レイク

実質年率 融資額 融資スピード
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短即日(※)

最大45日のキャッシュバックあり! 静岡銀行カードローン セレカ

静岡銀行カードローンは今口座を持っていなくてもOK!
他行でも振り込んでもらえる即日融資対応のカードローンです。
低金利でセブンイレブンの提携ATM手数用が無料!負担なく借りられます。
キャッシュカードにローン機能が追加されローンカード発行なしなのでお財布を見られても安心です。

静岡銀行カードローン セレカ

実質年率 融資額 総量規制
4.0%~14.5% 10万円~500万円 対象外

※主婦・アルバイト・派遣社員は一律50万円まで・増額不可

安心感で選ぶなら! みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン

大手都市銀行のみずほ銀行の女性向けカードローンの「みずほMyWing わたし応援ローン」です。
普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能をプラスできるので、ローンカードの発行なしでで借りられます。
返済も口座からの引き落としなので、入金に行く手間もかからず手間もかからず便利です。
1円からでも借りられるので必要な金額だけ借りたい方にもおすすめです。

みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン

実質年率 融資額 総量規制
12.0%~14.0% 10~100万円
(専業主婦は30万円まで)
対象外

低金利№1で融資金額の高さも魅力的!  イオン銀行カードローン BIG

毎日のお買い物で利用している人も多いスーパーのイオンが運営するイオン銀行にも専業主婦が借りられるカードローンがあります。
銀行カードローンの中でも特に低金利で借りられ専業主婦でも最高50万円まで借りられます。
口座がなくてもOK、口座があれば即日融資も可能です。
主婦には嬉しい低金利で返済が気になる方におすすめです。

ion

実質年率 融資額 総量規制
3.8%~13.8% 30万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
対象外

口座なしでも申込OK! 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは口座なしOK・郵送物なしで借りられます。
申込み後30分で審査結果が届くので、その後銀行のATMコーナーに設置のローン契約機で借入できます。
専業主婦の借入に金額の規制はないので、借りたい希望額で申込みが可能です。
CMでもよく見かける銀行のローンなら安心できますね。

sumitomo

実質年率 融資額 融資スピード
4.5%~14.5% 10万円~800万円 最短即日

横浜銀行カードローン

関東にお住まいの方なら横浜銀行もおすすめです。
口座がなくてもOK、借入限度額300万円までは収入証明書不要で、専業主婦の方でも申込めます。
10万円までなら毎月の返済額も2,000円と返済の負担もなし。
都内・神奈川県・群馬県の前橋市・高崎市・桐生市にお住まいの方限定で申込める低金利な銀行カードローンです。

横浜銀行カードローン

実質年率 融資額 総量規制
1.9%~14.6% 10万円~1,000万円 対象外

専業主婦が借りれるカードローンで大切なのは安心して借りれること。
借りれるといっても、金利が高かったり旦那にバレてしまうカードローンでは主婦は借りたいと思えません。

借りれるだけじゃない、バレずに借りれて低金利、申し込みも簡単ですぐ借りられるカードローンを詳しく解説します。

銀行ローンを詳しく

銀行ではカードローンサービスの他に目的別ローン、さらにはフリーローンと、複数の銀行ローンを展開しています。

目的別ローンでは、教育資金やブライダル、メディカルローンなど借入の際に資金使途を申請し使途を証明する書類が必要になります。

フリーローンはカードローンと同様、使用目的を限定しませんが、一部契約できない使途(家賃や生活資金など)があります。

また、証書借入になり、追加借入は新たに別途申込み・契約を結ぶ必要があります。
使用使途が自由であり、あらかじめ借入限度額を設定し、限度額以内であれば追加借入ができるのは銀行カードローンならではの借入方法と言えます。

銀行カードローンを選ぶメリット

消費者金融カードローンではなく、銀行ローンのなかでもフリーローンや目的ローンではなくカードローンを選ぶメリットがあります。

まず、専業主婦でも借入ができること。
フリーローンや目的別ローンでは、本人に継続した安定収入があることを条件としている銀行も多くあります。
専業主婦でも借りられるとしても、使用使途に自由性があり生活資金にも利用できるのは銀行カードローンです。

目的別ローンやフリーローンでは利用に事務手数料や残金一括返済時に手数料がかかる場合もありますが、カードローン利用は手数料無料です。
借入や返済時にも自社ATM以外でも手数料無料で利用できます。
(ただし、手数料無料は、銀行別条件によります。)

他ローンにもメリットがありますが、使途自由で担保不要、かつ追加借入ができるのは銀行カードローンならではのメリットです。

収入のない専業主婦が銀行カードローンから借りられる理由

カードローンの申し込み条件では「安定した収入がある方」が前提となっています。
自分自身に収入があり、なおかつ1年を通して給与に大きな上下がない事を指します。

無職の専業主婦はこれに当てはまりませんが、旦那に安定した収入があればOKです。

専業主婦は配偶者に安定した収入があればOK

現在は総量規制により、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠利用は収入のある人に限られています。

以前は収入ゼロの主婦でも利用可能でしたが、借りすぎ・貸し過ぎが社会問題となり、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠利用は収入のある人に限られています。
この規制を総量規制といいます。

総量規制は貸金業法を元に営業している金融業者(消費者金融とクレジットカード会社)に対してであり、銀行法を元に営業している銀行には無関係です。

jyosei01銀行のカードローンは総量規制対象外とされ、収入の有無は無関係となり、専業主婦でもキャッシング可能です。
言い換えれば、『専業主婦がキャッシングできるのは銀行カードローンだけ』ということになります。

ただし、条件として配偶者に毎月安定した収入がある事とされています。
夫の収入があれば生活費から返済可能とみなされ、妻自信に収入がなくてもカードローンで借入可能です。

消費者金融でも配偶者貸付の受入れは少ない

総量規制の中には消費者金融でも夫の同意書と婚姻を証明できる書類を提出する条件で、専業主婦もキャッシングできる配偶者貸付という項目も設けられています。
配偶者貸付制度は夫婦の収入をひとつとして合計の1/3まで借入が可能です。

夫にすでに借入がある場合、配偶者貸付での借入可能額は夫の借入額を引いた金額になります。
配偶者貸付での借入額は総量規制の対象になるため、配偶者貸し付けの借入額で夫婦の年収合計1/3まで借りた場合は夫はそれ以上の借入をすることができません。

しかし現実は書類の確認作業に手間がかかるなどの理由から、大手消費者金融など(プロミス・アコム・アイフル・モビットなど)で配偶者貸付を利用した専業主婦の借入を行っているところはありません。

一方で中小消費者金融ではすべてではないものの、配偶者貸し付けを行っています。
夫の収入証明書や同意書が必要であり、借入審査は夫婦二人の信用情報調査まで行います。
審査が通り、配偶者貸付で借入をした場合は配偶者側の信用情報にも記載されます。

配偶者貸付制度を利用して専業主婦が内緒で借入することはできません。
バレずに借入できないことや、必要な書類の多さ、審査に必要な時間を考えると配偶者貸付を選ぶメリットはありません。

同意書不要でバレずに借りられる

一方の銀行カードローンは、同意書やその他の書類を提出する必要もなく、夫や家族に内緒で借りられるようになっていますから、専業主婦でも安心して申し込みできるようになっています。

本人の申込だけで専業主婦でも借りれるのは銀行カードローンだけです。
同意書不要なだけでなく、審査の対象も申込をした専業主婦だけです。

借入をしたとしても、夫の信用情報に載ったり影響することはありません。
誰にもバレずに専業主婦でも借りれるという条件が揃っているのは、銀行カードローンです。

限度額の制限はありますが、家計を圧迫しない低金利で借りられ、知名度のある銀行から借りる安心感もあり主婦の利用も増えています。

簡単な申込はWEB

多くの銀行カードローンはインターネットで申込が可能です。
パソコンだけでなくスマホや携帯電話でもでき、24時間受付ているので場所や時間を問わずに申込むことができます。
WEB申込以外の申込方法は銀行によって違います。

申込方法一覧
 ネット申込自動契約機その他
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

(テレビ窓口)
電話
新生銀行カードローン
レイク
電話
郵送
東京スター銀行
スターカードローン
電話
みずほ銀行カードローンみずほMyWing店頭窓口
イオン銀行カードローンBIG
セブン銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
横浜銀行カードローン電話
郵送
FAX
静岡銀行カードローン セレカ
三井住友銀行カードローン電話
郵送
店頭窓口
じぶん銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
ジャパンネット銀行
千葉銀行カードローン電話
郵送
FAX
契約手続きもweb可

ほとんどのカードローンでネット申込みだけでなく、契約手続きもネットで行うことができます。
ネットバンク系のカードローンでは、店舗(銀行窓口)や無人契約機を持たないため当然来店不要で契約することができます。

融資スピードが早い!即日融資が可能

普段からやりくりをしていても突然まとまったお金が必要になることも。
カードローンでは融資スピードが早く最短で申し込んだその日に借りることもできます。
銀行によって即日融資のために申込時間の締め切りが設定されていたり、申込方法をweb限定にしていることもあります。

また、即日融資を可能にするために申込銀行口座を持っていることが条件になっている場合があり、事前に確認が必要です。

例えば、みずほMywingの申込み時にみずほ銀行口座を持っていない場合は、申込みと同時に口座開設をする必要があり、口座開設を当日中に終えることができないため、即日借りることはできません。
同様にイオン銀行カードローンBIGでも、イオン銀行口座が必要になります。

いつでも即日借りられる?

即日融資に対応している銀行カードローンであっても、土日祝にカードローン申込をして即日融資が可能なキャッシングは限られています。

理由は2つです。
これは、専業主婦でも借りれるキャッシングに限らずすべてのカードローンに共通していえることです。

  1. 借入のためには審査が必要なため
  2. web申込みは365日24時間可能ですが、カードローン審査をする部署が365日24時間、審査を受け付けているわけではありません。
    そのため申込みはいつでも可能でも、審査をし審査回答をする対応可能な時間は限られています。
    審査スピードは最短即日であっても、休日は審査をしていない場合、申し込みから次の営業日まで審査回答はありません。

  3. 振込融資の場合は金融機関の営業時間や休日に左右される
  4. 振込融資は便利な一方で銀行の営業時間に左右されます。
    一部金融機関では24時間振込が可能ですが、営業日の15:00までしか処理ができない銀行もあります。
    そのため、審査に通っても即日融資の時間には間に合わないケースも。

どうしても、土日祝に申込みから借入れまでを希望する場合は、自動契約機の設置のある銀行カードローンを選べば可能です。
自動契約機でも、土日祝の営業時間は決まっていますが時間内に済ませることができれば契約後に銀行ATMや提携ATMでいつでも借りることができます。
また、WEB申込でも平日に契約まで済ませておけば、土日祝日や深夜関係なく借入れすることができます。

ローンカードの発行がある場合は郵送の他にも自動契約機で発行してもらい、契約後すぐに利用することができる銀行もあります。
郵送の場合はローンカード到着まで時間がかかるため、カードを利用せずに振込融資によって即日融資が可能になります。

カード発行のない銀行ローンもあります。
カードローンであっても、カード発行はなく手持ちの口座のキャッシュカードにローン機能がプラスされるタイプです。

事前に口座を持っている場合、カードはすでに持っているため審査後に手持ちのキャッシュカードを使い借入することができ、カード発行の必要がありません。
他にも、カード発行までの時間が待てない場合、振込で融資をしてくれる大手銀行カードローンもあります。

口座を持っているかどうか

即日融資でカード発行される前に振込融資をしてもらう際にどこの銀行の口座でも振込が可能な銀行と、指定銀行口座(申込銀行の場合がほとんど)を持っていることが条件の場合があります。

また、即日融資を希望していない場合でも、借入自体に申込銀行の口座が必須条件のケースも。
口座を持っている銀行に申し込むことは、振込融資や口座開設の時間短縮のメリットだけではありません。

申込んだ銀行のカードローンを持っている場合、本人確認がすでに口座開設時にとれているため、本人確認書類の提出が必要としない銀行があります。
銀行によってはカード発行時の身分証明書を運転免許証に限定しているところもあります。

運転免許証がないなど、身分証明書の提出がすぐには難しい場合、口座があれば本人確認書類の提出がなくてもよい銀行に申し込みましょう。

郵送物でバレたりしない?

ローンカードや契約書が発行される場合は自動契約機で受け取る以外は郵送されます。

ただし、郵便物にはカードローン会社名は記名されておらず、銀行名の入った封書で届くので中身を見られなければカードローンはバレません。
利用明細書についてはほとんどの銀行カードローンはweb上で確認できます。

在籍確認は?

専業主婦の申込みで在籍確認の電話がある場合、自宅もしくは携帯電話に連絡がきます。
希望連絡先を携帯電話にしておけば、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせは自分の携帯電話にかかってくるので他の人が電話に出る心配もありません。

また、もし自宅を連絡先にした場合でも在籍確認の連絡でカードローン名を告げることはありません。
利用者のプライバシーを第3者に漏らさないために、銀行名(金融会社名)か個人名でかかってきます。

銀行側の配慮

銀行でも、一般利用者が夫や家族など申込者以外に借入を知られたくないことをわかっています。
在籍確認や郵便物によってバレてしまうことのないように配慮されています。

誰にも知られずに借入できるという配慮の他にも、女性利用者が問い合わせをしやすいように女性専用の問い合わせダイヤルを設けている銀行もあります。

低金利と少ない返済額で家計への負担も心配なし

安心の低金利

消費者金融と比べて金利が低いのが銀行カードローンの特徴です。
毎月同じ返済金額でも、金利が低いほうが元金の返済額が多くなり、利息の支払が少なくなります。

専業主婦の借入では借入限度額が少ないため、上限金利が適用されることがほとんどですが、それでも消費者金融業者の上限金利よりも低く設定されています。

少ない返済額

カードローンの返済は多くがリボ払いになっています。
毎月の支払い金額が一定のため、支払いの予定が立てやすいことはメリットです。
月額返済金額は、借入残高によって変わります。
借入残高が増えると返済額も多くなります。

最低返済額はカードローンによって幅があり、例えば10万円の借入残高の場合2千円~1万円に設定されています。
時間はかかっても少ない金額で返済していきたい場合は、最少返済額(約定返済額)のチェックが必要です。
約定返済額は、商品概要説明書や公式HPの返済について書かれているページで確認することができます。
事前におおまかな返済プランを立てておくことで、返済時の負担まで考えてカードローンを選ぶことができます。

約定返済金額の少ないカードローンを優先して選ぶ場合は、その中でもできる限り金利が低いものを選びます。
毎月の返済が少ないと返済期間が長くなるため、かかる利息を少しでも少なくするためです。
銀行カードローンなら、低金利で毎月の返済額が少ないものを選べるので、返済が家計に負担をかける心配もありません。

いろいろある返済方法

毎月の返済方法も、口座引き落とし以外に振込やATM返済があります。
うっかり忘れてしまいそうな場合は口座引き落とし、記帳されたくない場合はATM返済がオススメです。

専業主婦でも通るカードローンQ&A

カードローンに対する不安や疑問をまとめています。

専業主婦でも審査に通るの?

消費者金融では専業主婦が申込できないので審査をしてもらうことさえできませんが、専業主婦でも通る銀行カードローンに申込んだ場合、専業主婦だから審査をしてもらえない、審査に通らないということはありません。

審査に通るかどうかは他社借入や夫の安定した収入など各銀行の申込条件(利用条件)と審査基準によりますが、審査通過の可能性があるのは銀行カードローンです。

利息が膨らみ、返済が苦しくなるのではと不安なのですが…

借入後にどんどん利息が膨らんで返済ができなくなるということは返済を毎月していれば金利は上がることはないので、借りているだけで利息が増えていくこともありません。
設定されている金利は法定金利内であり、最高金利の利率でも借入中に利息が借入額を超えるほどは増えません。
利息は借入残高にかかるので、毎月返済していくことで残高も減り、それにかかる利息も減っていくためです。

「借金が雪だるま式に増える」などの考えられる理由は、闇金から借りて金利が法定外に高く設定されている場合。
金利が法定外に高い場合、返済してもそれを上回るスピードで利息が増えるので借入が増えてしまいます。

他には、返済のために他社で借りることを繰り返したケースです。
利用限度額内で追加借入をしても、金利は一定なので利息が膨らむことはありませんが、他社借入を増やしていった場合は合計の限度額が増え、借金総額も増えているので初めて借りたときよりも支払利息も返済金額も増え、返済負担が大きくなります。
追加借入をなるべくせず、完済してからさらに借りることができれば借入途中で利息や返済金額が増えていくことはありません。

信頼できる借入先を選び、毎月きちんと返済していれば心配ありません。

もしかして闇金融!?

お金を借りているところを探していたら、ブラック(債務整理や滞納・破産経験者など)の人など、誰でも借りられるようなキャッシング業者を発見…。
一見消費者金融に見える…。

見つけた金融会社で借りていいのか悩んだ場合、専業主婦であれば銀行カードローン以外に申込むべきではありません。
消費者金融には専業主婦が申込んでも借入はできませんし、闇金融であれば危険です。

まず、闇金融かどうかを見極めるには銀行名や知っている会社(大手)かどうか確認してください。

次に、借入利率や契約条件を探します。
闇金融は法外の利率をとる場合もあり、利率が高いまたは借入利率の表記がない場合は危険です。
借入利率を年率で表示することが義務付けられているため、表記のない業者はやめましょう。
契約条件についても、誰でもOKなどと謳っていたり明確な表記がない業者は危険。

もし、闇金融かもしれない業者に申込んだり、問い合わせてしまった場合はすぐに相談できる機関へ連絡を。
まだ借りていないので警察や弁護士は早いかな…などと感じる場合は、法テラス、消費生活センターなどにも相談できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ